スタート:JR・地下鉄・ゆりかもめ新橋駅ー(5分/0.3㎞)→鉄道歴史展示室ー( 3分/0.2㎞)→アドミュージアム東京ー( 5分/0.3㎞)→浜離宮恩賜庭園ー( 32分/2.1㎞)→旧芝離宮恩賜庭園ー( 9分/0.6㎞)→竹芝ふ頭公園ー( 30分/2.0㎞)→レインボーブリッジ遊歩道芝浦口ー( 26分/1.7㎞)→レインボーブリッジ遊歩道台場口ー(すぐ)→台場公園ー( 3分/0.2㎞)→お台場海浜公園ー( 1分/0.1㎞)→ゴール:ゆりかもめ お台場海浜公園駅

今回のコース◆約7.5㎞/約2時間/約1万歩/高低差★★☆/体力度★★★

アドバイス
2つの日本庭園と東京港、レインボーブリッジの眺めが見どころ。竹芝ふ頭公園からレインボーブリッジ遊歩道までは景色が単調で距離も長いので、竹芝駅から芝浦ふ頭駅までゆりかもめを利用するのも一興。レインボーブリッジ遊歩道は、サウスルートとノースルートの行き来ができないが、台場口から190 mほどのところに横断通路がある。
illust_2.svg

ベジタリアン 新橋本店

歩く前に、野菜ジュースで栄養補給

新鮮な野菜と果物で作るフレッシュジューススタンド。創業以来50年、新橋のビジネスマンたちに愛されてきた。パセリ、小松菜、ケール、タマネギなど野菜ジュースの種類が多く、メニューには栄養素や効能などが書き添えられている。二日酔いや悪酔いを防ぐというウコンフルーツ300円が人気というのもビジネス街らしい。

ベジタリアン 新橋本店
住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1F/営業時間:8:00~19:00/定休日:日・祝(土不定)
illust_2.svg

1 鉄道歴史展示室

日本の鉄道はここから始まった

明治5年(1872)に日本初の鉄道路線として開業した新橋停車場跡。1階展示室ではガラス張りの床から開業当時の駅舎基礎石の遺構を見ることができる。建物裏手には線路の起点を示す0哩(ゼロマイル)標識も復元されている。

鉄道歴史展示室
住所:東京都港区東新橋1丁目5−3/営業時間:10:00~16:45/定休日:月(祝の場合は翌火)
illust_2.svg

2 アドミュージアム東京

時代を映す広告作品に当時が蘇る

世界でも例がない広告ミュージアム。江戸時代から現代まで約32万点の収蔵資料があり、日本の広告の歴史を知る常設展と、国内外の広告賞展などの企画展示がある。ライブラリーには広告関連資料が約7000点そろう。

アドミュージアム東京
住所:東京都港区東新橋1丁目8−2 カレッタ汐留/営業時間:12:00~16:00(要予約)/定休日:日・月
illust_2.svg

3 浜離宮恩賜庭園

春には菜の花畑も見られる

ビル群を背にしたお伝い橋と中島の御茶屋。
ビル群を背にしたお伝い橋と中島の御茶屋。

江戸時代の代表的な大名庭園で、国の特別名勝・特別史跡に指定される。三百年の松、潮の満ち引きによって水位が変わる潮入(しおいり)の池、歴代の将軍たちが鷹狩りの際に休憩所として使われた御茶屋などが風雅な景観をつくる。

2018年には11代将軍徳川家斉が建てた「鷹の御茶屋」が復元。
2018年には11代将軍徳川家斉が建てた「鷹の御茶屋」が復元。
浜離宮恩賜庭園
住所:東京都中央区浜離宮庭園1−1/営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)/定休日:無(2021年3月6日現在、臨時休園中)
illust_2.svg

4 旧芝離宮恩賜庭園

芝に残る江戸初期の名園

老中・大久保忠朝が、延宝6年(1678)に自邸内に築いた回遊式泉水庭園「楽壽園」が始まり。宮内庁管理の離宮を経て、大正13年(1924)に都立庭園として公開された。地割と石組みの秀逸さが特徴。

旧芝離宮恩賜庭園前と竹芝ふ頭を結ぶ歩行者デッキ。浜松町駅まで結ばれると全長500mになる。
旧芝離宮恩賜庭園前と竹芝ふ頭を結ぶ歩行者デッキ。浜松町駅まで結ばれると全長500mになる。
illust_2.svg

5 竹芝ふ頭公園

目の前は180度広がる東京港の絶景

伊豆諸島や小笠原に向かう船が発着する竹芝客船ターミナルと一体となった公園。勝鬨橋や晴海方面、レインボーブリッジ、お台場を一望できる絶景が広がる。客船ターミナルはカフェやショップも利用できる。

illust_2.svg

6・7 レインボーブリッジ遊歩道

橋上から望む東京港の絶景

すぐ横は一般道、中央部は新交通システムゆりかもめ、上層には首都高速道路が走る。
すぐ横は一般道、中央部は新交通システムゆりかもめ、上層には首都高速道路が走る。

レインボーブリッジの芝浦口と台場口を結ぶ全長1.7 ㎞の歩行者専用道路。晴海方面を望むノースルート、お台場方面を望むサウスルートがあり、台場側から190mのところにノースとサウスを横断できる通路がある。

