朝。まだ夢うつつのこの街で、いち早く開ける店がある。日本茶カフェ『LE LIEN』だ。「朝起きたらまず、日本茶が飲みたいんですよね」と、店主の近藤祐子さん。お茶の支度が整うと、犬の散歩や夜通し起きていた人が、待ってましたと立ち寄っていく。やがて、パン屋、喫茶店が店を開けると、街がようやく起き出すのだ。
もともと喫茶文化が息づく西荻で、昨今お茶文化が広がりを見せている。茶を喫し、語らいながら店をはしごするイベント「西荻茶散歩」は10周年を数え、台湾茶も含めたお茶専門カフェの出店も相次いでいる。日本茶とコーヒーの組み合わせを提案する独創的な店だってある。
そのなか、路地に潜む『茶舗あすか』は、さしずめ小さなお茶の学校だ。所狭しと茶葉、茶器が並び、高級茶葉ですら試飲価格。ゆっくり煎を重ねながらの茶飲み話も奥深い。店主の渡邉恵子さんは「私、お茶の先生よ」と、月1で茶塾を開き、茶葉の飲み比べや、勉強会を続けている。ここで知識を身につけ、日本茶カフェを開いた人は少なくない。

一方で、あんこ派による新提案も勃発中だ。「西荻は昔からお茶の街。年配者も多いからか、お茶屋さん、和菓子屋さんがとにかく多彩です」と、『藤の木』の下田将司さん。贔ひいき屓の店の味を家族団らんのひとときに味わう家が多いのだろう。「うちのも手にとってもらえたら」と、あんぱんだけでも種類多彩だ。他にも、紅茶と甘味を合わせる店、締めに和菓子を出す酒場があり、正統派甘味処も健在だ。とかくユニークな店が多いのは「西荻の人は個性の強い方が多くて、こだわりのある店に集まるんです」と、『Satén Japanese tea』の小山和裕さん。
徘徊すると、渋みと甘みの世界が無限に広がっていく。より深く豊かに味わえば、人生の渋みも増していくに違いない。

LE LIEN

午前のおやつタイムにもうってつけ

上生菓子350円(写真は照葉)は吉祥寺『茶の湯菓子 亀屋萬年堂』製。毎週木に新作登場。特天竜茶在来600円は3煎重ねて香味変化を堪能。

早朝から開ける近藤祐子さんは、大の日本茶党。煎茶11種に、和紅茶、玄米茶、ほうじ茶を揃え、茶葉が開いたのを確認して淹れてくれる。お供には上生菓子を。「お客さんに紹介してもらい、すごく気に入ってしまって」。やさしい甘みが舌に広がり、お茶に寄り添う。

「朝起きたらまず、日本茶が飲みたいんですよね」と、店主の近藤祐子さん。
近藤さんが淹れると茶葉絨毯(じゅうたん)に。

『LE LIEN』店舗詳細

住所:杉並区西荻北4-35-12/営業時間:6:00~ 13:00LO(12~3月は7:00~)/定休日:火・水/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩11分

藤の木

あんこラバーズが考案

こしあん、つぶあんのコッペパン各220円、薄皮あんぱん、こしあんぱん各140 円、塩パンあんサンド200円、生食パン450円とフレンチトースト170円。

昭和12年(1937)創業のパン屋にあん系の多いこと。3代目店主の下田将司さんは無類のあんこ好き。つぶあんを4分の3もぎっちり詰めた薄皮あんぱんの他、国産小麦の生食パン、ゲランドの塩パンにもあんをイン!  「さすがにあんカツサンドは失敗でした」と笑いつつ、日々新作を練る。

「西荻は昔からお茶の街。年配者も多いからか、お茶屋さん、和菓子屋さんがとにかく多彩です」と、下田将司さん(右)。

『藤の木』店舗詳細

住所:東京都杉並区西荻北3丁目16−3/営業時間:8:30~19:00/定休日:日・祝/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩3分

Satén Japanese tea

お茶の新しい表情にも出合える

目の前でお点前を披露した抹茶を、バリスタが仕上げる抹茶ラテ600円。あんバタートースト500円と。

しゃれた風情の日本茶カフェでは、狭山、掛川など、単一農園のシングルオリジンを、2週間ごとに替えながら常時2種用意。抹茶は香り豊かな宇治『製茶辻喜』製だ。茶リスタの小山和裕さんが、バリスタの藤岡響さんと組み、日本茶×コーヒーの独創的なお茶も考案。新世界の幕開けだ。

