銀座木村家

朝は銀座生まれのパンでおはよう!

トーストサンドにサラダとコーヒーか紅茶がセットで800円。モーニングは平日の10時から1時間限定。

この街で早い朝食なんて似合わない、10時でも早いくらい。本店2階のカフェのパンは階上の工場で製造される、生まれながらの銀座っ子。そろそろ「シネスイッチ銀座」の1回目? 目の前の三越が開店かな?……4丁目交差点を見下ろしながら、メニュー登場以来変わらぬハムとチーズが挟まったおなじみトーストを食べる。人気のモーニングに開店前から並ぶ人の目当ては窓際の席。銀座の一日を幸せに過ごすなら、このくらい平気さ。

銀座通りを見渡す開放感あふれる店内。
一歩入れば幸せの匂いがする。

『銀座木村家』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座4-5-7 2F/営業時間:10:00~20:00LO/定休日:無/アクセス:地下鉄銀座駅すぐ

喫茶 you

主役の卵が胃袋から疲れをほぐす

オムレツサンド

オムライス人気で行列ができる喫茶店の、秘かにファンが多いサンド。マーガリンを使ってまとめるオムレツは、焼き色皆無のふっわふわで、自家製マヨネーズが卵の甘みを引き立てる。「コーヒーに合うのよ。砂糖と生クリーム入りがワンダフル!」と、店主の松嶌龍子さん。やってみよう。6切れ入り800円。

『喫茶 you』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F/営業時間:11:00~18:00LO/定休日:無/アクセス:地下鉄日比谷線東銀座駅から徒歩1分

銀座ウエスト 本店

3 時のおやつに誰かとゆったり

ハムとヤサイのミックスサンド1595円(ハムとタマゴ、タマゴとヤサイもあり)。+660円で飲み物をセットにできる。

優雅で清楚で、落ち着きあるレトロ感はいつ訪ねても変わらない。豊富なサンドイッチのラインナップもほとんどが創業以来だが、その時々でおいしい物を、というポリシーから食材の吟味も欠かさない。見目麗しき姿なれど、ハムも野菜もボリューム満点だ。実はパンの種類やトーストする・しないも選べて、飲み物の多くはおかわり自由。楽しい話ができる誰かを誘って、喧噪と別世界の昼下がりを味わいたい。あわてない銀座をどうぞ。

広々とした優雅な客席。
売店横の扉の向こうは別世界。

『銀座ウエスト 本店』店舗詳細

喫茶 アメリカン

たまごサンドの海に溺れたい

サンドイッチセット1200円は山盛りサラダと濃厚スープ、飲み物付き。

パンがでかい。具のゆでたまごフィリングだって、こぶし大だ。1983年に創業したこちらは、歌舞伎座の改装を機に名物を作ろうと一大決心。そこで笑っちゃうほどジャンボなサイズにしたという。「1人前はパン1斤だね」。わっはっはと名物店主の原口誠さんは豪快に笑う。その日焼きたてのパンはふんわりもっちり。かぶりつけば、ふかふかのパンに顔がめり込むのが快感。食べきれないのは必然なので、持ち帰り可能です。

ニューヨークのデリのような陽気な外観。テイクアウトのサンドイッチが飛ぶように売れてゆく。
佐賀県のポスターとサインがいっぱいのにぎやかな店内。

『喫茶 アメリカン』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座4丁目11-7/営業時間:8:00~10:30・12:00~14:30(パンがなくなり次第終了)/定休日:土・日・祝/アクセス:地下鉄日比谷線・浅草線東銀座駅から徒歩2分

はまの屋パーラー

昔から変わらないね、って言われるんですよ

玉子とフルーツの組み合わせサンドゥイッチ620円、自家製コーヒーゼリー150円。はまの屋ブレンド400円、自家製ホットジンジャー450円。 赤茶色のソファ椅子、木張りの壁など、店の風情は創業当時のままだ。

1966年の創業以来の人気店だったが、高齢を理由に創業者の先代が閉店を決意。ビルを管理する三菱地所の人が東奔西走し、なんとか現オーナーに引き継いでもらえたという。ふわっふわのパンは東武練馬『鈴木ベーカリー』製。小さなフライパンを駆使して焼く玉子焼きもまたふわっふわで、支持率ナンバー1だ。また、5種類の果実をサンドしたフルーツサンドは、みずみずしさと軽い口当たりで女性を虜に。他にも、香り芳醇なラムレーズンホットケーキや、モーニングに付くミニコーヒーゼリーが新たな名物となっている。

クリームソーダ650円はピーチ味。
赤茶色のソファ椅子、木張りの壁な ど、店の風情は創業当時のままだ。
塩釜店長考案のホットケーキも人気。 手にするのは、季節限定から定番へ格上げしたラムレーズン 730円だ。

『はまの屋パーラー』店舗詳細

住所:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1/営業時間:9:00~18:00(日は10:00~17:00)/定休日:祝/アクセス:JR・地下鉄有楽町駅から徒歩1分

構成=フラップネクスト 取材・文=岡本ジュン、高野ひろし、佐藤さゆり・松井一恵(teamまめ) 撮影=金井塚太郎、木村心保、高野尚人、本野克佳