博のつまらなさを構成する4大要因

『男はつらいよ』シリーズの登場人物のうち、たとえばタコ社長御前様あけみ満男源公などは個性的で面白味にあふれ、スピンオフの作品ができてもおかしくないキャラクターだ。実際、満男やあけみには、準主役的な作品もある(満男:第42~48、50作。あけみ:第36作)。

が、同じレギュラー陣でも、さくらの夫・諏訪博の場合はそんな作品(たとえば『印刷工はつらいよ 独立奮闘篇』みたいな?)はとても考えられない。つまらないヤツだからだ。

なぜそこまで博はつまらないヤツなのか。その要因を整理してみると、
・コンプレックスの塊
・愛の話がクサい
・理屈っぽい
・労働者ヅラ
といった点が浮かび上がった。

うーん、見るからにつまらなそうだ。では、具体的にどれほどつまらないか、以下にそれぞれ見ていこう。

コンプレックスがつまらない!

コンプレックスは大なり小なり多かれ少なかれ誰しもが持っているもの。決して悪いことじゃない。しかし博は学歴とか職業とか収入とかに大きなコンプレックスを抱え過ぎて、ちょくちょくそれらが言動に表れるから厄介だ。

博は、大学教授(北海道大学農学部名誉教授 インド古代哲学研究)の父・諏訪飇一郎(ひょういちろう 演:志村喬)を筆頭に2人の兄や姉も高学歴というインテリ一家に育ったが、厳格な父への反抗からか高校を中退してしまう(つまり中卒)。で、結局、タコ社長に拾われて印刷工となるわけだが、こうした履歴が博に消せないコンプレックスをもたらした。

「大学に行けなかったのがどうして悪いんだ。大学を出なければまともな口を利けないのか!」(第8作)
→学歴コンプレックスがインテリの兄や姉に対する憤怒となった一幕。

(一軒家計画を寅さんに茶化されて)「兄さん、ひどいこと言うな、いくら兄さんだって、そんな、そんな言い方は」(第9作)
→一軒家を持てないコンプレックスでいじける。

「僕たちにだってね、ピアノを欲しがる権利はあるんだ!」(第11作)
→権利とかの問題か? 屁理屈なコンプレックスでした。

「僕にも言わせてくれよ、たまには。そらあ僕は職工です。大学にも行けませんでした。そんな僕が満男にどれだけ夢を託しているか。そんなこと子供を持ったことがない兄さんにわかってたまるか!」(第18作)
→学歴&職業コンプレックスだけど、それを寅さんにぶつけてもムダだって。

こうした博のコンプレックスを聞いているとつい同情してしまいそうになる。
でもちょっと待てよ。博は経済的な事情で大学に行けなかったんじゃないでしょ?仕事にしたって自分で選んだんでしょ?
それを棚に上げといてあれこれ言うのはどーよ?逆ギレもいいとこ。つまんないねえ。

「そらあ僕は職工です」(第18作)と博に言わしめる勤務先「朝日印刷所」。社員にそう言われる会社って、思えば気の毒でもある。(葛飾柴又 寅さん記念館)

愛の話がクサくてつまらない!

寅さんは滅多に愛を語らない。まれに語っても至って単純明快で不器用、そして清々しくもある。
「それが日本の男のやり方よ」(第24作)
ってところだ。
その点、博は熱く、クサく、そして哲学的に愛を語りたがる。それも初回から全開だからウンザリする。

「兄さんも男なら1度くらい心の底から女の人を愛したことがあるはずだ」(第1作)
→ほぼ初対面の寅さんに愛を問うKYぶり。

結婚前のさくらに対しても、
「僕の部屋からあなたの部屋の窓が見えるんだ…」(第1作)
→もう軽いストーカーだ。

時を経ると、博の愛の話は哲学臭さを帯びてきて…、
「それは違うな、人間は誰だって恋をしますよ。恋愛というのは人間の美しい感情ですからね」(第10作)
「それ(愛)はどんなに高いお金を出しても買えないものですよ」(第11作)
「兄さんが美しい人に恋をする。これは兄さんが人間として生きていることの証しですよ」(第12作)
「兄さんの幸せのために(乾杯)」(第13作)
→第10~13作にいたっては、こーんなクサい愛の話が定番シーンに。もう窒息しそ~!

