畔家

さりげなく、でも緻密な絶品料理の数々

地ダコとトマトの香味和え1200円は、ハーフサイズでの提供も可。

鎌倉駅西口、通称“裏駅”至近。3階まで続く長い階段の先には、粋な料理と酒を気負わずに楽しめる空間が待っている。提供するのはコシの強い徳島の手延素麺「半田麺」を中心に、旬の魚介類や鎌倉野菜を使った一品料理。地ダコとトマトの香味和えを出して「ただ和えただけ」と店主・石松邦雄さんは謙遜するが、薬味どっさりでごちそう感がある。横須賀線のホームを眺めつつ、ちびちびやりたい。

休みの日にはフットサルで汗を流す石松さん。
トマトの煮浸しがドンとのった、人気の丸ごとトマトのぶっかけ麺1350円。

『畔家』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市御成町11-3 ウィンズ駅前3F/営業時間:11:30~14:00・17:30~22:30/定休日:火(不定あり)/アクセス:JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅からすぐ

TRES

ソムリエ夫婦が営む深夜のワイン食堂

「さっぽろ藤野ワイナリー」のロゼ(グラス)900円は肉料理に好適。水餃子はパクチーを合わせるとさっぱりした味わいに。

深夜24時まで開いているため、仕事を終えた飲食店関係者もふらりと訪れる。12席の小さな店内のワインセラーには、国内外の少量生産ものを中心に500本ほど並んでいる。「オススメは北海道のワイン。毎年10月に収穫のお手伝いをしています」と、ともにソムリエの田沼誠さん、美和子さんご夫妻。おつまみには一番人気の特製水餃子600円を。手作りの皮がもっちり、中身はぎっしりで食べごたえあり。

田沼さんご夫妻の人柄に引かれて来店する人も多い。
平日でも早い時間からにぎわう店内。

『TRES』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館ビル102/営業時間:16:00~24:00/定休日:水/アクセス:JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅から徒歩4分

鳥料理ごとう

熟練の技×日本一の地鶏の最強コラボ

グリーンサラダ600円、串焼き(ねぎ間、せせり、笹身梅しそ、つくね)各250~350円。温泉玉子300円は濃厚な黄身が美味。

銀座にある鳥料理の名店で腕を磨き、2018年10月“あえて”材木座の住宅地に店を構えた。使うのは最高級の比内地鶏のみ。しかも通常より長い180日という日本一の品質のものにこだわる。直送される鶏をその日のうちに捌いて提供するから、鮮度は抜群。備長炭でじっくり焼いた串焼きを頬張ると、その弾力と濃厚な味わいに驚く。定番の日本酒は10種、限定仕入れは約20種とその充実ぶりにも心が躍る。

シックな外観が目印。
厳選した酒類が燦然と輝く冷蔵庫。
食後にはリッチな味わいのプリン300円を。

『鳥料理ごとう』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市材木座4-1-23/営業時間:17:00~21:30LO/定休日:木/アクセス:JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅から京浜急行バス「小坪・逗子駅」行き約7分の「九品寺」下車2分

山本餃子

ソロ飲みデビューをするならココ!

餃子が焼ける音と匂いで酒が進む。

店の雰囲気を一言で表すと、和気あいあい。ひとり静かにグラスを傾けていても、いつしか隣の人と会話を交わす間柄になっているからおもしろい。女性客が入りやすいのもこの店ならでは。店主・山本理央さんがニラやニンニクを使わず、女性でも匂いを気にせずに食べられる餃子を、と思って店を始めたことによるのかもしれない。スタンダードな餃子のほか、水餃子500円や新たに始めたという蒸したてのシウマイ500円も人気だ。

焼き餃子は1人前6個入りで450円(写真は2人前)。おつまみには煮玉子150円、ザーサイ150円もどうぞ。
カウンターにはいくつものペンダントライトがぶら下がる。

『山本餃子』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市御成町9-6/営業時間:12:00~14:00・17:30~20:30LO/定休日:月・火/アクセス:JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅から徒歩3分

小町 よしろう

夜だけでなく、朝も昼も寄りたい

姫田さんが店に立つのは夜の営業時のみ。

女将・姫田あかねさんの手料理を求める客で夜な夜なにぎわう、創業から約30年を迎える名店。カウンターのみで常連客が多く集うものの「誰だって最初は一見さん」と、分け隔てなく接してくれる。場の雰囲気になじんだころ、常連さんが「煮あずきがおいしいのよ」と。聞けば、昼間は「甘処あかね」として店を開けていて、甘味好きには有名な存在だとか。金~日は朝7時~9時30分LOで焼き魚定食も。いつ訪ねてもおいしいものが待っている。

しらすねぎのオムレツ800円(税別)は割ると中からしらすがどっさり。あさりキャベツ800円(税別)、いわしの黒酢煮700円(税別)も酒の肴にピッタリ。
梅酒700円(税別)は自家製の一年もの。

『小町 よしろう』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市小町2-10-10/営業時間:17:30~23:00(甘処あかねは13:00~16:30LO、土・日・祝は12:00~)/定休日:木/アクセス:JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅から徒歩4分

萬屋商店

毎日の楽しい晩酌が元気の源

客層は20代から90代まで幅広い。

大正初期の創業で、現在の建物は築約100年。角打ちスペースがあり、18時ごろになると続々と人が集まってくる。店で販売している酒やつまみは何でも買って食べて飲んでOK。この日は、週3回来るという川島さんとじいじの仲良しコンビが主役。腕相撲の後はご機嫌なじいじの歌が飛び出し、みんなも手拍子をとって一緒に歌って和気あいあい。お客さんの一人曰く「毎晩バカ言って笑ってね、もう一つの家族だよ」。あぁ、なんて楽しい生活!

隣の魚屋からのお裾分けの刺し身が届くことも。生ビール300円もある。

『萬屋商店』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市材木座6-3-25/営業時間:8:30~22:00ごろ/定休日:火/アクセス:JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅から徒歩20分

構成=株式会社エスティフ 取材・文=林加奈子、井島加恵 撮影=逢坂聡、丸毛透、yOU(河崎夕子)

紹介スポットをマップで見る