噛むほどに味わい深く力強い太打ち田舎そば『蕎麦切り 翁』

創業70余年。戸越銀座商店街の東の端にそっと佇む『蕎麦切り 翁』は、決してアクセスがよいとはいえないのに、遠方からも通うファンが絶えない知る人ぞ知る名店だ。

そばは、細打ちと太打ちの2種類。細打ちは、北海道産のそばの実を石臼で丁寧に製粉し、中心に近い白い部分と粗挽き粉をブレンドした、のどごしのよいそば。太打ちは、北海道・山形・茨城・長野などから厳選したそばの実を殻ごと挽いて製粉した田舎そばで、味や香りがよく、噛むほどに味わい深く力強い。

季節に合わせて内容が変わるそば膳の天ぷらや茶わん蒸し、ご飯ものは、さまざまな味や食感が楽しく、満ち足りた気持ちにしてくれる。

初めて訪れてもほっとする居心地のよい空間や、つかず離れずの接客にも、普通や日常を大切にする3代目の想いが込められている。何気ない日も大切な日も、いつもよりちょっと豊かで幸せになれる、とっておきの1軒。

季節によって少しずつ変わる平日お昼のそば膳1300円。
季節によって少しずつ変わる平日お昼のそば膳1300円。
茹でたての太打ち田舎そば。ひんやりとした心地よさとそばの風味がいい。
茹でたての太打ち田舎そば。ひんやりとした心地よさとそばの風味がいい。
長年雨風に耐えた看板や引き戸に、お店の歴史を感じる。
長年雨風に耐えた看板や引き戸に、お店の歴史を感じる。

『蕎麦切り 翁』店舗詳細

住所:東京都品川区豊町1-7-6/営業時間:11:30~13:30LO・18:00~21:00LO/定休日:月・火/アクセス:東急池上線戸越銀座駅から徒歩12分、地下鉄浅草線戸越駅から徒歩10分

今日も熱々はふはふの焼き小籠包『龍輝』

『龍輝』の看板メニューである焼き小籠包は、戸越銀座商店街の食べ歩き商品のなかでも大人気メニューのひとつ。できたて熱々の焼き小籠包にはくれぐれもご注意を。油断すれば超熱々、灼熱、破壊力抜群の肉汁が口中を襲う。

ランチには鶏粥とのセットがおすすめだ。熱々の肉汁と、滋味あふれるやさしい鶏粥のハーモニーがなんともうれしく、満足度は抜群。ついてきたザーサイの塩味も良い仕事をしている。塩味を感じながら食べる鶏粥の味が引き立ち、食欲をそそる。卓上の黒酢をかけて味変させるのもいい。

夜はカップルで来店し、小籠包6個を2人でシェアしながら、ほかのメニューも頼んでゆっくりお酒を楽しむというスタイルの方も多いとのこと。「お酒の友」として蒸し鶏やよだれ鶏、牛煮込みやピータン、ザーサイなどいかにもお酒が進むメニューがしっかり用意されている。

平日ランチセット・鶏粥+焼き小籠包6個820円。
平日ランチセット・鶏粥+焼き小籠包6個820円。
スープが飛び散らないように十分注意してかじりつこう。
スープが飛び散らないように十分注意してかじりつこう。
ちょっと屋台を思わせるような店構え。店は奥に細長い。
ちょっと屋台を思わせるような店構え。店は奥に細長い。

『龍輝』店舗詳細

住所:東京都品川区戸越2-6-4 杵渕ビル1F/営業時間:11:00~20:00/定休日:無/アクセス:東急電鉄池上線戸越銀座駅から徒歩8分、地下鉄浅草線戸越駅から徒歩6分

都内に希少な博多スタイルの天ぷら『天ぷら食堂若鷹』

都内では珍しい、博多スタイルの天ぷら専門店。気取らず自由に過ごせる、子供も大歓迎のアットホームなお店だ。

お皿代わりのバットと揚げ網の上には、数秒前まで天ぷら鍋で音を立てていた、まさに揚げたてがどんどんサーブされる。熱々に喰らいつけば、プリッと歯切れのよいエビや、すっと嚙み切れる感動のイカを堪能できる。