聞かされた人(おもに寅さん)はさぞかし辛かったろう。さぞかしつまらなかっただろう。よくぞ我慢したと誉めてあげたい。

満男や泉ちゃんの通った高校としてロケに使われた都立葛飾野高校。博の学歴コンプレックスは、満男の教育方針にも大きく影響するのだ(第18作、39作ほか)。

理屈っぽくてつまらない!

寅さんの嫌いなもの、「洋式便所」に「飛行機」、そして「理屈」だ。そして、この理屈っぽさは、博のつまらない言動の象徴でもある。

「それは兄さんの被害妄想じゃないのかなあ。いや心理学の言葉なんですけどね」(第6作)
→ダメだって。寅さんに“何とか学”の話をしちゃあ。

「それじゃあ何ですか、兄さんは悪口言うときしか笑わないんですか?」(第10作)
→あーあ、理屈を通り越して屁理屈だあ。

「つまり人間は何のために生きているのか。つまり人間存在の根本について考えるっていうか。もちろんですよ!そういうことを考えない人間は本能のままに生きてしまうってのか、早い話がお金儲けだけのために一生を送ってしまったりするんですからねえ」(第16作)
→話が長くて解りづらいのは、博、あんたの本能か?

「お言葉を返すようですがね兄さん、失恋して成長するなら兄さんは今ごろ博士か大臣になっているハズじゃないですか」(第45作)
→よっ理屈大臣!

「ボランティアって言葉が当てはまるかどうかしらないけど、兄さんみたいな既存の秩序、もしくは価値観とは関係のない、言ってみればメチャクチャな人がだよ、ああいう非常事態には意外な力を発揮する。まあ、そういうことになるのかな」(第48作)
→シリーズの最後の最後まで理屈っぽい博さん。「なんだよお、全然わかんねえよ」という満男のリアクションがすべてを物語っていますよ。

とまあ、書くのも読むのもイヤになるくらい理屈っぽいですな。こう言っちゃあなんだが、散歩先生(第2作 演:東野英治郎)や山形の和尚(第16作 演:大滝秀治)や田所先生(第16作 演:小林桂樹)、それに御前様の語る理屈(ものの道理)は、理屈嫌いの寅さんの心にも観ている人の心にも深く染みる。その一方で、博よ、お前はどうだ?え?

こういう人には寅さんからビシッと叱ってもらおう。
「人間はね、理屈なんかじゃ動かねえんだよっ」(第1作)

学歴や職業のコンプレックスを乗り越えて、第26作で悲願の一軒家購入!ちなみに諏訪家のロケ地は計4回変わっていて、これは第3代の諏訪家(第43~45作)のあった辺り(帝釈天から江戸川の約2.5キロ下流 北小岩エリア)

労働者ヅラがつまらない!

寅さん曰く、
「労働者の代表のような顔」(第11作)
にして
「面白くもなんともない男」(第10作)
の博。
言い換えれば、博は労働者のつまらない側面をおおよそ持ち合わせている男なのだ。

まずは給料や待遇に対する愚痴…、
「僕たちが貧しいのはなにも僕たちのせいじゃありませんよ。我々労働者は今の日本の現状では…」(第11作)
「仕方ありませんよ。月給が安いんですから」(第22作)
→置かれた状況をすべて世の中や会社のせいにして、あきらめモードの博。

その一方、
「仕方ないですよ、技術革新の時代だからなあ。ついていけないんですよ社長は」(第29作)
「長期的展望というものが全くないんですからね」(第32作)
→自分には甘いのに社長には手厳しいのね。

かつて
「人生は賭けだよ」(第6作)
と言い切り、独立も企てた野心家の博のこと、
「オレの工場が潰れたって引く手あまただから…」(第27作)
とタコ社長が太鼓判(?)押すようにその気になればいい条件での転職もできただろう。

それでも結局、朝日印刷所に勤め続ける生真面目さも、いっそう博のつまらなさを醸し出す。

仕事の愚痴、上司や会社への不平不満、大いに結構。みんなやってますよ。でも博さん、労働者ヅラを引きずって嫁の実家のお茶の間でそれをやっちゃうのは、相当つまらないヤツと思うけどなあ。

現存する第4代の諏訪家(第46~48作)。所在地は柴又エリアではなく帝釈天から江戸川を約3.5キロ下った北小岩エリア。「とらや」や「朝日印刷所」と気軽に行き来するにはビミョーな距離。

博は鏡に映った自分の姿か?

