ノミネート全34作品

華々しく幕が上がりました寅さん“冒頭夢シーン”映画祭。
ノミネート作品は下表の通り全34作品です。

冒頭夢シーン全34作リスト

第2作 瞼の母
第5作 おいちゃん死す
第9作 木枯らし寅次郎
第10作 マカオの寅
第11作 さくら身売り
第12作 国賊ヒーロー 寅次郎
第13作 結婚報告 届かず
第14作 産土の神 寅
第15作 海賊キャプテン・タイガー
第16作 西部劇タイガーキッド
第17作 ジョーズVS寅さん
第18作 アラビアのトランス
第19作 寅版 鞍馬天狗
第20作 みんなお金持ち
第21作 猿のUFO来襲
第22作 寅地蔵
第23作 便秘の研究
第24作 マドロス寅さん
第25作 ねずみ小僧寅吉
第26作 天狗のたたり
第27作 浦島寅次郎
第28作 寅さんノーベル医学賞
第29作 雀のお宿
第30作 ブルックリンの寅
第31作 無宿人・寅吉 故郷に帰る
第32作 ニセ寅さん結婚
第33作 酒場とマフィア
第34作 宇宙大怪獣ギララ
第35作 姥捨山
第36作 宇宙飛行士
第37作 幸福の青い鳥
第39作 回想 はじめての家出
第43作 車小路寅麻呂
第45作 無声映画風 文豪・車寅次郎

※タイトル名は筆者の独断によるもの。
※第1、3、4、6~8、38、40~42、44、46~48作、および50作は、冒頭夢シーンなし。第49作は第25作のリメイクのため除外

この中から各個人賞・部門賞、グランプリ、準グランプリなど各作品賞が選出されます。栄冠に輝くのはどの作品でしょうか。まずは各個人賞・部門賞の発表です。

助演男優賞/助演女優賞 見逃さないでね!名脇役

助演男優賞/助演女優賞の選考に際し、さくら、博、おいちゃん、おばちゃん、タコ社長、源公などのレギュラー出演者はほぼ主役級の存在感のため除外。なお主演男優賞(および主演女優賞)は、主演は寅さんと決まりきっているので設定していません。

さて、まずは助演男優賞。

ノミネートされた俳優のうち特筆すべきは、本編では旅の一座の座長を好演した吉田義夫さん。夢シーンではおもに悪代官などの役で、9~12作ほか全10作に出演。もはや夢シーンに欠かせない名脇役です。ほかにも本編で巡査役サラリーマン役でたびたび登場した米倉斉加年さんの夢出演(15作、16作)、上条恒彦さん(16作、19作)も捨てがたいところ。

しかし、そんな有力候補を抑えて助演男優賞に輝いたのは、レオナルド熊さん(第32作「ニセ寅さん結婚」

ニセ寅さんを演じた熊さんですが、それが胡散臭いのなんのって!さらに、寅さんが夢から覚めたところまで登場し、本編への流れをコミカルに作り出しました。

続いて助演女優賞。

松竹映画往年の名脇役・水木涼子さん(第13作ほか。本編ではタコ社長の奥さん役)、松竹最後の大部屋女優と言われる谷よしのさん(第26作ほか。本編では神出鬼没の名脇役)らの強豪を抑えて、栄冠を勝ち取ったのは岡本茉莉さん!

本編では旅の一座の看板女優役で出演されていた岡本さんですが、夢シーン第20作「みんなお金持ち」ではかわいいメイドさんを好演しています。ちなみに岡本さんは声優としても知られ、『いなかっぺ大将』のキクちゃんほか、数々のアニメや洋画の吹き替えでも活躍。

個人的には、「とらや」でバイト雇うならこの娘がいいなあ~と思う次第です(そんな権限ありませんが…)。

特殊効果賞/特撮賞 タコが輝く!

続いて特殊効果賞の発表です。最後の最後まで受賞を争ったのは第17作「ジョーズVS寅さん」。リアルなジョーズ、食いちぎられた源公やさくらの腕などなど迫真の特殊効果は称賛に値します。

ただ、せっかくの海モノなんだから、タコ社長を出さなくちゃ、タコ社長を(サメのエサ役とかで)。そこが評価の分かれ目で残念ながら次点。

僅差で特殊効果賞に輝いたのは、第27作「浦島寅次郎」です。受賞理由はただ1つ「タコの着ぐるみを着けたタコ社長」。これに尽きます! 本編でも寅さんがその様子を社長本人に話して、恒例のバトルの引き金となります。

特撮賞には、その規模の大きさから圧倒的多数の支持で第34作「宇宙大怪獣ギララ」が本命視されていました。しかし、受賞は第21作「猿のUFO来襲」~!

