自ら"サテン"と名乗り文化を伝える喫茶店『310.COFFEE』

左手にネルドリッパー、右手にポット。ステンレスの計量カップに落としたコーヒーは、少しだけ火にかけてからお客さんに出す。

オープンは2016年2月。銀座で喫茶店と名乗る店の中では新顔の部類だ。「喫茶店というものを次の世代に引き継いでいきたい」と店長の佐藤由希絵さんは言う。鮮度を重視したおいしいコーヒーをお客さんに提供することも店のポリシー。ほぼ毎日開店前に店内にある焙煎機で焙煎を行っている。

コーヒーは一杯900円から。銀座らしい価格設定だが、おかわりは半額。5種類ある食事のメニューは単品では提供しておらず、ナポリタンやカレーと1000円以下の飲み物とセットで1400円と手頃な価格になる。銀座でコーヒーを味わいながら、ゆっくりした時間を過ごしたい時に立ち寄りたい店だ。

店の奥には焙煎機のあるコーナーがある。

『310.COFFEE』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座7-11-6 GINZA ISONOビル1階/営業時間:11:00~20:00(土・日・祝は~19:00)/定休日:不定/アクセス:地下鉄銀座駅から徒歩5分

本格派カレーと銅製やかんで淹れるコーヒー。『樹の花』

ジョンとヨーコが訪れた店

銅製のやかんは3代目。

歌舞伎座の裏手、木挽町通りにジョン・レノンとオノ・ヨーコ夫妻が訪れたことで有名な喫茶店がある。今でも2人が直筆した便箋が飾られ、多くのビートルズファンが聖地として訪れる『樹の花』だ。コーヒーやカレーがおいしい店としても親しまれている。

『樹の花』では、焙煎所から1日おきにコーヒー豆を配達してもらって、新鮮な豆で淹れたコーヒーをお客さんに提供することを基本にしている。もちろん注文を受けてから豆をひき、ハンドドリップで丁寧に淹れる。店主の成沢さんがコーヒーを学んだ先生が銅製のやかんを使っていたのを受け継いで、今日まで変わらず銅製のやかんを使うのが『樹の花』流だ。

ランチの人気はカレー。人伝に知り合ったインド人青年が店主にレシピを残した本格的なカレーを目当てに訪れる客も多い。

なすのキーマカレー&ナンorライス付き1200円。ミニサラダとコーヒーか紅茶をセットにするとプラス600円。

『樹の花』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座4-13-1・2F/営業時間:月〜金 11:30~17:30LO、土祝 12:00~18:00LO ※変更あり/定休日:日/アクセス:地下鉄東銀座駅からから徒歩2分

“珈琲だけの店”でオールドコーヒーを『カフェ・ド・ランブル』

戦後間もなくから続く名店

オレンジ色の看板が目印。

1948年から銀座で営業している『カフェ・ド・ランブル』は、コーヒー好きにとっては聖地のような場所だ。店を開いたのは現店主林不二彦さんの伯父で、2018年に103歳で亡くなった関口一郎さん。日本中のコーヒー好きが尊敬してやまないコーヒー界のレジェンドだ。生のコーヒー豆を10年以上熟成させてから焙煎するオールドコーヒーを確立した人としても知られている。

子供の頃から夏休みなどには店に出入りしていて、20歳前から店で働くようになった林さんは自然な流れで店を引き継いだ。今も『カフェ・ド・ランブル』を象徴するメニュー「ブラン・エ・ノワール(琥珀の女王)」とともに、店の流儀とコーヒーへの姿勢が受け継がれている。

見た目にも美しいブラン・エ・ノワール(琥珀の女王)はシングルサイズが850円。

『カフェ・ド・ランブル』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座8-10-15/営業時間:平日 12:00~21:30LO、 日・祝日 12:00~18:30LO ※変更あり/定休日:無/アクセス:地下鉄銀座駅から徒歩5分

