老舗は"残る"のではなく"活きている"

『さぼうる』に小一時間いて驚いた。飲食店なら暇な時間も客足は途切れない。店員さんの見事な接客に感服しつつ、改めて、老舗喫茶の集客力を思い知る。「『さぼうる』さんなどもあるし、ちゃんとした喫茶店で働きたいと考えたとき、浮かんだのは神保町でした」。『ミロンガ・ヌオーバ』の浅見加代子さんは勤める理由をそう話す。神保町の喫茶が特別に思えるのは、数の多さだけでなく歴史ある老舗の存在感が大きい。しかも“今も残る”というより活気が現在進行形なのだ。学生街だけあり学生バイトも多く、店長も店員も若い姿が際立つ。

『ミロンガ・ヌオーバ』
『ミロンガ・ヌオーバ』

客も店に立つ人も新陳代謝はスムーズだ。約20年前から店員を若い年齢層主体にした『ラドリオ』は、「今は全員女性の店員。貼り紙で求人を出すので、ここを好きで同じようなトーンの人が自然と集まるんです」と店長の篠崎麻衣子さん。

『ラドリオ』
『ラドリオ』

同様の話は他店でも聞く。愛ある人たちが支えるから店の古き良さは守られている。「昔を知るお客様に『変わらないね』と言われるのが一番うれしいです」と『さぼうる』の伊藤雅史さん。ただ、現役でいるには時には挑戦も必要だ。『ミロンガ・ヌオーバ』では約20年前に世界のビールや炭火焼きコーヒーを打ち出してタンゴ喫茶の敷居を下げた。『さぼうる』では思わぬクリームソーダ人気もあり種類を増加。ネルドリップにこだわる『トロワバグ』は2017年からペーパードリップのサードウェーブ系コーヒーも展開。「古い店を保つのは大変なことも多いけど、そのたび『さぼうる』さんもある!と思うんです。神保町は奇跡的に喫茶店が集まりますが、各店の行き来やコミュニケーションがすごくある。新しいお店も増えて、刺激し合って、いろんなコーヒーと出合える街になればいいですね」と『トロワバグ』の三輪徳子さん。

『トロワバグ』
『トロワバグ』

『さぼうる』の鈴木文雄さんも「『ラドリオ』が目標だったから何度も通って勉強したよ」というように各店の頑張りは周りの店があってこそ。これぞ聖地の源かもしれない。

紹介店舗詳細

味の珈琲屋 さぼうる
住所:東京都千代田区神田神保町1-11/営業時間:9:30~23:00/定休日:日(祝は不定)/アクセス:地下鉄神保町駅からすぐ
ミロンガ・ヌオーバ
住所:東京都千代田区神田神保町1-3/営業時間:10:30~22:30(土・日・祝は11:30~19:00)/定休日:水/アクセス:地下鉄神保町駅から徒歩2分
カフェ・トロワバグ
住所:東京都千代田区神田神保町1-12-1富田メガネB1/営業時間:10:00~21:00(月は~20:00、土・祝は12:00~19:00)/定休日:日/アクセス:地下鉄神保町駅から徒歩すぐ
ラドリオ
住所:東京都千代田区神田神保町1-3/営業時間:11:30~22:00LO(土・日は12:00~18:30LO)/定休日:祝/アクセス:地下鉄神保町駅から徒歩2分
神保町の喫茶には、愛と歴史がある。文化発信基地を支えてきた珠玉の8店をご紹介。
書店や出版社、大学などが集う、知の密集地帯、神保町。パリのカフェ文化にも負けず劣らず、人々のコミュニケーションの場として、このエリアの喫茶店は昔からさまざまな役割を担ってきた。人と人をつなぐ場であったり、思考を手繰る場であったり……。老舗の喫茶が、今なお人々の間で愛され続けているのも、神保町ならでは。一杯のコーヒーからはじまる、文化を生み出す磁場のパワーを、感じることができるはずだ。
本の街・神保町でブックカフェ巡り。おすすめの3店を紹介!
古くから古本屋が多く立ち並ぶことで有名な“本の街”神保町。そこには新たな息吹として本+αで世界が広がるサロン的ブックカフェが増えてます。静かで落ち着いた空間で開く本の数々は、きっとあなたの心に強く刻まれること間違いなしです。今回はあなたにとってかけがえのない一冊になる素敵な本たちと出合えるかもしれないサロン的ブックカフェを紹介します。

構成=前田真紀 取材・文=下里康子 撮影=加藤昌人

『散歩の達人』2018年11月号より