添谷書店

益子焼を究めるには、まず書籍から

難しそうな陶芸の専門書も。ちょっと立ち寄って知識を仕入れたい。

明治34年(1901)創業、益子の歴史とともに歩んできた、町なかの老舗書店。「つくるひと・みるひとに役立てれば」と、焼き物に関する書籍や図録を豊富に揃えている。筆や和紙、陶の文具、益子のポストカード、子供向けのオモチャなども。通りに面した『addギャラリー』には陶器作品も展示。

濱田庄司の写真とともに、70'sなLPジャケットも多数ディスプレイ
住所:栃木県益子町益子1688/営業時間:10:00~19:00/定休日:日・祝

日下田藍染工房

伝統的な草木染の手法を守り伝えて200年

築200年を超える茅葺屋根の母屋は、住居を兼ねた藍染めの作業場

創業した寛政年間(1789~1800)からの染場で藍を染める工房。藍染めに関わりの深い木綿の伝統も守るため、種から育てた綿を紡いで手織りする作業にも取り組む。明治中頃まで庶民の衣類の8割に用いられた藍染めには、丈夫で色褪せせず虫除け効果も。そんな藍染の木綿やコースターをみやげに。

藍染めの甕場。益子焼の歴史より古いため、72個の藍甕は常滑焼。
住所:栃木県益子町城内坂1/営業時間:8:30~17:00/定休日:月

ハナメガネ商会

「ヲトメゴコロ」をくすぐる個性派古書店

益子本通りから少し奥まった、築100年ほどの小さな古民家の店。

「ヲトメゴコロ」なテイストでレトロに飾った店内に並ぶ女性実用書や絵本、かわいいレトロ雑貨やコケシにほのぼの。奥の間は月替わりのギャラリースペース。

「昭和の奥さんの本棚みたいなもの」をイメージしながらセレクト
住所:栃木県益子町益子1665/営業時間:11:00~17:00/定休日:水、木、第2・第4日ほか

ましこ世間遺産

「世界」でなく 世間」遺産を知って益子ツウに

「関東の駅100選にも選ばれた駅舎が斬新」と認定された益子駅

生活にとけ込んだ身近な存在で、地域で愛され将来にわたって守り伝え育成していきたい風土・風景・風習・食文化などを認定登録、魅力を発信して町を活性化しようというプロジェクト。2年前に始まり、現在認定されているのは46件。2020年度までに55件認定登録することが目標という。観光客にあまり知られていない、地域の隠れた史跡や風習を知るよい取り組みだ。

西明寺

益子氏ゆかりの「笑い閻魔」に会える古刹

高さ約2.5mの大きな閻魔像。豪快に笑っているように見える。

天平9年(737)行基菩薩の草創とされ、宇都宮氏や益子氏に庇護された。閻魔堂のユニークな「笑い閻魔」を描いた御朱印が人気の坂東巡礼第20番札所としても知られる。ここに城を構えた益子氏の祖の一人で「土佐日記」で知られる紀貫之が本堂奥に祀られている。

明応元年(1492)築の楼門と三重塔、本堂厨子の3つが国の重要文化財
「笑いエンマ両面」1000円
休憩所の『獨鈷處(どっこいしょ)』で県内産ソバで打つ二八蕎麦に舌鼓。ざる800円。
住所:栃木県益子町益子4469/定休日:無