皆川 典久
1963年、群馬県生まれ。東京スリバチ学会会長。2003年、石川初氏と東京スリバチ学会を設立。谷地形に着目したフィールドワークと記録を続ける。『凹凸を楽しむ東京「スリバチ」地形散歩』(洋泉社)など著書多数。

凸凹地形さんぽマップ

※青字の箇所は前編で歩いた場所

映画『君の名は。』の聖地巡礼!? 須賀神社へ

3つ目の谷の起点にあった若葉公園から、まずは須賀神社へ向かいます。

ちなみに私、『君の名は。』は3回観ています(夫が好きなため)。楽しみ!

闇坂(くらやみざか)。お寺があり、樹木が茂っていて薄暗かったから闇坂と呼ばれたそう。なんだか恐ろしげな名前です。

皆川「闇坂って名前の坂、都内は多いんだよ」

吉玉「そうなんですね!」

一瞬「闇坂46」という言葉が浮かびましたが、言いませんでした。

坂を上ったところにある、レトロなマンション。ひらがなのマンション名にグッときます。

外壁がスミレ柄(?)のモザイクタイル。タイル一枚一枚が、親指の爪くらい小さいです。

吉玉「この壁すごくないですか!? タイル、めちゃくちゃ小さいですよ!」

皆川「これはね、30センチ四方くらいのシートにあらかじめタイルが貼られてる製品で、それを壁に貼っていくんだよ。小さなタイルを一枚一枚壁に貼り付けてくんじゃ大変だから」

……ですよね。

須賀神社に到着。鳥居があるほうではなく、地味な入り口から入りました。平日の夕方ということもあり、とても静かです。

とりあえずお参り。

100円のお賽銭で、「この連載が書籍化されてたくさん売れますように」とお願いしました。強欲すぎる。

イラストが上手な絵馬が多かったです。『君の名は。』の影響でアニメファンが多く来ているからでしょうか。

本殿の脇からは、谷底にある住宅街を見下ろすことができます。

皆川「ここが台地の際で、その北側が鮫ヶ橋谷のいちばん上流部分です」

吉玉「初歩的な質問ですみません。『谷のいちばん上流部分』って、どういうことですか?」

皆川「谷が始まるところですね。今は水が残ってないけど、こういう地形は湧水が作っているんです。谷の先端から水が湧いて、川になって流れていく。その、先端の部分です」

吉玉「なるほど(と言ったもののイメージできてない)」

皆川「あの丘の上に甲州街道が走っていて、そこが分水嶺だったんですね。甲州街道の向こうは、違う川が反対方向に流れてたんだよ」

お恥ずかしながら、分水嶺という言葉を知りませんでした。ようするに、標高の高い尾根が川を分断し、異なる川同士の境界線となっていたようです。

鳥居を出るとすぐ階段があったので、中村嬢と「あったあった!」とはしゃいでいたら、皆川さんに「あ、映画の階段はそれじゃないです」と言われました。恥ずかしい。

皆川さんと『君の名は。』について話します。皆川さんも3回観たそう。

吉玉「瀧くんの高校、すごい都心にありますよね。初めて入れ替わったとき、三葉ちゃんがグーグルマップ見ながら高校に行くんですけど、よくたどり着けたなぁと思いました」

方向音痴の人、そう思いませんでした?

こっちが本物の「ラストシーンの階段」

皆川さんが「丘の上と谷底、ふたつの違う世界をつなぐのが階段。瀧くんと三葉ちゃん、ふたりの世界が階段で交わるのは象徴的」とお話されていた、あの階段です。

こんにちは、方向音痴ライターの吉玉サキです。方向音痴の克服を目指すこの企画、前回に引き続き、「東京スリバチ学会」会長の皆川典久さんにお話を伺っています。前編では、皆川さんが偏愛するというスリバチ地形(スリバチ状の窪地や谷間)の魅力や、地形と産業・歴史の関係について教えていただきました。今回はいよいよ、この連載のテーマである方向音痴について。皆川さんから出た「北を感じる」という言葉の意味は……? 人気映画の地形マニア的解釈も飛び出し、ますますマニアックな後編をどうぞ!

