コーヒーは、“私好みの一杯”を

ハンドドリップコーヒー610円〜。写真のカップはリチャードジノリ。

「ハンドドリップコーヒーは、深煎りから浅煎りまで30種類ほどを用意しています。味の好みを言っていただければ、お客様に合わせたコーヒーをお出しします」と中目黒店の責任者、太田亜沙美さん。

漠然と「コーヒーは老舗の喫茶店特有の苦い味が好き」「どっしりとした甘さのケーキに合わせて飲む派」「最近流行りのフルーティーなコーヒーを試してみたい」などと何気ない会話の中で、その人にマッチする一杯を探してくれるのだ。コーヒーカップも一杯ずつ違ったものを出してくれる。

お客様に喜んでもらうことが流儀(ファソン)

二面から外光が入る窓際席。

店主の岡内賢治さんは、元々はコーヒーとは関わりのない会社員だったが、コーヒー好きが高じて脱サラし、ネルドリップの喫茶店でコーヒー修業を始めた。その後、2009年前に中目黒店をオープン。とにかく「人に喜ばれる仕事がしたかった」という岡内さん。店名の「ファソン」はフランス語の「流儀」。おいしいコーヒーを淹れることもその一環だ。

今では『カフェファソン』の自家焙煎のコーヒーは、有名ブーランジェリーやミシュランに載るレストランにも卸している。

かわいらしい天使の絵も常連客の作家さんの作品。

カップに注いだコーヒーがゼリーに!

6時間かけてじっくり抽出した香り高い水出しアイスコーヒーも自慢。なかでも、甘いミルクの上にアイスコーヒー浮かばせたカフェ・オレ・グラッセ660円は、ワイングラスで供され、見た目も美麗。

カフェ・オ・レ・グラッセは、コーヒーとミルクが混ざらないように慎重に注がれる。
カップの中でゼリー状になる。まほうのコーヒーゼリー660円。

ほか、あんこをトッピングしたアイスクリームにシェイカーでコーヒーを注ぐと、みるみる内に固まり、ゼリーになる、まほうのコーヒーゼリー660円もぜひ。

まほうのコーヒーゼリーは温かいコーヒーを注いで。

目の前で作ってくれるので、その秘密を探ってほしい。ちょっとしたユーモアに心和むスイーツながら、自家製のあんこも控えめな大人の味だ。

おしゃれだけど居心地のよい中目黒の隠れ家

コーヒー豆の麻袋に刺繍ししている。絵画と同じ作家さんの作品。

中目黒の駅から徒歩1分ほど、ビルの奥にあるエレベーターを上った3階に入り口がある。ちょっとした隠れ家風の立地ながら、店内の大きな窓からは緑が覗き、日の光が気持ちいい窓際席もある。反面、個室のように囲いがある席もあるので、適度なプライベート感も保っている。

壁に飾られた絵の作者を聞くと、店内の全ての絵は同じ作者で、しかも『ファソン』に通うお客様の作品なのだそう。店頭にかけられた麻袋の刺繍も同じ方の作。

中目黒店の責任者、太田亜沙美さん。

「お子様からご年配の方まで、またはおひとりさまなど、プライベートでもお仕事でも、幅広い方に楽しんでいただきたいです」と太田さんは、笑顔で話してくれた。クラシカルな雰囲気ながら、実は懐の深い店なのだ。

バスクチーズケーキなどの自家製のスイーツや、サンドイッチもある。
住所:目黒区上目黒3-8-3 千陽中目黒アネックス・ビル3F/営業時間:10:00~22:00/定休日:なし/アクセス:東急東横線中目黒駅から徒歩1分

取材・文・撮影=新井鏡子