ヨリドコロ

干物と卵に魂をぶち抜かれる

あじ干物定食700円+たまご180円。全国各地より、より美味しい干物を仕入れ。小学生も顔を出すのどかなロコカフェ。

江ノ電が窓スレスレをすり抜け、「音もいいんです。ガッタンゴットンって」と、スタッフの谷和真さん。仲間と「旅情報の発信・交換できる場」として見つけたのが大正期築の元仕立て屋だ。手作りで改装し、「ザ・日本の朝ごはんを表現できたら」と、干物を主役に据えた。朝食には卵も忘れずに。白身と黄身に分け、まずは白身をミニ泡立て器で攪拌(かくはん)し、ごはんとまぜて黄身をオン。九州の甘口醤油をたらせば、旨味凝縮の干物と相まって、あぁ至福。

左から谷さん、中田さん、オーナーの母・恵 由美子ママ。
臨場感がハンパない!

『ヨリドコロ』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-12-16/営業時間:7:00~9:00(朝ごはん)・11:00~18:00(昼ごはん&カフェ)/定休日:不定/アクセス:江ノ電稲村ヶ崎駅から徒歩2分

福日和カフェ

路地裏民家の庭先で朝ごはんを満喫!

発酵&スパイスを軸に構成された発酵朝食1210円(チャイが付いたセットは1540円)。

木門をくぐると「あ、いらっしゃい」と、店主の星野唯さん。サーフィンを趣味にもつ父の「長谷は朝ごはんを食べられる所がない」の声を受け、朝食メニューを提供することに。旬の食材を中心に、手作りの醤油麹や玄米甘酒など和の調味料、この店のテーマである発酵とスパイスを軸にして、シーズンごとにメニューを構成。自家製の塩麴を使った玄米粥と、旬の食材を使った副菜が並ぶ。「隣に住む大家さんが八百屋さんだったんです。うれしいご縁」。長閑(のどか)な朝に心から和む。

カウンター席を始め、木造平屋にゆったり席が点在。
気まぐれ出勤のジョジョ店長(♀)と星野さん。店長ファンも多い。

『福日和カフェ』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下22-3/営業時間:8:00~16:00LO(朝ごはん~11:00)/定休日:不定(料理研究のため)/アクセス:江ノ電長谷駅から徒歩4分

PARADISE ALLEY BREAD&CO.

風味絶佳のパンを頬張る市場の朝

食パン、マルチシリアル、ハーブソルトのフォカッチャと竹炭など。モーニング660円はバター&ジャム、ドリンク付き。卓上のハチミツ、ハラペーニョオイルをかけても◎。

市場裏の通路に潜むベーカリーには、大テーブルが一つ。農家野菜を仕入れた鎌倉の店主たちと、顔を突き合わせて朝食を取れば、和やかに地元っこ気分を満喫だ。店と逗子の工房で焼き上げるパンは、複数の天然酵母をパンごとに使い分け、そのなかからモーニングは日替わりで2~3種、パン焼き用のスチーム付きオーブンでトースト。香ばしさとふっくら食感、そして噛むほどに甘みがのぼり、思わずにんまり。

焼き上がり香ばしいパンが並ぶ。
店頭では10時ごろから充実してくる。

『PARADISE ALLEY BREAD&CO.』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市小町1-13-10 鎌倉市農協連即売所内/営業時間:8:00~18:00(モーニングは~11:00、ランチは12:00~15:00、土・日・祝は7:30~)/定休日:不定/アクセス:JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅から徒歩5分

GARDEN HOUSE

鎌倉で緑に囲まれる朝

築約50年のアトリエを改装した屋内スペースと、緑豊かなガーデンテラスが融合したレストラン。古都・鎌倉の中でここだけが独立した別世界にあるかのような雰囲気に引き込まれる。平日利用の90%以上が地元客というが、人気を集める理由はコンセプトの「地域密着と手作り」が徹底されているから。朝採れの鎌倉野菜や湘南で育った平飼い鶏の有精卵を使用した丁寧な料理を、朝の清々しい空間の中で堪能しよう。

ベーコンエッグ1540円。
風が心地いいテラス席もおすすめだ。

『GARDEN HOUSE』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市御成町15-46/営業時間:9:00~22:00(モーニングは9:00~10:30)/定休日:不定/アクセス:JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅から徒歩4分

Pacific DRIVE-IN

海でつながる湘南とハワイ

ガーリックシュリンププレート1450円。

七里ガ浜を訪れるほぼ全員が足を踏み入れる、国道沿いの海側にある大型駐車場。その中央に位置するグルメスポット。イートインだけでなくテイクアウトも可能なハワイのプレートランチを中心としたメニューを提供する。湘南カルチャーの中心地で、爽やかな海風を感じながら食事を楽しみたい。おすすめはハワイノースショアのカフクで食べたぷりぷりの海老を再現した『Pacific DRIVE-IN』人気のガーリックシュリンププレート。

爽やかな光が差し込む店内。スタンドで注文し、テーブルで待つスタイルだ。
海沿いに似合う鮮やかブルーの看板とウッド調の建物が目印。

『Pacific DRIVE-IN』店舗詳細

住所:神奈川県鎌倉市七里ガ浜東2-1-12/営業時間:8:00~20:00/定休日:不定/アクセス:江ノ電七里ヶ浜駅から徒歩4分

江ノ島小屋

海の隣で半端なものは出せません

漁師汁定食1360円。

「当店のお刺し身は朝捕れの魚はお出ししません」と広報担当の苅米政彦さん。魚を骨ごと煮込んだポタージュのような味噌仕立ての「漁師汁」と、骨せんべいを一緒に味わう「漁師汁定食」は朝限定のメニューで、この品を味わうために遠方から訪れる客も多いそう。無農薬米のご飯、特殊な方法で下処理を行い数日寝かせることで旨みを増した刺し身もつく。“刺し身で旨い魚は、アラまで旨い”という店の理念を追求した定食なのだ。

テーブル席は広々、テラス席は眼下がすぐ海という立地だ。
つまんでご卵の煮汁卵かけご飯1260円。溶いた卵の上に魚の煮汁をかけ、削りたての本節をのせていただく。

『江ノ島小屋』店舗詳細

住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-12 江ノ島小屋1F/営業時間:8:00~19:00LO/定休日:不定/アクセス:江ノ電江ノ島駅から徒歩10分

取材・文=佐藤さゆり(teamまめ)、柿崎真英、四宮明子 撮影=オカダタカオ、淵江亮一