「寅次郎くんが言うように、あれは私に似て頑固なだけで面白くもおかしくもない人間ですから」(第22作)
と父親の言葉を引用するまでもなく、博は“つまらなさ”のクラスターだ。

しかし「博=つまらないヤツ」と切り捨てる前に一旦、胸に手を当てて我が身を振り返ってみてほしい。博の抱える多くのつまらなさのうち、誰しも2つ3つは思い当たるのではないだろうか?

筆者も先日、浅草の場末の小料理屋で、つい無い物ねだりの愚痴を吐き「あんた、つまんない男ねえ」とママさんにバッサリ切り捨てられたばかりだ(詳細は書けないが、上記4大要因すべてがあてはまり我ながら驚いた)。

そうなのだ。このつまらない博という男こそ、鏡に映った自分の姿だったのだ。

ともあれ誰が博を“つまらないヤツ”と笑えるだろう。会社にも家庭にも夜の街にも、世の中は博であふれ返っている。むしろ現代社会は圧倒的多数の博で成り立っているのだ。

取材・文・写真=瀬戸信保

年がら年中、ほぼ金欠状態と言える我らが寅さん。そんな寅さんに妹・さくらはときにはそっと、ときには呆れつつ、そしてときには怒りをにじませながら、援助の手を差し伸べる。では、さくらはシリーズを通していったい総額でどれくらいの援助をし、その金はどれぐらい還ってきたのだろうか? 他人の財布のなかを探るなんざあ、はなはだ野暮で下世話な所業だが、さくらと寅さんの金銭関係を覗いてみたい。イラスト=オギリマサホ
国民的映画『男はつらいよ』シリーズ。その魅力は言うまでもなく主人公・車寅次郎の巻き起こすエピソードだけど、それがすべてと思っちゃあいけねえよ。言い替えれば主人公以外の設定に、同シリーズの隠れた魅力があるってもんだ。その1ピースが 「とらや」裏手に構える町工場「朝日印刷所」。今回は、そんな『男はつらいよ』シリーズの名脇役、朝日印刷所にスポットを当てその軌跡を辿ってみたい。イラスト=オギリマサホ
およそ人は何か社会の役に立っている。実社会でも、フィクションの世界……たとえば「男はつらいよ」シリーズのなかでも。が、この人は果たしてそうだろうか? そう、帝釈天の寺男・源公(演:佐藤蛾次郎)だ。正直言って、源公の存在価値をまともに考えたことがない。いや、それ以前に存在価値があるのだろうか、コイツには!誰か教えてくれ~い。と言っても誰もやりそうにないので、当稿で探求してみたい。イラスト=オギリマサホ
タコ社長の娘・あけみ(美保純)。『男はつらいよ』レギュラー陣のなかでは出演作が全8作(第33作~39作および50作。幼少期は除く)と少ないが、そのあばずれな言動と憎めない性格から、“女寅さん”として推しキャラとするファンも多い。またインパクトのあるバイプレイヤーとしてだけではなく、“寅さん観”を醸し出す上で欠かせないナビゲーターだ。ただ惜しいかな、あけみの詳細はかのシリーズでは断片的にしか語られていない。それだけに、「そ、想像が、も、妄想が膨らむぅ~」と悶絶する諸兄も多いことだろう。そこで今回はあけみの実像を追ってみた。これは日本一詳しいあけみの軌跡である。イラスト=オギリマサホ
「お前はそれほど馬鹿か?」「相変わらず馬鹿か?」「ほんとに馬鹿だねえ」誰が誰に対して言っているかはさておき、『男はつらいよ』シリーズには、たくさんの馬鹿にまつわるセリフが飛び交う。なかでもおいちゃん(「とらや」6代目店主・車竜造)が寅さんと絡んだときの馬鹿っぷりは、ほとんど名人芸だ。そこで今回は歴代おいちゃん3名(森川信、松村達雄、下條正巳)の馬鹿っぷりを検証しながら、現代社会と馬鹿との関係を真面目に考えてみる。
