サルトリイバラ喫茶室

穏やかな国産紅茶に心が和む

アンティークの茶器で用意する。「中央線沿線は昔から喫茶店文化が豊か」と中野さん。

目当ては国産の紅茶。立ちのぼる香りに鼻先をくすぐられ、つい目尻が下がる。外国産に比べてボディは軽めとされるが、各地の農家に店主・中野木綿子さん自ら赴き、取り揃えた品々は、しっかりした味わいのものやフルーティなタイプなど幅広い。運ばれてくる時にはポットから茶葉を外してあるので、最後の一滴まで完璧なコンディションなのもうれしい。「温度が下がると香味の感じ方に変化が生じます」。その豊かな表情にも、ときめく。

奈良県・岩田さんの月ヶ瀬紅茶さやまかおり860円は、花実のような香り。甘酒のアイスクリン690円は手作りだ。

『サルトリイバラ喫茶室』店舗詳細

サルトリイバラ喫茶室
住所:東京都杉並区高円寺南3-46-2-2F/営業時間:12:00~21:45LO(日・祝は~19:45)/定休日:水(火不定)/アクセス:JR中央線高円寺駅から徒歩4分

Book Cafe Dinerイココチ

本から始まる地域のつながり

店主自筆のポップが付された本も。

「自宅にある本を店に持ってきて置いたのが始まりです。当初は売るつもりはなかったんですが」と店主の蔵下さんは話す。店内には壁際の本棚を中心に、絵本や小説、デザイン、建築、料理など、幅広いジャンルが揃う。席から手が届く距離にある小さな棚にも、まんべんなく本が詰まっている。このごろはラインナップを見て、お客さんが本を持ってきてくれることもあるとか。地域の憩いの場で、本が巡っていく。

フレンチトースト690円。スイーツからごはんまで、いろいろ揃う。
閲覧のみと販売している本がある。本の裏表紙でわかるようになっている。

『Book Cafe Dinerイココチ』店舗詳細

Book Cafe Dinerイココチ
住所:東京都杉並区和田 3-57-5-1F/営業時間:8:30~21:00(日・月は~18:00)/定休日:不定/アクセス:地下鉄丸ノ内線東高円寺駅から徒歩1分

アール座読書館

作り込みがすごくて読書に没頭できます

本棚の本は渡辺さんの蔵書だったもの。

私語厳禁。古い机やベンチ、植物や水槽などを配した「読書するためだけの空間」は、異様でもあり、どこか懐かしくもある。宮沢賢治の『黄いろのトマト』に出てくるような博物館、長崎の教会、古い木造校舎、昔乗った列車――。造りたいお店のイメージは物件探しの段階からあったが、「結局、開店まで半年もかかってしまいました(笑)」と店主・渡辺太紀さん。長い時間をかけて作り込まれた、どこにもない場所がここにある。

机は目線が合わないよう同じ向きに配置され、一席一席が個室のよう。
コーヒー一律680円はポットサービス。

『アール座読書館』店舗詳細

アール座読書館
住所:東京都杉並区高円寺南3-57-6 2F/営業時間:13:30~22:00LO(土・日・祝は12:00~)/定休日:月(祝の場合は翌)/アクセス:JR中央線高円寺駅から徒歩3分

ルネッサンス

薄闇と音の洪水に埋没し、ひっそりと読みふける

入り口近くに飾られたつげ忠雄氏の原画や、『クラシック』のマスターが手作りした不思議な装置の数々に目を奪われる。

スタッフが「全国で一番敷居が低いんじゃないかと思います」と語る、会話もOKの名曲喫茶。かつて中野に存在した名曲喫茶『クラシック』の家具を使用し、同店おなじみの大工さんが作り上げた空間は、2007年にオープンしたのが信じられないムードを漂わせる。地下演劇の舞台のように入り組んだほの暗い座席で、クラシックに身をゆだね頭の芯を痺れさせれば、難解な詩集や哲学書のわからなさがむしろ楽しくなってくる。

メニューは珈琲、紅茶、オレンジジュースの3品。各400円(珈琲お代わり200円)。フードの持ち込みOK。

『ルネッサンス』店舗詳細

ルネッサンス
住所:東京都杉並区高円寺南2-48-11 堀萬ビルB1/営業時間:12:00~19:30(土・日・祝は~21:00LO)/定休日:月・火/アクセス:JR中央線高円寺駅から徒歩5分

ムッチーズカフェ

大人もはしゃぎたくなる、絵本の世界

じさつうさぎのパフェ700円。ブルーハワイがベースのジュース、にじいろのさかな500円には、光が点滅する仕掛けが。

店主のムッチさんと絵本専門士のまどかさんは、大学生の頃、将来一緒に店をやろうと約束。4年ほど前に満を持してオープンし、昔懐かしい名作から旬の新作まで、まどかさんセレクトの絵本をずらりと並べている。その中には、教訓や風刺、シニカルな笑いを含んだ、大人だからこそ楽しめるものもたくさん! 物語からヒントを得たというメニューも多く、お題となった絵本はどれか、陳列された中から探し出して答え合わせをしてみるのも面白い。

帰り際、ムッチさんがモデルのオリジナルマスコットキャラクターがお見送り。
ムッチさん(右)とまどかさん。

『ムッチーズカフェ』店舗詳細

ムッチーズカフェ
住所:東京都杉並区高円寺北3-2-17-2F/営業時間:11:30~19:30LO(土・日・祝は~20:30LO)/定休日:水(祝の場合は翌日)/アクセス:JR中央線高円寺駅から徒歩2分

構成=株式会社エスティフ 取材・文=渡邉 恵(編集部)、信藤舞子、屋敷直子、佐藤さゆり 撮影=門馬央典、金井塚太郎、花岡慎一

紹介スポットをマップで見る