覚園寺

同じ年月を支え合ってきたマキと本堂

樹齢は600~700年。老樹のため、木の中は人が入れるような空洞がある。左巻きにねじれているのも特徴的だ。

案内付きの拝観は、薬師三尊坐像などの仏像、本堂薬師堂を中心とするお堂などを、約50分かけて巡る。寺の始まりは、北条義時が大倉薬師堂を建立した建保6年(1218)。今の本堂は、足利尊氏が再建したもので、改築されながらも、その時代の面影を色濃く残す。境内には本堂と同じ年月を過ごしてきたマキのほか、ツバキ、ナツグミなどが立つ。案内時、木々の解説は少ないが、そっと目を向けて、名木を愛でたい。

「このマキはお寺の歴史を一番知っている」と、覚園寺の仲田順昌住職。
黒地蔵堂の裏にひっそりと立つ「太郎庵」と呼ばれるツバキ。別名「覚園寺椿」という。太い幹が3つに分かれているのが大きな特徴だ。
拝観受付所のすぐ先にあるナツグミ。1代目は老樹のため添え木で支えているが、その子供の2代目はまっすぐ屹立している。

『覚園寺』詳細

住所:鎌倉市二階堂421/営業時間:10 :00~ 15:00の1時間ごと(平日の12:00を除く)に、お寺さんが境内を案内(50分)/アクセス:JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅から京浜急行バス「鎌倉宮(大塔宮)」行き8分の終点下車10分。

浄光明寺

静かな佇まいに心洗われる寺

「泉涌寺派はお堂前にマキを植える風習があった説もある」と、大三輪龍哉住職

鎌倉時代中期、第5代執権北条時頼、第6代執権北条長時が創建した、真言宗泉涌寺派の寺。境内は、三段の雛壇状になっており、二段目には、本堂や土紋と呼ばれる鎌倉地方特有の装飾技法を用いた阿弥陀如来像が祀られ、三段目には、綱引地蔵が安置されている。本堂に寄り添って佇むマキの大木が、人の目を惹きつける。さらに、非公開ながら、客殿裏の岩肌が露出した崖から垂れ下がるように生えているビャクシンも美しい。

岩肌が露出した崖の上から、下に伸びるビャクシン。この景観を狙って植えたのか、偶然の産物であるかはわかっていない。非公開。
数年前の大雪で、マキの一部の枝が折れた。「その枝を使って、仏師さんに土紋付きの仏像を作ってもらっています」(大三輪住職)。
山門を入ってすぐ、客殿の横には、立派な菩提樹があり、6月中旬に花を咲かせる。

『浄光明寺』詳細

住所:鎌倉市扇ガ谷2-12-1/営業時間:10:00~12:00・13:00~16:00/定休日:月~水・金/アクセス:JR横須賀線鎌倉駅から徒歩15分

浄智寺

中国式鐘楼門が珍しい禅宗寺院

本堂「曇華殿」の背後にそびえ立つコウヤマキは、鎌倉随一の大きさを誇ると言われる。木の根元には、小さな仏像が安置されている。

鎌倉の禅宗寺院を代表する鎌倉五山第4位のお寺。最初の住職が中国僧であったためか、山門は、中国式鐘楼門という様式を取り入れている。全盛期は、今の10倍の広さだったとも言われる。境内では、寺の本尊である過去・現在・未来を象徴する木造三世仏坐像や布袋様などが人気だ。一方で、自然が豊かな浄智寺は、コウヤマキ、タチヒガンザクラ、ビャクシンの3種の天然記念物があるなど、名木の名所でもある。

拝観受付の背後にあるタチヒガンは、ソメイヨシノよりも7~ 10日早く咲き誇る桜。樹齢120 年ともいわれる古木だ。
参道入り口には、鎌倉十井の一つである名水甘露の井と太鼓橋がある

『浄智寺』詳細

住所:鎌倉市山ノ内1402/営業時間:9 :00~16:30/アクセス:JR横須賀線北鎌倉駅から徒歩8 分