ランチの定食は、品数によって呼び名の変わる天ぷら・若鷹・デラックスと、チキン南蛮、唐揚げから選ぶが、上エビ+半玉にグレードアップするのをお忘れなく。

珍しい豚肩ロースのスライス肉や、とろっとろの半熟玉子の天ぷらは、明太子や辛子高菜、もやしナムル、バラエティー豊かな卓上の調味料で自由にアレンジ。ご飯、みそ汁、明太子のお替りは無料なので、心ゆくまで味わい尽くそう。

カウンター越しに揚げたて熱々の天ぷらをどんどん入れてくれるシステム。
カウンター越しに揚げたて熱々の天ぷらをどんどん入れてくれるシステム。
大きな豚肩ロースの天ぷらもカラリと揚がって柔らかい。
大きな豚肩ロースの天ぷらもカラリと揚がって柔らかい。
店頭にはえび天のような不思議なキャラクターが。
店頭にはえび天のような不思議なキャラクターが。

『天ぷら食堂 若鷹』店舗詳細

住所:東京都品川区平塚1-12-5/営業時間:11:30~14:00・18:00~23:00(日・祝は11:30~15:00・17:30〜22:00)/定休日:月・火/アクセス:地下鉄浅草線戸越駅から徒歩1分

普段着で訪れたい。誰でも気軽に入れる『イタリア厨房 若王子』

都営浅草線戸越駅から徒歩4分、戸越銀座温泉のほど近くにある『イタリア厨房 若王子』。戸越銀座出身のシェフ・若王子資和さんが14年に渡るホテルシェフやフードコンサルタントを経て、2009年「誰でも気軽に入れるカジュアルイタリアン」というコンセプトでオープンした。ランチはオムライス2種、パスタ2種、ピザ1種。価格はすべて1000円で、サラダとドリンクがつく。

なかでも一番人気は、モッツァレラチーズとバジルのトマトソース。ピラフの上にふんわり卵、爽やかな酸味のトマトソースがかかっているオムライスだ。ミルキーなモッツァレラチーズが口の中でやさしく溶け合う。こちらのメニューは全体的に、優しいテイストなのも特徴だ。

そこには「戸越銀座にはお年寄りや子どもが多く、誰にでも食べやすい味にしています」という若王子さんの配慮があった。『イタリア厨房 若王子』は誰とでも気軽に食事ができるレストランなのだ。

ランチの一番人気のモッツァレラチーズとバジルのトマトソース1000円。
ランチの一番人気のモッツァレラチーズとバジルのトマトソース1000円。
イタリア人シェフ風人形に呼び込まれ、地下のお店へ。
イタリア人シェフ風人形に呼び込まれ、地下のお店へ。
木とレンガが調和した店内はさながら本場のトラットリアのよう!
木とレンガが調和した店内はさながら本場のトラットリアのよう!

『イタリア厨房 若王子』店舗詳細

住所:東京都品川区戸越2-5-4 黒川ビルB1F/営業時間:11:30〜14:30LO・18:00〜21:00LO/定休日:月/アクセス:東急電鉄池上線戸越銀座駅から徒歩6分、地下鉄浅草線戸越駅から徒歩4分

必ずまた食べたくなる特製ミートソース『SPERANZA』

戸越銀座の駅裏、細い路地にあるミートソース専門店『SPERANZA』は気さくなイタリアン。ランチメニューには、個性豊かな6種類のミートソースが並ぶ。一番人気は、9割以上の人がこれを選ぶ日もあるスペランツァ特製ミートソース。ミニパンとミニサラダがついて790円という財布にやさしい価格設定もうれしい。

