お台場の基礎知識

お台場の名は、幕末に黒船来襲に備えて造られた砲台(台場)に由来する。そんな歴史の島だが、今では商業ビルやレジャースポットが立ち並ぶ東京を代表する観光エリアになっている。お台場海浜公園は、オリンピック・パラリンピック関連施設ができたことで、遊べるエリアも狭まったが、ここから眺めるレインボーブリッジが素晴らしい。自由の女神とともに眺めれれば、アメリカ旅行の気分だ。夕日のビュースポットなので、日没を待つのも楽しみ。

最先端の科学技術を紹介する『日本科学未来館』、1960年代にタイムスリップしたような『ヒストリーガレージ』などで、時間旅行を楽しむのもいい。

illust_2.svg

1 レインボーブリッジ遊歩道

橋上から望む東京湾のパノラマ

レインボーブリッジの芝浦口と台場口を結ぶ全長1.7㎞の歩行者専用道路。都心部や晴海方面を望むノースルートとお台場方面を望むサウスルートがある。

住所:東京都港区海岸3-33-19(芝浦側)/東京都港区台場1丁目1(台場側)/営業時間:9:00~21:00(最終入場20:30)、11~3月は10:00~18:00(最終入場17:30)/定休日:第3月(祝の場合は翌日)・強風時
illust_2.svg

2 台場公園

黒船来航の歴史を知る遺構

幕末に黒船の来襲に備え、江戸幕府は6つの台場(砲台)を築いた。現在、第三台場と第六台場が残され国の史跡に指定されている。陣屋跡、砲台跡、火薬庫跡などが見られる。

illust_2.svg

URAN

健康志向の手作りデリ

自家製発酵調味料を使った日替わりデリが評判。常時15種類ほどがあり、ここから4種類を選び、自家製焼き立てパン・麦ご飯・お粥から一品選ぶデリカセット800円。

住所:東京都港区台場1-3 シーリアお台場3番街/営業時間:11:00〜14:00・17:30〜21:00LO/定休日:土・日・祝
illust_2.svg

お台場たこ焼きミュージアム

本場のたこ焼きで大阪旅行気分

たこ焼き発祥の店や行列のできる店など、大阪の名店5店が集結したフードテーマパーク。フォードコートスタイルなので、食べ比べもできる。

住所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール4F/営業時間:11:00〜21:30LO/定休日:無/アクセス:ゆりかもめお台場海浜公園駅から徒歩2分
illust_2.svg

3 お台場海浜公園

レインボーブリッジの絶景

東京港の入り江を利用した公園で、目の前にレインボーブリッジを望む。海釣りや磯遊びが楽しめ、海上ではマリンスポーツも。海上バスや水陸両用バスの発着場もある。

illust_2.svg

4 自由の女神像

まるでニューヨーク!

日本とフランスの友好関係の記念として1998年に期間限定で設置されたが、人気を博したため2000年から常設された。高さ11mという規模は、ニューヨークの像の7分の1の大きさ。

住所:東京都港区台場1-4-1 お台場海浜公園内/営業時間:見学自由/アクセス:ゆりかもめ台場駅から徒歩3分
illust_2.svg

5 フジテレビ 球体展望室はちたま

高さ約100mから望む湾岸エリア

フジテレビのシンボル。球体の上部の展望室からは湾岸エリアをはじめ、東京スカイツリーや富士山など270度のパノラマ展望が楽しめる。夕日や夜景の美しさも格別だ。

住所:東京都港区台場2-4-8 フジテレビ本社ビル25F/営業時間:10:00〜17:00/定休日:月(祝の場合は翌)/アクセス:ゆりかもめ台場駅から徒歩3分
illust_2.svg

6 船の科学館

乗船できる初代南極観測船「宗谷」

別館展示場では、船舶模型をはじめ、日本の海の海底地形模型、各種映像展示などを行う。屋外には初代南極観測船「宗谷」が係留され、船内の見学ができる。

住所:東京都品川区東八潮3-1/営業時間:10:00〜19:00(宗谷乗船は〜16:45)/定休日:月(祝の場合は翌)/アクセス:ゆりかもめ東京国際クルーズターミナル駅から徒歩3分
illust_2.svg

7 日本科学未来館

世界・未来・地球を考える

「世界をさぐる」「未来をつくる」「地球とつながる」が常設展の3大テーマ。高精細な全天周立体映像で科学や宇宙の体験ができるドームシアターが迫力満点。

住所:東京都江東区青海2-3-6/営業時間:10:00〜17:00/定休日:火(祝の場合は開館)/アクセス:ゆりかもめ東京国際クルーズターミナル駅から徒歩5分
illust_2.svg

8 ヒストリーガレージ

「MEGA WEB」の人気展示施設

1960年代の東京の街並みをイメージしたファサードをバックに1950〜70年代の国内外の名車を展示するほか、トヨタのモータースポーツの歴史を紹介するコーナーなどがある。

住所:東京都江東区青海1-3-12/営業時間:11:00〜19:00/定休日:不定休/アクセス:ゆりかもめ青海駅から徒歩6分
illust_2.svg

【街探検】レインボーブリッジを歩いてわたる!?

東京港を横断する虹の橋。美しいシルエットに魅了される

東京港をまたぐレインボーブリッジ。

港区芝浦地区と台場地区を結ぶ吊り橋。昭和62年(1987)に着工し、平成5年(1993)に竣工、同年8月26日開通した。正式には東京港連絡橋というが、一般公募によってレインボーブリッジ(虹の橋)の名が採用された。

海面からの高さは52.4m、吊り橋部分の長さは798m。上下2層構造になっており、上層は首都高速11号台場線、下層は中央に臨海新交通システムゆりかもめ、両側に一般道があり、歩行者専用道路(レインボーブリッジ遊歩道)が併設されている。

都心と副都心を結ぶ幹線道路として大きな役割を担っていることはいうまでもないが、美しいシルエットを描く橋は、観光名所にもなっている。橋上から眺めれば、海と高層ビル群が描き出す摩天楼のような景観が広がる。日没後のライトアップは、通常は白色に照らされるが、年末年始やイベント時などには文字どおり虹色に浮かび上がる。

illust_2.svg

取材・⽂・撮影=アド・グリーン
『街がわかる 東京散歩地図』より