世代を超えて愛される名コンビを看板メニューに

JR浅草橋駅から歩くこと、およそ5分。隅田川のすぐそば、レトロなビルが建ち並ぶ中に、現代的な空気感を湛えた一画が現れる。青いタイル調のファサードに、入り口脇には木製のベンチ。

店内に入ると、カウンターの上に置かれた数種類のドーナツが並ぶガラスケースに目が留まる。そこには、チョコレートやレモンのグレーズでコーティングされたドーナツが色とりどりに並んでいる。

CMOの宮林誠之さんは、ドーナツとコーヒーを店の看板商品に選んだ理由をこのように話す。「この辺りは昔から続く問屋街で、働いている方や住人の方の年齢層が幅広いんです。そういう環境を踏まえてどうするか考えたときに、どの世代にも愛されるスタンダードなスイーツであるドーナツがぴったりだと思いました」。

最近流行りのイースト系ドーナツではなく、昔ながらのオールドファッション系ドーナツをメインに提供することを決めたのも、そのような理由からだった。

ドーナツはシーズナルフレーバーを含め、常時6種類ほど用意する。その中でも、一番のオススメは揚げたてドーナツだそう。提供まで5分ほどの時間を要するが、他店にはない目新しさを感じるメニューだ。

この揚げたてドーナツはテイクアウトも可能。「揚げたてのコロッケを食べ歩きするように食べてほしい」とシェフの梅田清生さんが話すように、提供方法も紙袋に包んだ簡易スタイルを採用している。

揚げたてドーナツ(テイクアウト)250円。

さらに、イートインではまた違う楽しみ方で味わうことができる。カスタムプレートとして、選べるオプションメニューとともにワンプレートで提供するのだ。そのオプションの内容は、ドーナツのトッピングに最適なホイップクリームやソース、さらにはあまじょっぱい味わいを交互に楽しめるベーコンエッグとフライドポテトなど。揚げたてドーナツ単品だけでももちろんオーダー可能だが、せっかくなら贅沢にアレンジを楽しんでみるのも良いかもしれない。

揚げたてドーナツ250円+フライドポテト150円+ベーコンエッグ250円。

この店で提供するドーナツは、揚げる工程にもこだわりを見せる。フライヤー内の食材や油内の水分子をコントロールする分子調理機器を使用しているため、生地の中の水分が保たれたまま、油分の吸収量もほかの調理法と比べて50%ほどカットした状態で揚げることができるという。

広い店内の一部にはオープンキッチンも完備。

実際にドーナツをいただいてみたが、これまで食べてきたオールドファッション系ドーナツの食感とはまるで違う、ホロホロと崩れるような食感に驚いた。口の中の水分が持っていかれるようなことはなく、オイリーさもそれほど感じられない。全体的に甘さ控えめなので、ソースをかけても甘過ぎるということはなかった。

そんなドーナツと一緒にオーダーしたいコーヒーは、2つのロースターから豆を取り寄せているという。1つは青山にある『Little Darling Coffee Loasters(リトルダーリン コーヒーロースターズ)』で、もう1つは近所で営業を行う『WESTSIDE COFFEE(ウエストサイドコーヒー)』のもの。いずれも、この店で提供するフードメニューに合う味わいの豆を選んでいるという。近隣で古くから営業を行う喫茶店と差別化を図るため、比較的浅煎りの豆を使用している。

ハンドドリップ(R)400円。

3つの顔を持つ場所

『Pretty Good – coffee & donut』は、ホテルに併設されたカフェという一面もある。この場所自体が『HOTEL OUROUR(ホテル アゥア)』として、2019年6月にオープン。その後訪れたコロナ禍によって、ホテルの休業を余儀なくされ、2020年12月に新たな事業として『Pretty Good – coffee & donut』をオープンした経緯があった(2022年2月中に宿泊者の受け入れを再開予定)。

吹抜けを設けることで、上階の客室に開放感をプラスした。

同時期にランニングステーションとして、近隣を走るランナー向けにロッカーとシャワー室の貸し出しを行う取り組みも開始。今では、ホテル・カフェ・ランニングステーションを兼ねた複合施設として営業を行っている。

ホテルは2500円から泊まれるカプセル型のほか、個室も完備。格安で泊まれるホテルでありながらも、浴室にはヒノキ風呂を備え、アメニティにもこだわる力の入れよう(感染症対策の一環として、ヒノキ風呂の利用は当面休止予定)。「ホテルづくりの素人がつくったホテル」と宮林さんが話すこのホテルは、採算を度外視してまで宿泊客の心に残るサービスを届けたいという想いのもと生まれた。

快適なバスルームと、階下のカフェでいただく美味しい食事。そして、極めつけは各フロアから眺めることのできる有名アーティストたちの貴重な絵画だ。ハシヅメユウヤ氏をはじめとする3名のアーティストによる絵画は、すべてこのホテルのための描き下ろしだというから、ファンにはたまらないだろう。

2階にはハシヅメユウヤ氏の描き下ろしイラストを展示。

時代の波に翻弄されながらも、浅草橋に新たな活気をもたらす存在として、この場所が多くの人々に愛されていることを取材中にも強く感じた。平日の夕方という時間帯にもかかわらず、カフェはほぼ満席。老若男女幅広い層のお客さんは皆リラックスした雰囲気で、思い思いの時間を過ごしていた。この施設の歴史は始まったばかり。これから歩んでいく彼らの将来が楽しみだ。

『Pretty Good - coffee & donut』店舗詳細

住所:東京都台東区柳橋2-20-13/営業時間:9:00〜18:00(金・土・祝前日は~20:00)/定休日:月(祝の場合は営業)/アクセス:JR総武線浅草橋駅から徒歩7分、地下鉄浅草線浅草橋駅から徒歩5分

取材・文・撮影=柿崎真英