口の中で踊るようなちゅるんとした食感の自家製の生フェットチーネが、ソースの肉感を引き立てる。初めて食べたのになぜか懐かしさを感じるほっとする味。オーナーシェフの北原さんには、忘れられない味の記憶がある。

25年前に1人でシチリアを旅していたときに出会った、素朴でなんてことない、でも忘れられないボロネーゼ。あのボロネーゼのような、ごく普通の味を目指している。「あの店でいいかというぐらいの気軽さで来てもらえたらと思っています」と語るシェフの料理は、普通だけど忘れられない余韻を残す味。

スペランツァ特製ミートソース。ランチはミニパンとミニサラダがついて790円。
スペランツァ特製ミートソース。ランチはミニパンとミニサラダがついて790円。
食感がよくソースがよくからむ自家製のフェットチーネ。
食感がよくソースがよくからむ自家製のフェットチーネ。
オレンジ色の壁が目を引く店内。カウンター席とテーブル席がある。
オレンジ色の壁が目を引く店内。カウンター席とテーブル席がある。

『スペランツァ』店舗詳細

住所:東京都品川区平塚2-16-13/営業時間:11:30~14:30(土・日は12:00~15:30)・17:30~22:30/定休日:月/アクセス:東急電鉄池上線戸越銀座駅から徒歩すぐ

おまかせ定食の刺し身が絶品! 『酒味処 みやこや』

都営浅草線戸越駅から徒歩5分。さりげない店構えに下町情緒を感じる『酒味処 みやこや』は、お昼からとびきりの魚が味わえる店。豊富なラインナップに迷ったら、3つのおまかせ定食から選ぼう。

ご主人は、その日に使う分だけを仕入れに豊洲に通う。研ぎ澄まされた包丁の技も鮮やかな刺し身。おまかせ定食は、お昼からヒラメ・真鯛・マグロの中トロという贅沢さ(魚の種類は日によって変更あり)。お盆の上には、赤いマグロと鮭、白いヒラメと真鯛とポテトサラダ、黄色い玉子焼き、緑の和え物と漬物と、色とりどりのおかずが並ぶ。やさしい味で栄養バランスのよい定食がうれしい。

実直で腕のよいご主人と、戸越銀座育ちで面倒見のよいおかみさんが切り盛りする店は、昼も夜も戸越界隈の幅広い世代に愛され、毎日通う常連も1人や2人ではない。忙しくなるとお客さんが店を手伝うこともあるという、下町ならではの温かい人付き合いが残っている。夜限定や季節のメニューも魅力的。

予想以上の品数に驚くおまかせ定食(B)1050円。
予想以上の品数に驚くおまかせ定食(B)1050円。
素材のよさだけでない、この包丁の技。惚れ惚れするほど美しい。
素材のよさだけでない、この包丁の技。惚れ惚れするほど美しい。
下町情緒漂うさりげない店構えに心惹かれる。
下町情緒漂うさりげない店構えに心惹かれる。

『酒味処 みやこや』店舗詳細

住所:東京都品川区戸越1-19-13/営業時間:11:30~13:30・17:00~21:00LO/定休日:日・祝/アクセス:東急電鉄池上線戸越銀座駅から徒歩7分、地下鉄浅草線戸越駅から徒歩5分

家庭料理を食べながらアイルランドの文化も学べる『巨人のシチューハウス』

戸越銀座商店街のいちばん端っこにある『巨人のシチューハウス』は、日本では珍しい、アイルランドの家庭料理を味わえるレストラン。オーナーは身長2mのアイルランド人だ。

店のメインはアイリッシュシチュー。シチューはアイルランドの家庭料理の定番で、日本でいう肉じゃがみたいなもの。なかでもおすすめは、アイリッシュラムシチュー。ラムと野菜が溶け込んだ独特の深い旨味に、ラム肉はホロホロ、野菜はホクホク。

シチューと一緒に楽しみたいアイリッシュコーヒーは、温かいコーヒーにアイリッシュウイスキーを加え、ホイップした生クリームをのせたホットカクテルドリンク。アルコールが苦手、またはランチタイムにアルコールは控えたいという場合は「ウイスキー抜き」「ウイスキーちょっとだけ」と注文しよう。