吉玉「あのシーン、たぶんふたりは通勤途中で、それぞれ別の駅から来てここですれ違うんですよね。通勤でここ通るって、職場はどこなんでしょう?」

皆川「そうですね、瀧くんが採用試験を受けてたのは、新宿センタービルにある大成建設でしたよ」

……皆川さん、知らないことないんですか?

とりあえず名シーンを再現しておきました。ピースしてるのは、三葉ではなく観光客のマネをしてるから。

地形から歴史を学ぶ。アカデミック散歩

須賀神社の階段を下りて、谷底の街を北へ歩きます。なぜ北とわかったかと言えば、さっき地図を見たからです。

開いているお寺があったので行ってみます。

写真だとイマイチ伝わりにくいのですが、お寺がけっこう高いところにあり、街を見下ろせます。

このスリバチが、さっき須賀神社から見た鮫ヶ橋谷の起点。さっきとは別角度から見ています。

別のお寺の前に誰かの像がありました。

皆川「これは、弘法大師である空海ですね。水源とか、水に関するところは空海の像が多いんですよ。空海が杖をついたら地面から水が湧き出た、って言い伝えのある場所がたくさんあって。僕は湧水を巡ってるから、あちこちでよく空海に出合うんですよね」

吉玉「空海が湧水を作って、皆川さんがそれを巡ってるんですね」

1000年以上の時を経て、湧水でつながる空海と皆川さん。なんだか壮大なスケールの話です。

大きな道路に出ました。一部が甲州街道と重なっている新宿通りです。駅で言えば四谷三丁目駅の近く。

皆川「ここが分水嶺、つまり尾根です」

尾根とは、山地のもっとも標高が高い部分の連なりのこと。山では意識する尾根も、下界ではまったく意識していませんでした。

皆川「江戸時代に作った甲州街道は、尾根を巧みに利用しているんですね。自然の地形に沿って道を作ったから、まっすぐじゃなく曲がってるんです」

信号の標識を見ると、「津の守坂(つのかみざか)通り」の文字。

皆川「この名前がついてるのは、この先が松平摂津守(まつだいらせっつのかみ)のお屋敷だったからなんですよ」

吉玉「そうなんですね!」

いかにも松平摂津守を知ってるかのような相槌を打ちましたが、誰かわかりません。あとで調べたら江戸時代の大名でした。

皆川さんの知識が炸裂! レトロでほっとする荒木町商店街

新宿通りを渡ると、すぐに荒木町商店街が。交通量の多い新宿通りとは打って変わって、静かで落ち着く雰囲気です。

チェーン店ではない、小さな個人店がたくさんあります。赤提灯やスナックや喫茶店、中華やお寿司屋さん。新しそうなお店もありますが、全体的にレトロな雰囲気です。この街に行きつけの店があったらかっこいいな~。

商店街は一本道ではなく、大小さまざまな道が複雑に入り組んでいます。これは迷いそう……。

路地に石畳が敷かれていました。

皆川「これは、路面電車の敷石ですね。昭和の初めまで、甲州街道には路面電車が走ってたんですよ。電車が廃止されるとき、ここの商店街の人たちが敷石を貰ってきたんだろうね」

公園にお稲荷さんが。

皆川「ここは検番(けんばん)って建物があった場所。芸者さんの取次ぎをするところです

検番は、見番と表記することもあるようです。

皆川さん行きつけのとんかつ屋さん『鈴新』。マスターは「荒木町を発見する会」として活動しているのだとか。皆川さんもイベントにゲストで出たことがあるそうです。

鈴新さんの脇の小さな路地を抜け、坂道を下っていくと……

吉玉「この看板、なんて読むんでしょう?」

皆川「なんでしょうね?」

皆川さんでも知らないことがあるなんて……!