画材店『月光荘』が開く人と感性が行き交うサロン。『月のはなれ』

『月のはなれ』にはエレベーターはなく、58段の階段が続く。

『月のはなれ』は、1916年(大正6)創業の老舗画材店『月光荘』が2013年にオープンしたサロンだ。ドリンクや軽食も楽しめるが「喫茶店」ではなく、サロンと呼ぶのがふさわしい。もともと画材の倉庫として使われていた場所の約半分をルーフトップにした店では、インテリアやメニューの由来などを通して『月光荘』が持つ100年あまりの歴史に触れることもできる。

フードメニューはガンボに代表されるクレオール料理が中心。レモンが丸ごと練り込まれている月のレモンケーキも名物だ。同時に若いアーティストたちの作品展示やさまざまなジャンルの生演奏が日常的に行われている。コーヒー1杯を楽しみながら、新しい文化が生まれる瞬間に立ち会える場所と言えそうだ。

野菜不足の人にもおすすめ、やみつきプルドポークライス1150円。レモンたっぷりの月のレモンケーキ750円。1杯ずつハンドドリップする本格派コーヒー680円。

『月のはなれ』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座8-7-18
 月光荘ビル5階/営業時間:月~水は14:00~23:30、 木は14:00~28:00、 金・土は7:30~28:00、日・祝は7:30~21:00
/定休日:無/アクセス:JR・地下鉄・ゆりかもめ新橋駅より徒歩3分

良質のお茶を台湾風に味わう。『千年茶館』

銀座にある異空間

日本で生産されている烏龍茶や和紅茶も台湾の方式で提供される。1000円。『COH』のカヌレはお茶やコーヒーとセットでプラス300円。

かつて白金台にあった『千年茶館』が銀座に移転したのは2016年のこと。当初は会員限定だったが、2020年10月に一般客も入れるように方向転換。きっかけのひとつはスイーツ好きの間で幻とも言われる『COH』が作るカヌレだ。予約も簡単ではないこのカヌレは、現在は「今日のお菓子」として『千年茶館』で提供されている。

出てきたお茶は、まず茶杯から聞香杯を持ち上げて、空になった聞香杯に鼻を近づけて楽しむ。小さな器のなかに閉じ込められた香りがストレートに感じらるのがおもしろい。店内は「上海の怪しいビルがコンセプト」とオーナーはいうが、中国や台湾にあった看板や額、建具など調度品がセンスよく置かれている。インテリアに興味がある人にとってもたまらないだろう。

2階はカウンター席中心。中国の古い額などが飾られている。

『千年茶館』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座6-8-17 千年銀座ビル2階/営業時間:12:00~17:00LO
※変更の可能性あり/定休日:月・火/アクセス:地下鉄銀座駅から徒歩1分

老舗バーのごとき品位と深い味『十一房珈琲店』

コーヒーは自家焙煎でネルドリップ式ブレンド5種740円、ストレート790円~、ビンテージコーヒー1100円~。

30年以上寝かせた生豆を用いたヴィンテージコーヒーは高貴に香り、含むと濃厚な苦酸甘味が口内に爆発し、深い余 韻を残し消えていく。高級ウイスキーのような味みを感じる。ブレンド各種もひけをとらぬ一品。カップも BGM の趣味 も一級品など、全てにこだわりつつ、これみよがしなそぶりがない。自然体で、珈琲を心地よく楽しめる。これぞプロの ワザ。ほどよい緊張感ただよう大人の空間で味わう至高の一杯は格別である。

コーヒーは客の希望に合わせ50cc、100cc(左)、120cc(右)のカップで提供。
焙煎機は熟練の技術がないと扱えない手動式のもの。
BGMは通なオールドジャズを空管アンプで、あくまでさりげなく。
住所:東京都中央区銀座2-2-19/営業時間:平日10:30~22:30土日祝12:00~21:30/定休日:無/アクセス:JR・地下鉄有楽町駅から徒歩5分