お店にはアイルランド関連の資料や書籍、ビールやお菓子も並んでおり、アイルランド文化を身近に感じることができる。

シチュー・サイドディッシュ・ソフトドリンクのセット1600円。
シチュー・サイドディッシュ・ソフトドリンクのセット1600円。
アイリッシュコーヒーはセットのドリンクとしてもオーダーできる。
アイリッシュコーヒーはセットのドリンクとしてもオーダーできる。
お店の看板も店内の壁も緑色。緑はアイルランドのシンボルカラーだ。
お店の看板も店内の壁も緑色。緑はアイルランドのシンボルカラーだ。

『巨人のシチューハウス』店舗詳細

住所:東京都品川区豊町1-3-11 /営業時間:11:30~20:00LO/定休日:月~金(祝の場合は営業)/アクセス:東急電鉄池上線戸越銀座駅から徒歩13分、地下鉄浅草線戸越駅から徒歩11分

『洋食工房 陶花』は、絶品オムライスが食べられる街の洋食屋さん

東急池上線の戸越銀座駅から戸越銀座商店街を中原街道方向へてくてく4分ほど歩いた左手にある『洋食工房 陶花』。この地で20年以上地元民に愛され、2世代、3世代に渡って通う常連が通う。そんな街の洋食屋さんの『陶花』でとくに人気で有名なのが、オムライスだ。

ランチタイムに食べられるオムライスは、オムライストマトケチャップ990円と、オムライスデミグラスソース1180円の2種類が基本。秋・冬限定(10~3月)でオムライスホワイトソース1180円、春・夏限定(4~9月)でトマトソースが登場する(すべてカップスープ・ミニサラダ付)。

その鮮やかな色彩美と優雅なフォルムに思わず「わぁ!」と、子供のように口を突いて出てしまうほど、ここのオムライスは麗しい姿をしている。表面がプルンとして、内側にトロトロが少し残る絶妙な仕上がりの玉子に、具材たっぷりのチキンライス。味も食感もケチャップとのバランスも、決して家庭ではマネできない職人技だ。

ずっと眺めていたいほどの完璧なオムライス。
ずっと眺めていたいほどの完璧なオムライス。
『洋食工房 陶花』という名は、オーナーシェフご夫妻が陶芸をしていたことから。
『洋食工房 陶花』という名は、オーナーシェフご夫妻が陶芸をしていたことから。
おしゃれで落ち着いた雰囲気の店内。奥にはお1人様でも利用しやすいカウンター席も。
おしゃれで落ち着いた雰囲気の店内。奥にはお1人様でも利用しやすいカウンター席も。

『洋食工房 陶花』店舗詳細

住所:東京都品川区平塚12-18-3 ファミール串田1F/営業時間:11:30~14:30LO・17:00~22:00LO/定休日:木・第3水/アクセス:東急池上線戸越銀座駅から徒歩4分、都営浅草線戸越駅から徒歩5分

『中国料理 百番』は、異色の3代目がプロデュースする人気の老舗街中華

東急池上線の戸越銀座駅から第2京浜を渡り、戸越銀座商店街に入ってすぐの場所にある『中国料理 百番』。店頭にずらりと並ぶ中華総菜や、独特な雰囲気の店内で食事を楽しむ客が、開店から閉店まで絶えることがない人気店だ。

ここで初めてランチを食べる客は、その種類の多さに驚くはずだ。日替わり定食や選べる定食、麺セット、レディースセットに百番オリジナル料理などなど、とにかく豊富過ぎるほどのバラエティ。何を食べるかを迷ってなかなか決められなくなるかもしれない。そんな時は、百番オリジナルの一番人気「特製酸辣湯麵」がおすすめ。