吉玉「鍋コーヒーですかね?」

皆川「いや、鍋ではないでしょう(笑)。熱燗の燗じゃないかな」

検索したら『燗コーヒー藤々』でした。喫茶店っぽいけど小料理屋さんだそう。

一見すると電柱のような柱。おそらくは石でできていて、表面に溝が彫られています。

皆川「これは民有灯(みんゆうとう)といって、地元商店街が設置したものですね。もともとは街路灯のように、上に灯りがついていました」

皆川「ここはね、通称・モンマルトルの坂

四谷を歩いていたはずが、いつの間にかパリに来ていたようです。

小さな公園のようですが、津の守弁財天です。池には、亀や鯉がたくさんいました。

皆川「弁財天って水辺に多いんですよ。もともと水の神様だから」

吉玉「水の神様なんですね。金運のイメージがあります」

皆川「そうそう、金運や、あとは芸能の神様でもある。雨音が琴の音に似てるってことで、音楽の神様でもあるし。芸事をしてる人たちの神様だね」

私、今日だけで新しい知識をいくつ仕入れただろう……?

荒木町を縦横無尽に歩きまくる。そして、吉玉に変化が……

ここで小休止。明治19年(1886)の荒木町周辺の地図を確認します。

方角を合わせようと試みましたが、番地がないため、さっぱりわかりませんでした。皆川さんと中村嬢は、「今この辺ですね」などと話しています。なんでわかるの?

皆川「この辺一帯は、松平摂津守のお屋敷の池だったんだね。さっきとんかつ屋さんの前を通ったでしょう。あのへんから坂下は全部池だったんだよ。今残ってるこの池は、そのほんの一部分」

吉玉「え、とんかつ屋さんからかなり歩きましたよ!? めちゃくちゃ池デカいですね……! お屋敷は、池のほとりにあったんですか?」

皆川「お屋敷は、池を見下ろす一番いい場所にあったと思うよ。池を南に見られる場所。日当たりの関係で、日本人は南向きの庭を好むから」

そっか、江戸時代も今も、太陽の向きは変わらないもんなぁ。

皆川「ここの地形の面白いところは、水の出口をダムでふさいじゃってること。江戸時代に人力でダムを作って水を堰き止めたんだけど、その痕跡がちゃんと残ってるんですよ」

今から、そのダムの跡地に行くとのこと。ダムの跡地ってどんなだろう……。

地図【E】地点から、池だった場所を見下ろす(編集部注)。

こんなでした。

けっこうな高さがあります。重機のない時代、どうやってこの高さまで土を盛ったんだろう?

吉玉「人力で土を盛っても、盛ったそばから水で流されちゃいそうじゃないですか? いったん水を堰き止めてしまえばできそうだけど、それも無理だろうし……」

皆川「実は文献が残ってなくて、江戸時代にどうやってダムを建設したか、詳しい方法は分かっていないんです。でも、発掘したらダムの下に石組の排水溝が見つかりました。大阪の太閤下水に次ぐ、日本で2番目に古い排水溝だそうです」