風情と香りでゴージャスな朝を。『カフェ銀座仏蘭西屋』

Cセット550円。モーニング350円~は3種あり、コーヒーはお代わり自由。

1981年の創業以来、銀座で数少ないモーニングを用意するのは、シャンデリアが灯ともる優雅な空間。モチッとしたイギリス食パンに、たっぷりバターを染み込ませたトーストをかじれば、バターの香り高さに思わずうっとり。コロンビアベースの特注ブレンドコーヒーも朝にうれしい軽い口当たりだ。目玉焼き、ウインナー、サラダ付きのCセットなら活力ばっちり。お尻を包むような革張り椅子、ふかふかな布張り椅子など、座り心地も満点だ。

住所:東京都中央区銀座3-7-16 銀座NSビルB1/営業時間:8:00~ 22:30(モーニング~ 11:00。金は~ 23:00、日・祝は~ 22:00)/定休日:無/アクセス:地下鉄銀座駅から徒歩すぐ

たまごサンドの海に溺れたい。『喫茶 アメリカン』

ニューヨークのデリのような陽気な外観。テイクアウトのサンドイッチが飛ぶように売れ てゆく。

パンがでかい。具のゆでたまごフィリングだって、こぶし大だ。1983年に創業したこちらは、歌舞伎座の改装を機に名物を作ろうと一大決心。そこで笑っちゃうほどジャンボなサイズにしたという。「1人前はパン1斤だね」。わっはっはと名物店主の原口誠さんは豪快に笑う。その日焼きたてのパンはふんわりもっちり。かぶりつけば、ふかふかのパンに顔がめり込むのが快感。食べきれないのは必然なので、持ち帰り可能です。

サンドイッチセット1200円は山盛りサラダと濃厚スープ、飲み物付き。
佐賀県のポスターとサインがいっぱいのにぎやかな店内。
住所:東京都中央区銀座4丁目11-7/営業時間:8:00~10:30・12:00~14:30(パンがなくなり次第終了)/定休日:土・日・祝/アクセス:地下鉄日比谷線・浅草線東銀座駅から徒歩2分

時間軸を揺さぶる地下喫茶。『カフェ ルトン』

ブラジルがベースのマイセンブレンド900円、ワッフル600円。時代ものの器にうっとり。

無機質な階段を潜ったどん突きに、“まさか”の入り口がある。温かな灯りが満ちるモダンな店内は思いのほか広く、天井が高く、しっとり静寂だ。調度品や陶磁器は、隅々までアールヌーボー。店主の井田利光さんが蒐集(しゅうしゅう)したこれらアートが醸す雰囲気に加え、熟成豆を使うまろやかなコーヒー、素朴なワッフルが現実逃避を誘う。「お客さんは変わるけれど、店は変わらない」と、井田さん。変わらない時間をここで刻み、38年になる。

店主の井田さん。
アンティークの時計があちこちにある。
住所:東京都中央区銀座5-6-16西五番館B2/営業時間:11:00~21:00(日・祝は~18:00)/定休日:無/アクセス:地下鉄銀座駅から徒歩1分

銀座通りを望むレトロビルの特等席。『カフェきょうぶんかん』

窓辺のカウンター席から埋まる。

キリスト教書や絵本など、階ごとの品揃えに特徴ある『教文館』。館内めぐりのゴールは4階、トンネルみたいな廊下の先にあるカフェ。土の壁や観葉植物の自然の気配、お菓子の甘い香りに和む。満席時のざわめきも心地よいが、開店直後と夕暮れ時の静けさは格別だ。「雨の日もいいですよ。銀座通りに咲く傘の花がとてもきれい」とスタッフの秋定智子さん。17時~は、ベルギーの修道院で醸造されるシメイビールを注文できる。
書店の『教文館』はこちらの記事で紹介しています。

きょうぶんかんブレンド580円、手作りジェラート600円は本形クッキー付き。
こどものおやつセット700円。大人はだめよ。
住所:東京都中央区銀座4-5-1 教文館ビル4F/営業時間:11:00~19:00/定休日:無/アクセス:地下鉄銀座駅から徒歩1分

取材・文=奥谷道草、佐藤さゆり・松井一恵(teamまめ)、岡本ジュン、野崎さおり 撮影=門馬央典、加藤昌人、高野尚人、鈴木奈保子、野崎さおり