全世界的に巣ごもりが奨励される昨今ですが、みなさまいかがおすごしでしょう? いい加減飽きた? 狭い家に何人も一緒じゃ息が詰まる? コロナ離婚寸前?…って、お父さんもおかあさんもお嬢ちゃんもリフレッシュが必要てなもんでしょう。なら家で映画でもってことになるわけですが、家族みんなで楽しめるのはなかなかありません。そんな時、頼りになるのはやっぱり寅さん! 日本一『男はつらいよ』を見た男=瀬戸信保氏がシリーズ50作を再検証し、さんたつ的に正しくマニアックな寅さんの見方、歩き方を数回にわけてご指南する短期集中連載です。イラスト=オギリマサホ
この人無くして柴又帝釈天の参道界わいは語れない。いや、語っちゃいけない。そう、帝釈天題経寺の住職・御前様だ。第1~45作中、ポッと登場し、味のある言動で観るものを和ませる名キャラクター。その一方で、御前様の人柄や生涯は知られていない。知ったところで本筋と関係ない? いやいや、それは早合点。御前様を知れば知るほど、『男はつらいよ』シリーズがいっそう味わい深いものになるのだ。イラスト=オギリマサホ(第1作の「バター」の御前様です)
「おばちゃん、今夜のおかずは何だい?」「お前の好きなおイモの煮っころがしだよ」(第10作)『男はつらいよ』に食シーン数々あれど、寅さんのいちばんの好物と言えばコレ!おばちゃんの作った“イモの煮っころがし”をおいて他はあるまい。「おばちゃんが美味しいおイモの煮っころがし作っているから」(さくら談)のひと言で機嫌を直したり(第17作)、夢にまで登場したり(第20作)、関係するシーンは枚挙に暇がない(ほか第11作、12作、18作、19作など)。なぜこんなありふれた総菜が、寅さんに、この映画にここまで愛されているのか? 今回は、実際に町の匠に“イモの煮っころがし”を作ってもらいながら、その答えを探求してみた。イラスト=オギリマサホ
のっけから私事で恐縮だが、筆者と寅さんの甥っ子・満男(吉岡秀隆)は同世代である。そのせいか、つい満男を物差しに『男はつらいよ』の時代背景を見てしまう傾向がある。「満男が○歳くらいだから、○年頃の作品だな~」とか。「このくらいの歳の時はこんなことしてたな~」とか。当然、彼の思春期も恋愛もほぼ同時進行だ。それだけに満男の自称“ぶざまな恋愛”は他人事には思えない。他人の恋路にあれこれ口を挟むなんざ野暮なヤツだとお思いでしょうが、甚だお節介ながら満男の恋愛を斬らせていただきます。浅野内匠頭じゃないけど、もうバッサリと!イラスト=オギリマサホ 
東京の下町、柴又・亀有・金町は、都心に比べ店主の個性2割増し、お値段8掛けで、長っ尻が楽しい店ばかり。外にテーブルを並べた下町感全開の酒場や全国の銘酒が揃う店、魚がうまい立ち飲み居酒屋、無添加にこだわった自然派まで、老舗だけじゃなく、活きのいい新店も増加中!
柴又・金町エリアには、どこか懐かしい下町手みやげがある。「寅さん」の実家としてもおなじみのお店や風情のある和菓子屋、明治時代から続く飴屋など、あったかい人が暮らす街にはホッと温もりを感じさせる味が根付く。あげる方ももらう方も、自然とにっこりして会話が弾むような一品だ。きっと、隠し味は「人情」だね!

アマゾンprime video+プラス松竹で、『男はつらいよ』全50作視聴可能