スポットを探す

東京都 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 北海道 山形県 愛知県 その他 全国 台湾 台北
1〜24件(全111件)
noimage
焼鳥MOZU(やきとりモズ)
看板料理は焼鳥だが、普通の焼鳥屋ではない。店内はサーフボードやヤシの木を飾り、廃材を利用したテーブルや海を描いた壁などがビーチハウスのような雰囲気を醸し出す。名物料理は熱々濃厚なチーズに絡めて味わう焼鳥フォンデュ。立大生の利用が多いので、リーズナブルな価格も魅力だ。
noimage
俺の出番(おれのでばん)
サンシャインシティのお膝元にあるラーメン店。元寿司職人の店主が作る1杯は、厳選された産地直送の魚介系、カニや甘エビ、アゴ、カツオ節、煮干し、サバ節など10種類以上を使用し、動物系は国産丸鶏やゲンコツを合わせた和風のWスープを使っている。数あるメニューの中でも「和しお」900円がおすすめ。スープのやさしい風味と、カツオ節、ユズの風味が加わって、さわやかな飲み口。ほか、自家製の秘伝味噌ダレを使った熟成みそ900円や、変わり種のうまとろ熟成カレー900円も人気。
noimage
AWESOME STORE&CAFE IKEBUKURO(オーサムストア アンド カフェ イケブクロ)
全国に60店舗以上展開する人気雑貨店AWESOME STOREの、カフェ併設店。建物内で雑貨店とカフェは繋がっており、右手側のカフェはニューヨークの街並みをイメージした楽しげな雰囲気。人気のベーグルはスイーツ系も食事系もあり、あえてベーグルの上に具材をトッピングしていて見た目も可愛い。具沢山のホットドッグや、FLY! PO!!! という名のフライドポテトもおすすめだ。
noimage
三ツ矢堂製麺 池袋サンシャイン60通り店
池袋駅東口のサンシャイン60通り沿いの2階。毎日手作りしている自家製麺は、小麦粉の等級や配合などすべてにこだわりがある。つけ麺のスープは豚骨主体で野菜の甘みもたっぷり。とろみがあるのでつるつるとしてしなやかな太麺に程よく絡み、相性抜群だ。食べる前に生の柚子を擦ってかけてくれるサービスも特徴。さわやかな風味がますます食欲を刺激する。バラエティ豊かなトッピングや季節限定メニューも楽しみ。
noimage
武蔵家 池袋(むさしや いけぶくろ)
中野に本店を構え、首都圏で20店舗以上展開している家系ラーメン店。2012年12月オープン以来、池袋西口の激戦区で人気を誇っている。麺は硬めから柔らかめ、味は濃いめから薄め、脂も多めから少なめのそれぞれ3段階で注文でき、卓上には味変アイテムのおろしニンニクやショウガ、ゴマやコショウなどが並べられる。家系というと背脂チャッチャ系のどろりとした濃厚スープが特徴だが、この店のスープは醬油の旨みが感じられる、さらりとした味わい。残ったスープは、無料のご飯にかけて、壺漬けや一味醬油、豆板醤などとともに最後まで楽しめる。ラーメン(並)650円。
noimage
妙法湯(ミョウホウユ)
民生委員を長年務めてきた店主のこだわりが詰まった椎名町の『妙法湯』。汚れや臭いが落ちるお湯を使用し、浴槽には惜しげもなく新しいお湯が投入されている。
noimage
レインボーパンケーキ 西武池袋店
原宿にある人気パンケーキ店の2号店。店内はシンプルでモダン。パンケーキはオーダーを受けてからメレンゲを立てて作られ、低脂肪ミルクを使用しバターを不使用など、身体にも優しいこだわりの逸品。オレンジ風味の自家製生チョコとオレンジの組み合わせが秀逸な、生チョコ&オレンジなどのほか、プレーンであるアイスクリーム&メープルもおすすめ。また、定期的に出る限定メニューも人気だ。
noimage
珈琲専門館 伯爵 池袋東口店(こーひーせんもんかん はくしゃく いけぶくろひがしぐちてん)
昭和57年(1982)創業で、東口エリアでも老舗格の喫茶店。真っ赤なベロア調の椅子、壁面に鏡や間接照明、天井にはステンドグラス調の照明カバーなど、欧風のホテルのラウンジのようなゴージャスさが特徴だ。ランチで味わうなら、昭和41年(1966)に開店した霞町レストランルームの味を再現した、角切りの牛肉がゴロッと入った東京ビーフカレー(ドリンク、サラダ付き)970円。味付けも甘めで万人好みなので、コーヒーとの相性もよい。定番メニューのピザトースト(ドリンク付き)850円もおすすめ。
