アドベンチャーワールド

なんと上野の2倍!6頭のパンダに会える

双子で生まれた5歳の桃浜(トウヒン)。
ランチはふれあいの里にある『パン工房』でスペアリブプレート1680円やパンダバーガープレート1520円を。

ジャイアントパンダの飼育や繁殖でつとに有名で、中国を除けばパンダの飼育数世界一。大人気のパンダばかり注目されがちだが、動物たちの自然な姿を観察できる「サファリワールド」、マリンライブが楽しめる「マリンワールド」など見どころ多数。

パンダ団子緑茶ティー バッグ 500 円、スターパンダミニタオル(7 色) 550 円などパンダグッズをおみやげに。
住所:白浜町堅田 2399 /営業時間:10:00~17:00(変動あり)/定休日:不定

南紀白浜サイクリング

温泉リゾート白浜を潮風を受けプチこころ旅

延長620mの白良浜。弧を描く青く澄んだ遠浅の海と、キメ細かい白砂のコントラストが映える。
ぽっかりと円月形の海蝕洞が空いた円月島は白浜のシンボル。「日本の夕陽100選」に選ばれており、海蝕洞越しに沈む夕陽は見逃せない絶景。

名勝と足湯が点在する南紀白浜のまち。徒歩もいいが、有名ブランド GIANT の自転車で巡ると行動範囲がぐんと広がる。白良浜(しららはま)や円月島といった近場の定番名所はもちろん、内陸の大辺路(おおへち)を走ったり、大岩盤の千畳敷や高さ 50 mの断崖が続く三段壁も颯爽(さっそう)と見て回ったりできる。

☎ 0739-43-3201(南紀白浜観光局)

幅広く揃った車種から選べる『ジャイアントストア南紀白浜』。
足湯は町内に9カ所もあり、御船足湯は円月島を眺めて楽しめる。無料。8:00~22:00消灯、無休。白浜町743‐5。
住所:和歌山県白浜町 1821 /営業時間:9:00~ 19:00/定休日:火

崎の湯

大海原と白浜温泉1350年の歴史を感じる最古の湯

岩に打ち寄せる波を感じて入浴。泉質はナトリウム-塩化物温泉。

日本書紀や万葉集にその名がある白浜温泉は、道後や有馬と並んで「日本三古泉」の一つ。かつて「湯崎七湯」と呼ばれた外湯のなかで、湯壺が唯一残る貴重な浴場がここ。雄大な太平洋が間近にせまる露天風呂は、海と一体になったような開放感がある。

住所:和歌山県白浜町 1688/営業時間:8:00~17:30(季節により変動あり)/定休日:無

熊野本宮大社・大斎原(おおゆのはら)

多くの貴人が参詣した熊野信仰の中心地

檜皮葺きの社殿。右から2番目の第三殿が証誠殿(しょうじょう でん)。

熊野速玉大社、熊野那智大社とともに熊野三山の一つであり、全国約 5000 社ある熊野神社の総本宮。主神の家都御子大神(けつみこのおおかみ)が大斎原のイチイの木に降臨したとされ、紀(木)の国の由来になったという。大斎原は明治 22年(1889)まで熊野本宮大社があった場所。多くの人々が祈りを捧げてきた、神聖な空気が漂う独特な空間だ。高さ約 34 m、日本最大の大鳥居は2020年で建立 20 周年。

住所:和歌山県田辺市本宮町本宮 1110/営業時間:参拝自由/定休日:無

熊野古道

歩いて体感したい世界遺産の癒やしの道

三軒茶屋跡そばの枝道にある展望台から望む大斎原の大鳥居。
野中の一方杉がそびえる継桜(つぎさくら)王子。真下に名水百選の「野中の清水」もある。

熊野三山を目指す参詣道の総称。主要ルート中辺路の伏拝王子(ふしおがみおうじ)から熊野本宮大社まで約1 時間 30 分ほどの区間が気軽でいい。点在する「王子」は熊野の御子神を祀る神社で上皇や女院の休憩所だったところ。地元語り部のガイドを頼めば、中世の歴史がいっそう身近になる。気に入ったら姉妹道のスペイン「サンティアゴ巡礼の道」とセットになったスタンプラリー完歩の野望を。

●和歌山県田辺市本宮町ほか  ☎ 0739-42-0735(世界遺産熊野本宮館)