illust_4.svg

寛永7年創業の老舗和菓子店

目白駅前の目白通りを渡ってすぐの『寛永堂』。

寛永7年(1630)創業から390年の歴史を誇る京都の老舗和菓子店です。

店構えも老舗感漂う素敵な雰囲気で、黒猫テンションMAXひゃっほー!

店内入るとまず販売スペースで、多くの和菓子が並びます。

京都だけでなく東京にも何店舗かありますが、こちらの目白本店は東京での旗艦店。スペースが広くゆっくりと選ぶことが出来ます。

そして、店内入って左手奥は喫茶スペースの茶寮になっています。煌びやかな雰囲気でワクワクしますね。

東京の店舗で茶寮を併設しているのは、この目白本店だけです。

人気メニューの夏季限定・宇治金時

宇治金時 800円(税別)。

夏季限定のかき氷・宇治金時。

京都の老舗和菓子店の宇治金時が東京で唯一味わえる店舗ですから、夏場は多くの方がかき氷を目当てに訪れます。

黒猫の好きな白玉が、氷で固くならない様に別添えにしているのも嬉しい。

かき氷メニューはほかにミルク金時800円(税別)、宇治ミルク金時850円(税別)があります。

そして濃厚な抹茶が付いているので、好みに合わせて追い抹茶が出来ます。

老舗の和菓子店ですから、もちもち白玉もあんこも抹茶も絶品。

やはり、宇治金時は和菓子店に限りますね。

夏の間に一度は味わいたい美味しさで、おすすめにゃー♪

老舗の和菓子を味わえるお得なセット

寛永セット 580円(税別)。

和菓子2個とドリンク(コーヒーか紅茶)のセットですが、この内容で580円はお得すぎますよね。

他にも、抹茶と上用饅頭がセットになった祇園680円(税別)もあります。

セットの和菓子には、お店の看板メニューでもある寛永傅、大納言清澄、丸房露の中から日替わりで2種類が付きます。

この日は、寛永傅と大納言清澄のセット。

寛永傅は、北海道産最高級大手亡豆製の白餡を、独特の生地で包んだ伝承饅頭。

大納言清澄は、北海道産特選大納言小豆を寒天と合わせた後に数日かけて表面を乾かして仕上げる、贅沢で手間がかかっている和菓子。

やはり長年愛されている商品は、一味違いますね。味わいに深みがあります。

 

そんな老舗の和菓子やかき氷を煌びやかな空間で、ぜひゆっくりと堪能してくださいね。

『寛永堂 目白本店』店舗詳細

住所:東京都豊島区目白3-14-3/営業時間:8:30~20:00(変更あり)/定休日:無/アクセス:JR山手線目白駅から徒歩2分

取材・文・撮影=ミスター黒猫

カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の根津・千駄木編をまとめてみました。
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の原宿・表参道編をまとめてみました。
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の荻窪・西荻窪編をまとめてみました。
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の武蔵小山・戸越編をまとめてみました。
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の神田・神保町編をまとめてみました。
カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の人形町編をまとめてみました。