岡崎公園(岡崎城)

家康公生誕の名城を偲ぶ愛知初の公園

カメに乗る東照公遺訓碑と岡崎城。
出世ベンチ。園内を歩けば家康公の像だらけ。いったい老若何体あるのか数えてみたい。

家康公の祖父・松平清康が享禄4 年(1531)に入城した岡崎城の跡地を公園として整備。「日本100 名城」「日本の歴史公園100 選」に選ばれただけに見どころが多い。まずは三層五重の復興天守から城下を眺めたい。二の丸跡の『三河武士のやかた家康館』では松平家や三河武士の活躍ぶりがよくわかり兜(かぶと)の試着もできる。

愛用の槍「蜻蛉切(とんぼきり)」を構える本多忠勝の銅像。強そう。
住所:愛知県岡崎市康生町561-1/営業時間:園内自由/定休日:無

グレート家康公 「葵」武将隊

強い絆の徳川家臣団は 400年後もワンチーム!

葵の御紋でノリノリ。公園内を練り歩き記念撮影に応じてくれる。

天下を統一し太平の世を築いた家康公。それを支えた徳川四天王と稲姫(いなひめ)が、紙製甲冑(かっちゅう)を身にまとい家康公の故郷に甦(よみがえ)った。来場者参加型のパフォーマンスで、ふれあいながら家康公や岡崎の魅力を発信。2020年の大河ドラマでいうと伊賀越えメンバーが勢揃い。ちなみに稲姫は本多忠勝の娘で、真田信之の正室になった小松姫の幼名。

●平日のおもてなし 10:00 ~ 16:00、
●「グレート演武」(随時6名) 土・日・祝の11 :00・14:00に「家康館前広場」で。

いちかわ

力強い八丁味噌ダレで ガッツリいただく味噌カツ

城址を眺めて三河もちぶた味噌かつ定食1400 円(単品910 円)を。

昭和2 年(1927)に創業。岡崎城の隠居曲輪(くるわ)にあり、龍城堀や江戸時代初期の石垣などの史跡を望みながら、岡崎産の食材にこだわった八丁味噌料理が味わえる。市内2つの老舗蔵の八丁味噌から作ったタレがかかった柔らかな味噌カツが売れ筋。家康公と四天王の名前を冠したパフェ各910 円も好評。

住所:愛知県岡崎市康生町515/営業時間:11:00~16:30/定休日:水

田中吉政

徳川四天王の次に注目したい戦国武将

田中吉政像。

田中兵部大輔吉政(1548 ~ 1609)は、戦ばかりか築城や町造りなどインフラ整備が得意だった武将。小田原征伐の功績から岡崎城を与えられると、郊外を通っていた東海道を城下町の中心を通るように変えてクランク状にした「岡崎宿二十七曲り」を整備、現在の町の骨格を作った。関ケ原では激戦を制したうえに石田三成を捕縛、筑後の柳川城主となり、そこでも水路や街道、堤防整備に力を入れ町造りに勤(いそ)しみ、有明海の干拓まで行った。

●像は愛知県岡崎市籠田町14

中世と近世の石垣が混在するさまは岡崎城の見どころの一つ。田中が築かせた場所を探そう。
金のわらじの案内板に従って「岡崎宿二十七曲り」をたどれる。

カクキュー八丁味噌(八丁味噌の郷)

濃厚でコクがある三河のご当地味噌

現当主で19 代目という老舗。ハイカラな本社屋は昭和2年(1927)の完成。
桶一杯の味噌は約6t、山のように積み上げる重石の山は約3t。

カクキューは、岡崎城から西へ八丁(約870 m)離れた八帖町(旧八丁村)で江戸時代初期から八丁味噌を造り続けている。大豆のみで大豆麹を造り塩と水を一緒に木桶に仕込むが、水を少量しか使わないのが特徴。職人の手で重石を円すい状に積み上げ二夏二冬(2 年以上)長期間熟成するため、大量生産できない貴重なもの。

復刻版八丁味噌400g800 円、カクキューの田楽味噌400円、八丁味噌のパウダーなどをみやげに。
併設のレストランで味噌煮込みうどん1200 円を味わいたい。
住所:愛知県岡崎市八帖町字往還通69/営業時間:売店9:00 ~ 17:00/定休日:無

瀧山寺

炎とともに「狂鬼乱舞」春を呼ぶ天下の奇祭。

国の重要文化財である本堂で松明が燃え鬼が乱舞(写真提供=岡崎市観光協会)。

役小角(えんのおづぬ)開創と伝わる古刹。天下太平・五穀豊穣を祈り鎌倉時代から続く奇祭「鬼祭り」は2 月15 日。15 時の松明行列に始まり「火まつり」(19 時45 分~)がクライマックス。燃え盛る炎のなか鬼が邪気を祓うさまは圧巻。当日はシャトルバスで。

聖観音菩薩、梵天、帝釈天の三尊像は運慶作。宝物殿で。
住所:愛知県岡崎市滝町山籠107/定休日:無