受賞の決定打となったのは、劇中、チャチなUFOに呆れる博に向かってタコ社長が自嘲気味に放つ「予算がねえんだろ。アメリカ映画のようにはいかねえよ」のひと言。

同作品の公開は1978年。時あたかも『スターウォーズ』『未知との遭遇』『スーパーマン』など、ハリウッドの名だたるSF大作が日本公開された年。その一方で、日本映画界は低迷期を迎えていました。作中のタコ社長のセリフは、そんな70年代の日本映画界の実情を痛切に皮肉りつつ、巧みに笑いに転化しているのです。

以上2つの受賞作、タコ社長の好演が光る結果となりました。やるねっ、タコ社長!

竜宮城って「鯛やヒラメの舞い踊り」だけをみせていたんじゃないよなあ。絶対にもっとディープな接触を伴うサービスもあったんだろうなあ。(小田急・片瀬江ノ島駅)

映画音楽賞 SKDが圧巻です!

冒頭夢シーンには、音楽劇的な要素が強い作品も多くみられます。クレイジーキャッツ『五万節』のパロディっぽい楽曲が印象的な第15作「海賊キャプテン・タイガー」、さくらの独唱(&源公のバンジョー)が涙を誘う第16作「西部劇タイガーキッド」などなど。

しかし、それらを差し置いて栄冠に輝いたのは、第30作「ブルックリンの寅」! スケこましのジュリーの独唱など音楽要素満載のミュージカル仕立てですが、なかでも圧巻なのはSKD(松竹歌劇団)のパフォーマンス。

「ウエストサイドストーリー」を彷彿させるストリートダンスから代名詞のレビューまで、たっぷり魅了させてくれます(倍賞千恵子さんもSKD出身)。いろいろなダンスユニットがはびこる現在ですが、やっぱSKDってスゲー!

封切られた1982年は、SKDの本拠地であった国際劇場(浅草)が惜しまれつつ閉鎖された年。スクリーン上での心からの餞(はなむけ)でもあったことでしょう。

国際劇場跡(1937年開館)。現在は跡地の浅草ビューホテル前の国際通り沿いに記念碑が残るのみ。劇場はなくなっても通りの名前にその栄華を刻んでいます。

特別賞は2作品選出 寅さん知るには欠かせない!

さあさあ、いよいよ各作品賞の発表です。

まずは特別賞。この賞は『男はつらいよ』シリーズのストーリーを補完し、背景を知る上でぜひ押さえておきたい作品に与えられます。受賞作は2つ。第2作「瞼の母」第39作「回想 はじめての家出」です。どちらも寅さんの実話の回想で構成されています。

第2作「瞼の母」は冒頭夢シーンの記念すべき1作目。上映時間1分40秒と最短ですが、
・実母の名前が「菊」
・38年前に寅次郎を生む
という事実がはじめて語られています。また作中登場する母親役が、本編で母親に扮するミヤコ蝶々さんではなくて、寅さんが母親と勘違いする旅館の中居に扮する風見章子さんであるという芸の細かさにも脱帽です。

一方、第39作「回想 はじめての家出」。こちらはシリーズが“満男グダグダ恋愛編”へと脱線する前の最後の夢シーン。寅さんのひとり語りと無声映画風の字幕、それに障子越しのシルエットで、殴られたり叱られたりと、父親との葛藤が寂しく描かれています。

このシーンを
「こんな父親(保護者)になっちゃあいけねえ」
という父を反面教師にした寅さんの覚悟と受け取ってしまうのは深読みが過ぎるでしょうか。同シーン、同作品を境に、”ヤクザな兄貴“から、“頼れる(?)伯父さん”的な色彩が強くなっていくような気がするけどなあ。

ともあれ、1つの重要なターニングポイントであることは間違いないでしょう。

さあ、このあと、いよいよ準グランプリとグランプリの発表です!