サウスルートから眺めた台場公園とお台場エリアのビル群。
サウスルートから眺めた台場公園とお台場エリアのビル群。
レインボーブリッジ遊歩道
住所:東京都港区海岸3-33-19(芝浦側)/東京都港区台場1丁目1(台場側)/営業時間:9:00~21:00(最終入場20:30)、11~3月は10:00~18:00(最終入場17:30)/定休日:第3月(祝の場合は翌日)・強風時
illust_2.svg

8 台場公園

黒船来航の歴史を伝える国史跡

黒船の来襲に備えて江戸幕府は6つの台場(砲台)を築造した。現存するのは2つで、ここは第三台場跡。陣屋跡や砲台跡、火薬庫跡、かまど跡などの遺構が残る。レインボーブリッジ直下のビュースポットでもある。

illust_2.svg

9 お台場海浜公園

都内で楽しめる、マリンリゾート地

東京港の入り江を利用した公園で、レインボーブリッジと一体となった景観が素晴らしい。西側にはパリ市にある自由の女神像から型を取った高さ約11mの自由の女神像が立つ。海上バスや水陸両用バスの発着場もある。

illust_2.svg

URAN(ウーラン)

野菜から季節を感じられるデリ

4種のデリカセット。
4種のデリカセット。

ショーケースに並ぶのは、新潟県村上市から取り寄せた麹で造った自家製発酵調味料を使った日替わりデリ。常時15種類ほどが用意され、ここから4種類を選び、自家製焼き立てパン・麦ご飯・お粥から一品選ぶ、4種のデリカセット800円。テイクアウトもできるのでお台場海浜公園で味わうのもいい。野菜は千葉の農家まで買い付けに行く。

料理も調味料も、すべて中馬茂輝さん・信子さん夫妻の手作り。
料理も調味料も、すべて中馬茂輝さん・信子さん夫妻の手作り。
Deli&Café URAN(ウーラン)
住所:東京都港区台場1−3 シーリアお台場3番街5-106/営業時間:11:00~14:00・17:30~21:00LO/定休日:土・日・祝
illust_14.svg

【コース解説】

新橋は鉄道発祥の地。まずはその歴史を伝える『鉄道歴史展示室』を訪ねよう。高層ビルに囲まれた建物は、開業当時の駅舎を復元したもの。クラシカルな洋館は、文明開化の時代を想像させる。
『鉄道歴史展示室』の裏から地下通路を経て『アドミュージアム東京』へ。ここは日本唯一の広告ミュージアム。「広告は時代を映す鏡」というが、展示されたポスターや看板、CМなどを見ていると、時代の変化を実感する。
浜離宮恩賜庭園と旧芝離宮恩賜庭園は、いずれも江戸時代に造園された大名庭園。池や植栽が描く風雅な庭園が素晴らしく、後方にそびえるオフィスビルとの新旧の対比も都会ならではの光景といえる。

湾岸の散歩道から見えるレインボーブリッジの絶景

竹芝ふ頭公園へは、昨年6月に完成した歩行者デッキを歩こう。デッキは地上15 mの高さがあり、歩を進めるたびに東京港やレインボーブリッジが近づいてくる。ふ頭に向かう道としては申し分のないアプローチだ。
帆船のマストを模したモニュメントが見えてきたら竹芝ふ頭公園はすぐ。勝鬨橋、晴海、豊洲、レインボーブリッジと180度に広がる海の風景を楽しもう。竹芝桟橋からはレストラン船の東京ヴァンティアンクルーズが、隣接する日の出桟橋からは東京湾クルーズが発着し、辺りには観光地らしいムードが漂う。この先は倉庫街となるが、倉庫が並ぶ風景というのも普段は見慣れないので新鮮だ。
レインボーブリッジ遊歩道は、晴海側とお台場側に分かれる。お台場はこの後に訪ねるので、都心のビル街と東京タワーや東京スカイツリーなどを眺める晴海側のノースルートを歩こう。フェンス越しの眺めが大半だが、途中、フェンスが切れるところもあるので、写真を撮るならここから。
レインボーブリッジ遊歩道の台場口を出るとすぐ右側に台場公園の入り口がある。幕末に築かれた砲台跡が残り、お台場の名の由来になったところ。最先端タウンに残る幕末の遺構が時の流れを感じさせる。
お台場海浜公園は、レインボーブリッジを眺める特等席。東京オリンピックのマラソンスイミングやトライアスロンの会場となるため、一部が工事のため閉鎖されている。お台場海浜公園駅をゴールにしているが、1つ先の台場駅近くまで歩けば、レインボーブリッジを背に自由の女神像が立つ。

illust_14.svg

取材・文・撮影=塙 広明(アド・グリーン)
『散歩の達人』2021年2月号より