毘沙門せんべい福屋

伝統の味に品格を添えて

天日干しの旨さ光る名物・毘沙門せんべいをはじめ、豊富な品揃え。

所々の焦げ色は決して焼き過ぎではなく、旨さの引き立て役。数十年前、偶然工場の前を通り掛かった中村勘三郎は「もっと焼いてくれ、もっと!とせがんだそうです」と、福屋の2代目主人が教えてくれた。東京煎餅を引き立てるのは焦げの香ばしさと、名優は見透してた。ほのかな甘味をたたえた醤油味と手の平に収まるサイズ感、そして歯応えには品と程のよさがある。そこにちりばめた焦げ目に、愛嬌たっぷりの中村屋の笑顔が潜む。

手焼 勘三郎せんべい 1枚108円。
茶目っ気あふれる17世中村勘三郎丈の笑顔が見えるような一句。

『毘沙門せんべい福屋』店舗詳細

住所:東京都新宿区神楽坂4-2/営業時間:10:00~20:00(土は~18:00)/定休日:日・祝/アクセス:JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩3分

神田淡平

職人の遊び心が生んだ珍しいせんべいも多数

女将の鈴木佐代子さんと、若女将の晴絵さん。晴絵さんは元パティシエで「新風を吹き込んでくれました」と佐代子さん。

国産米を製粉し、生地を作ることから自社で行う。そのため、イカスミやシナモンなどいろいろなものを中に練り込み、バリエーションを増やせるという。とはいえ遊び心は果てしないが、奇をてらうわけではない。噛むほどに甘みが増すせんべいは、米の持ち味を生かすべく生地をよく寝かせ、配合も試行錯誤しているから。香ばしさに醤油の塩味、米の甘みがブワッと舞う。

激辛 特辛子煎餅 1枚210円。

『神田淡平』店舗詳細

住所:東京都千代田区内神田2-13-1/営業時間:9:30~20:00(土は10:00~18:00)/定休日:日/アクセス:JR・地下鉄神田駅から徒歩2分

にんぎょう町 草加屋

芸どころが認めた味を守って

絶え間なくせんべいを裏返すご主人は、まるで修行僧。

「一番大切なのは炭火です」と断言する3代目主人。最高の米を使い、砂糖は一切使わない。炭火で少しずつ焼くと自然の甘みと旨味が生まれる。備長炭の火おこしに2時間かけて焼き上げたせんべいは、清々しさすら宿る。キリリとした醤油味、パリンとキレのある歯応え。この江戸前せんべいを、近所にあった寄席に出演する噺家たちが買い求めたのもうなずける。明治座があり、かつて花街が栄えた人形町で、粋筋に認められた味だ。

手焼き煎餅 550円(5枚入り)。
年代ものの木箱で乾燥させる。
江戸前の噺家・3代目桂三木助の手拭い。

『にんぎょう町 草加屋』店舗詳細

住所:東京都中央区日本橋人形町2-20-5/営業時間:10:00~18:00(土・祝は10:00~17:00)/定休日:日・月/アクセス:地下鉄日比谷線人形町駅から徒歩2分

三原堂本店

和菓子をしのぐ実力派

人形町界隈の町名をデザインした化粧箱入りは、手みやげの人気者。

せんべいは手焼き醤油味に限る……と言いたいけど、この味と食感だけは脱帽もの。和菓子店なのに、今や和菓子全体と同じ売り上げを誇り「せんべいの『三原堂』と言う方が多くて」と営業部・伊藤さんが笑うように、一般客もせんべいファンも満足させる。口の中で躍るつぶつぶ感の心地よさと、香ばしい醤油風味と良質の塩のバランスが、後引く旨さを作り上げている。敢えて個性を抑えた出しゃばらぬ味わいに、街の老舗菓子店を感じる。

塩せんべい 442円(10枚入り)。
元は和菓子専門だが、洋菓子も手掛けるのがうれしい。

『三原堂本店』店舗詳細

住所:東京都中央区日本橋人形町1-14-10/営業時間:9:30~19:30(土・日・祝は~18:00)/定休日:無/アクセス:地下鉄半蔵門線水天宮前駅からすぐ

本手焼せんべい 喜作

熟練の手わざを目の当たりに

店頭では熟練の職人さんが、特製手袋をはめて黙々と炭火に向かう。

わざとこわし、二度づけという言葉と、炭火焼きの生地に醤油の染みた焦げ目……せんべいマニアには夢の様な風景だ。割れたせんべいを「久助」と呼ぶが、『喜作』で働く職人が、販売できない久助を再度醤油に付け焼きして食べてたのを見た先代が商品化したという。「地味な作業だけど、こうしないとおいしくできないんです」と3代目が言うように、熟練の職人さんがじっくり焼く。これを割って醤油を潜くぐらせるセンスに拍手!

かたやき 二度付おこげ 669円。
焼き台の上で、予熱を利用して焼き上がりの乾燥を行う。

『本手焼せんべい 喜作』店舗詳細

住所:東京都文京区関口1-7-2/営業時間:9:30~19:00/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄有楽町線江戸川橋駅から徒歩3分