左が小山さん、右が藤岡さん。「夜は茶×酒もあります」。
濃茶を茶筅で練る。

『Satén Japanese tea』店舗詳細

茶舗あすか

茶葉も知識も無尽蔵、西荻きっての茶の聖地

白玉ぜんざい(お茶付き)のほか、緑茶も和紅茶もハーブティーも菓子付きで500円。

路地に潜む『茶舗あすか』は、さしずめ小さなお茶の学校だ。所狭しと茶葉、茶器が並び、高級茶葉ですら試飲価格。ゆっくり煎を重ねながらの茶飲み話も奥深い。「どんなものが飲みたいか、好みを教えてくれれば出しますよ」と、大の日本茶党の渡邉恵子さん。山の奥地で自生する在来種や、手摘みの熟成茶など、扱うのはおよそ100品種! 48年前より販売をはじめ、やがて茶塾、喫茶も催すように。ざっかけない風情だが、天目茶碗で抹茶を出す時も。

あすかさんと皆が呼ぶ渡邉さんは茶の伝道師。

『茶舗あすか』店舗詳細

住所:東京都杉並区西荻北3丁目21−2/営業時間:11:00~20:00/定休日:日・祝/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩2分

喫茶去 一芯二葉

紅茶にもあんこが合うんです

ネパールのヒマラヤンブーケカップティー650円~とイングリッシュスコーン550円。こしあんも選べるジャム、クロテッドクリーム付き。

「少し特別感を感じるものを」と保坂拓さんが揃える茶葉は常時30~40種。選んだカップでいただけば、豊かな香りがのぼる。紅茶に加え台湾茶も増加中だ。奥様の寿子さんが炊くこしあんは、甜菜糖でコクと風味が引き出され、おしるこなどで堪能できる。あっさりめのダージリンと。

店主の保坂さん。
もなか390円。

『喫茶去 一芯二葉』店舗詳細

住所:東京都杉並区西荻北3丁目31−13 103/営業時間:12:00~20:00/定休日:火(不定休あり)/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩4分

甘いっ子

ツヤツヤ黒光りする珠玉のあん

白玉ぜんざい850円にはクリーム付き1000円もあり。

使うのは北海道産の豊祝。「粒が大きくて味がいいんです」とは、2代目の池直志さん。粒を潰さぬようかきまぜずに鍋を揺らし、ザラメでコクを引き出す。つぶあんはぷっくりツヤピカなのに、なめらかでふくよか。餅粉を加えた白玉の弾力と舌触りにも惚れる。餅も自家製だ。

1965年創業。夏のかき氷が有名だが、あんが主役の甘味が冬の味。

『甘いっ子』店舗詳細

住所:東京都杉並区西荻南2丁目20−4/営業時間:11:00~18:00(無くなり次第終了)/定休日:月/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩4分

一軒家カフェ&サロン hana

小豆の魅力の幅広さに開眼

あんは大納言に金時豆を配合。薬膳ぜんざい770円、特製あずき茶のホット495円。

「心地いい空間で、ヘルシーかつおいしくてユニークなものを提供したい」と、朴さんは奥様と古民家1階で「あずきパーラー」を始めた。自家焙煎のあずき茶に、朝鮮人参やナッツを加えた韓国風ぜんざい、フルーツと重ねたバーガーなど、他では味わえぬ小豆ずくめだ。

ハニーフルーツあんバーガー990円を持つ朴さん。

『一軒家カフェ&サロン hana』店舗詳細

住所:東京都杉並区松庵3-37-2/営業時間:11:30~17:30LO
※営業時間は変更の場合あり/定休日:月・木/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩4分

をかしや

酒の締めにうれしいとろりとした甘み

季節の練り切り700円を、オリジナルデザイン「雪の結晶」で。筋子味噌漬600円、にいだしぜんしゅ1合1000円。席料500円。

コノハズクのチョビが店先にいたら、開店の合図。薄明かりの中、皆がアテをつまみつつ、燗酒をゆるゆる飲む。締めは和菓子を。長く和菓子の仕事に携わってきた店主の戸辺麻理子さんが、目の前で見事な手さばきを披露し、美しい練り切りを拵える。出来たてはとろりやさしく、やわらかな口どけだ。

目の前で実演してくれる。

『をかしや』店舗詳細

住所:東京都杉並区西荻南2丁目24−2/営業時間:19:00~24:00/定休日:日/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩3分

取材・文=佐藤さゆり 撮影=阿部 了
『散歩の達人』2019年12月号より