イベント関係の元サラリーマンの現・3代目オーナーである白井さんが、店のコックとともに100回近くの試作を繰り返して作り上げた『百番』でしか食べられない、滋味あふれるやさしい味わいの酸辣湯麵だ。1日に2回食べに来る人もいるというほど、やみつきになる味。戸越銀座に来たら、ぜひ食べておきたい逸品だ。

特製酸辣湯麵900円。試行錯誤を繰り返し完成させた特製スープ。百番自慢の味だ。
特製酸辣湯麵900円。試行錯誤を繰り返し完成させた特製スープ。百番自慢の味だ。
ひときわ目立つ独特の店構え。店名の『百番』は、先々代が最初に営んだ洋食店の名前からという。
ひときわ目立つ独特の店構え。店名の『百番』は、先々代が最初に営んだ洋食店の名前からという。
どことなく異国ムード漂う店内。食事を楽しむための大切なディテールだ。
どことなく異国ムード漂う店内。食事を楽しむための大切なディテールだ。

『中国料理 百番』店舗詳細

住所:東京都品川区戸越1-15-15/営業時間:月~金11:30~15:30LO・17:00~21:30LO、土日11:30~21:30LO ※祝日は各曜日の営業時間に準ずる/定休日:不定休/アクセス:地下鉄浅草線戸越駅から徒歩2分、東急電鉄池上線戸越銀座駅から徒歩4分

『天丼専門店 天丸』でリーズナブルに愉しむ天丼×シェリー酒の大人ランチ

都心の商業施設の中にあるカフェのオーナーだったという店主が営む、カウンター席だけのこじんまり落ち着いた雰囲気の天丼専門店。都営浅草線戸越駅から第二京浜を五反田方面にまっすぐ歩いて5分ほど、壁に描かれた大きな天丼が目印だ。

お店おすすめは、丼から横一文字にはみ出る大きなアナゴと海老、イカ、玉子、海苔の5種類の天ぷらがのった特上天丸天丼1000円。特上なのに、海老天丼1100円や小海老かき揚天丼1100円よりもリーズナブルでかなりお得な一品だ。また、天丼のほかに、定食や天ぷら盛り合わせ、お好みで頼める単品の天ぷらもある。

さらにここのもうひとつのおすすめは、なんとシェリー酒。お1人様で来店して天丼や天ぷらと一緒に、シェリー酒をサクッと愉しむ女性客も多いという。「シェリー酒と天ぷらは、すごく相性がいいんですよ」というダンディな店主にすすめられ、思いがけず「天丼×シェリー酒」の大人なランチとなった。この意外なペアリング、ぜひおすすめだ。

揚げたての天ぷらの香ばしい香りと、ごはんにしみたタレの甘い匂いがひとつになって鼻をくすぐる。
揚げたての天ぷらの香ばしい香りと、ごはんにしみたタレの甘い匂いがひとつになって鼻をくすぐる。
よく冷やされ、グラスになみなみと注がれたグラスシェリー酒550円。
よく冷やされ、グラスになみなみと注がれたグラスシェリー酒550円。
海老のシッポがはみ出した大きな丼のイラストがユニーク
海老のシッポがはみ出した大きな丼のイラストがユニーク

『天丼専門店 天丸』店舗詳細

住所:東京都品川区戸越1-1-10/営業時間:11:30~15:00・17:00~20:30 ※売り切れの場合は早閉まいの場合あり/定休日:月、火不定休/アクセス:地下鉄都営浅草線戸越駅から徒歩5分、東急電鉄池上線戸越銀座駅から徒歩7分

取材・文・撮影=京澤洋子、丸山美紀(アート・サプライ)、夏井誠、松本美和、パンチ広沢

戸越といえば戸越銀座。戸越銀座といえば、全長1.3キロメートルの“関東で一番長い商店街”。最近はやたらとマスコミに登場し有名になったが、もとはごくごく庶民的で物価の安い、凡庸な商店街だった。その魅力のほどを、45年前からこの地で育った私・武田がご案内したいと思います。