noimage
SUNNY DAYS Pudding Café
店名の通り、看板メニューはこだわりのプリン。1階と2階は色とりどりのドライフラワー華やかにがあしらわれ、3階は緑豊かなバルコニー席になっている。常時6種あるプリンのうち、定番2種と期間限定1種が店内でオーダーできる。残りの3種はとてもやわらかく、持ち帰りのみの提供だ。プリンによって卵や砂糖の種類を変えているので、味の違いを試してみるのも◎。池袋駅から徒歩8分、ゆったりくつろげる雰囲気の穴場カフェだ。
noimage
GHIOTTONE(ギオットーネ)
イタリア通も通う池袋の老舗イタリア料理専門店『GHIOTTONE』。一歩足を踏み入れればイタリアの風を感じられる。パスタ、ピッツァはシングルサイズのほかに2~3人前のメニューもあるので腹ペコでも安心。グループで来店して食べ比べもおすすめ。イタリアをよく知るスタッフに料理に合うおすすめのイタリアワインを選んでもらうこともできる。めずらしいイタリア産生ビールを飲むこともできる。
noimage
MENYA NAKAGAWA(めんや なかがわ)
一見しただけではラーメン店に思えないほどナチュラル感のあるおしゃれな造り。特製とり魚介つけ麺は見た目も美しい。つけ汁は茨城産地鶏の鶏白湯に九十九里産の煮干しなどを加えていて、地鶏の旨みと魚介の風味がたまらない。吊るし焼きにしたチャーシューや鶏チャーシュー、味玉など、手が込んでいて旨い。特製鶏醤油らぁ麺1150円は、鶏清湯に生醤油のかえしを合わせ、芳醇な旨みとスッキリとした味わいが特徴。しなやかな細ストレート麺が一体になり、見事に調和している。
noimage
広島つけめん まるとちび(ひろしまつけめん まるとちび)
劇場通り沿いにある広島つけめんの専門店。店主の牛久さんは、かつてあった広島つけめんの店の常連客ですっかりその味にハマり、自分で出店するまでにいたった。つけ汁は、昆布出汁を基本のスープにし、合わせる2種類の辛タレも5種類の香辛料を組み合わせたもの。雑味がなく上品な味に仕上がりだから、喉ごしのよい細ストレート麺との相性もよい。トッピングには豚バラのチャーシューや蒸し鶏、茹でキャベツやオニオンスライスなどたっぷり野菜で、ヘルシーな1杯と人気だ。冬限定つけめん900円も登場する。
noimage
韓国家庭料理 自起屋(じきや)
韓国の家庭料理そのままの味が楽しめる韓国料理店。材料を韓国から直輸入して店で丁寧に作られたサムゲタンは男女ともに人気。サムギョプサルを手軽に食べられる、オリジナルのサムギョプサル丼もある。豊富なメニューで毎日通う人も。
noimage
牛かつ いろは
ランチ時は行列を作ることで有名な池袋の牛かつ専門店。厨房でさっと揚げた牛かつを、自席で焼いてからいただく。衣が薄いので、肉の食感がダイレクトに楽しめる。定食には岩塩、わさび、醤油、山わさびソースがセットされている。プラス100円でとろろ、明太子、わらび餅が付くので、好きな食べ方で楽しめる。
noimage
cafe pause(カフェ ポーズ)
フードもドリンクもデザートもお酒もいただける池袋の隠れ家カフェ。ギャラリーカフェとして、アートの展示も行っている。日当たりのよい窓際でボーッとするもよし、展示近くでアートに触れ合うもよし。日常を一時停止できるスペースは貴重。オーナーが3年かけて開発したブレンドコーヒーは絶品。ぜひ味わうべし。
noimage
ESPRESSO D WORKS 池袋(エスプレッソ ディー ワークス いけぶくろ)
小麦をテーマにしたベーカリー&カフェ。店内製造のベーカリー販売も行っており、小麦粉と水分の比率が100:100のワンハンドレッド(100)という食パンは、「純生」と「プレーン」の2種類、各2斤864円で販売する。またカフェでは、自慢の食パンをトーストで味わえるほか、独特の風味とトリュフの香り高さが特徴の「名物!トリュフオムレツ」1480円や、ふんわり、しっとりとしたプレーンパンケーキ1408円が人気メニュー。トップバリスタが厳選した豆のコーヒー638円との相性もよい。
noimage
ラーメン三原色(らーめんさんげんしょく)