そう言われれば、現代においてもダムの建設方法って考えたことなかったです。街の解像度が低い。

凸凹地形を観察しながらクネクネ歩きまわるうちに、さっき前を通ったモンマルトルの坂に出ました。さっきは階段を下から見たけど、今度は上から見るかたちです。

もうちょっと高いところから眺めるとこんな感じ。地図と照合しようとしましたが、いまいちよくわかりませんでした。どこをどう歩いてきたかも、よくわかりません。

階段を下り、皆川さんについて歩いていると、ふたたび津の守弁財天に出ました。弁財天の前を、さっきとは違う方向に歩きます。

すると前方に公園が。とんかつ屋さんの隣の、お稲荷さんがある公園です。さっきとは別の道から来たんですね。

吉玉「なんか実がなってる。ミニトマトですかね?」

皆川「トマトではないですね。ナツメかな」

ナツメと書いてありました。ミニトマトなわけないじゃん。

明治5年(1872)の絵図。めちゃくちゃでかい池とお屋敷があったことがわかります。

こういう絵図が残っているからこそ、100年以上前の地理がより詳しくわかるんですよね。この記事も、150年後は貴重な資料となっているかもしれません。

商店街にぽつぽつと、灯りが点ってきました。風情がありますね。

雑居ビルの通路を通って、別の通りに抜ける皆川さん。こういうところを通るの、まさに「散歩の達人」の風格。

荒木町の中では広めの、杉大門通り。夜のはじまりだからか、人の姿が増えてきました。

皆川「ここは古くからある通りで、お寺の参道だったんですよ。参道の両端に杉が植わっていたから、杉大門通り」

ひと通り歩いたかな? と思いきや、皆川さんはまだ散歩続行中。荒木町をあっちこっち歩きます。

さっきも見たお店の前に出ました。方向音痴だけど、建物や看板はわりと覚えているほうです。

吉玉「ここ、さっきも通ったところですね」

皆川「お、わかりますか。じゃあ、方向もわかりますか?」

吉玉「えっと、こっちが北で、あっちが新宿通りですよね」

皆川「正解です! だいぶクネクネ歩いたのに、把握できてるじゃないですか!」

あれ、ほんとだ……。

自分でもなぜかわからないのですが、特に考えなくても、すんなり方角がわかりました。

illust_2.svg

このあと、四谷三丁目駅で解散。ぜんぶで2時間半ほどの散歩でした。

たくさん歩いていい汗かいて、好奇心も満たされて、とても充実感があります。また、今までは坂道を上っても「坂だな~」としか思わなかったのですが、凸凹に着目して歩いたことで、坂同士の位置関係を気にするようになりました。

途中から私が方角を当てられるようになったため、担当編集の中村嬢が感激していました。だけどこれ、方向感覚が鍛えられたわけじゃなく、歩きまくって風景を覚えただけだと思います。たぶん、他の街に行ったら応用がきかない。でも、「歩きまくれば多少は方角がわかるようになる」ことが判明し、自信につながりました。

そもそも今回の目的は、散歩を楽しむこと。たっぷり楽しめたので、目標達成です。

今さらだけど、ちょっと散歩にハマりそうな予感……。これからも散歩の達人を目指します!

取材・文=吉玉サキ(@saki_yoshidama

こんにちは、ライターの吉玉サキです。方向音痴を克服するこの連載。前回は、『東京スリバチ学会』会長・皆川典久さんから地形の楽しみ方を教えていただきました。これまで、迷わず目的地に着くことだけを意識していた私。ですが、皆川さんの「迷うことも楽しいよ」「目的地を定めず気ままに歩くのが、本来の散歩の醍醐味」という言葉に触発され、散歩そのものを楽しみたいと思うようになりました。そして、今回はなんと! 皆川さんのガイドで地形街歩きを体験します。場所は新宿区の若葉〜荒木町。前回、皆川さんのお話に出てきた場所です。前編は、凸凹地形に着目しながらJR信濃町駅周辺の住宅街を歩きました。皆川さんに面白い知識をたくさん教えていただいたため、かなりボリュームのある記事となっております。一緒に散歩している気分で読んでください!
お久しぶりです、吉玉サキです。あの手この手で方向音痴の克服をこころみるこの連載、吉玉の都合でしばらくお休みをいただいておりました。けっして、方向音痴がなおったから終了したわけではありません。やや改善されつつありましたが、ステイホームで勘がにぶり、振り出しに戻っていたりして……? ともあれ連載再開です!前回は地図マニアの地理人さんにお話を伺ったので、今回は地形マニアとして知られる『東京スリバチ学会』会長の皆川典久さんにお話を伺いました。皆川さんは、東京の凸凹地形に着目したフィールドワークをおこなっており、『ブラタモリ』などにも出演されています。地形の魅力っていったいなんだろう? 失礼ながら、地形に興味を持ったことのない私にはまるでわかりません。でも、そこに方向音痴を改善するヒントがあるかも……!そんなわけで、たっぷり語っていただいたアカデミックかつマニアックな地形のお話を、前編・後編に分けてお届けします。前編は、皆川さん流「地形の楽しみ方」です!
こんにちは、方向音痴ライターの吉玉サキです。方向音痴の克服を目指すこの企画、前回に引き続き、「東京スリバチ学会」会長の皆川典久さんにお話を伺っています。前編では、皆川さんが偏愛するというスリバチ地形(スリバチ状の窪地や谷間)の魅力や、地形と産業・歴史の関係について教えていただきました。今回はいよいよ、この連載のテーマである方向音痴について。皆川さんから出た「北を感じる」という言葉の意味は……? 人気映画の地形マニア的解釈も飛び出し、ますますマニアックな後編をどうぞ!