2022年4月にオープン。店主の稲田勇貴は職歴も多彩で、その昔、居酒屋でも働いてたことがあるとか。この時から店のチラシやPOPなどを作るようになり、自分の店のロゴやメニュー表は自らデザインしたもの。看板メニューの特製塩そば1100円は、徳島県産・神山鶏のモミジと、根昆布を使ったスープに、ホタテやカツオ、サバなどを加えた塩ダレを合わせている。きれいな黄金のスープと上品な味わいが特徴的だ。低温調理した豚肩ロースを醬油で付け炙ったチャーシューを味わう、ネギ叉焼丼380円もおすすめ。
noimage
カフェ・ド・巴里(かふぇ・ど・ぱり)
池袋西一番街にあり、店内はベルベット調の椅子やシャンデリアなど、昭和レトロの佇まいが印象的。人気メニューの「喫茶店のナポリタン」はケチャップの甘さと酸味がやや太めのスパゲティに合わさった昭和の味わい。セットならば、サラダとドリンク(コーヒーまたは紅茶)が付く。「昔ながらの昭和プリン」650円もぜひ食べたい。卵の風味を強く感じ、それに負けない甘みが広がる。生クリームとサクランボがのった昭和のビジュアルだ。
noimage
HANABAR(はなばー)
ドライフラワーで店内が埋め尽くされておしゃれな雰囲気。「花×酒」をテーマにプロデュースしたドライフラワー作品が飾られている。メニューにはエディブルフラワー(食用の花)もあしらわれ、農家から直接仕入れているから季節感がある。一番人気はアイマツリカは、ジャスミンの豊かな香りと柑橘系ですっきりとした味わい。ソフトクリームが溶けるとほどよい甘さになる。エディブルフラワーとハーブがのるマフィン、イエローカレーやタコライスも好評だ。
noimage
火星カレー
インドでもない、タイでもない。その名は火星カレー。カレーマニアをも唸らせる未知の味が、たっぷりお肉とともに味わえる。ルーには、大人が一日に必要といわれている量の半分の野菜が使われており、辛さとご飯の量が選べる。自分好みのトッピングをしていただこう。
noimage
氷連(ひょうれん)
池袋西口から徒歩8分、3層の氷で作られる進化系のかき氷専門店。絶妙な温度管理でふわふわの氷を味わえる。大胆なトッピングやシロップがビジュアル映えすると大人気で、一匙すくうと氷の中からバラエティ豊かな具が出てくるのも楽しい。ソースやシロップの工夫により、最後まで水っぽくならずにおいしく食べられる。
noimage
家系ラーメン福袋(いえけいらーめん ふくぶくろ)
2022年4月28日にオープンした家系の注目店。醬油のキレと、動物系スープのコクが合わさったスープは大量の背骨を使っており、濃厚だがさらっと飲みやすいのが特徴だ。塩けもちょうどよく、ライス100円で最後の1滴まで楽しめる。モッチリ、プリッとした食感の中太平打ち縮れ麺、とろけるような柔らかさのチャーシューとの調和もよく、ボリュームはあるものの食べやすい1杯となっている。福袋盛りラーメン1000円。
noimage
オヤツハイツ
古い一軒家やアパートをリノベーションして再開発した西池袋の小さな一角『ニシイケバレイ』。このエリアにある古い木造アパートの2階のシェアキッチンでは、曜日ごとにさまざまな店が開店していて、水曜日の担当が『オヤツハイツ』だ。素朴でやさしい味のチーズケーキが自慢で、プレーンやバスク以外にも種類が豊富で、ほうじ茶を入れた茶色のものやハーブティーのバタフライピーを入れた青いものなど変わり種のチーズケーキも。キッシュやタルトなどの焼き菓子も好評。ハンドドリップするコーヒーとともに、ゆったりとした時間が楽しめる。
noimage
Kimi Natural 73+ CAFE
旅好きな外国人が集う、池袋・貴美旅館の中にあるカフェ。宿泊用の個室を家族や仲間同士で使用できるので、ゆったりリラックスしてスペシャリティコーヒーが飲めると評判だ。農薬の少ない野菜や無添加の食材、質のいい調味料を使い、安心安全なおいしさを提供している。ランチで人気なのがイタリアの軽食であるピアーダ。小麦粉とオリーブオイル、塩を練って薄く焼いた自家製の生地に、生ハムやカマンベールチーズ、野菜をたっぷりとはさむ。ボリューム満点の一品だ。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