住所:鹿児島県屋久島町栗生 大川の滝

屋久島三山縦走

縄文杉も楽しめる洋上のアルプストレッキング

花崗岩の山地は奇岩怪石の宝庫。途中日本最南端の泥炭湿原もある。

人気ルートは樹齢7200 年とも言われる縄文杉往復だが、約8 割が単調なトロッコ道で人も多いから思いきって縦走するのも手だ。九州最高峰である宮之浦岳(宮之浦御嶽)、永田岳(長田御嶽)、黒味岳(黒御嶽)の三山は標高2000 m近いけれど、登り口が高く距離は長くても思うほどキツくない。白谷雲水峡から入り山小屋2~3泊で淀川入口に抜けるか、淀川入口から小屋1~2泊で荒川口か白谷雲水峡に出るコースがオススメ。●協力金1泊2000 円。

山々が一望できる太鼓岩。白谷雲水峡の辻峠そばにある。
縦走路から往復90分の永田岳。右に3時間強下れば縄文杉に会える。

白谷雲水峡&ヤクスギランド

大スギ多過ぎ!!ハイキングで会えるヤクスギ群

くぐり杉。ヤクスギは異形のために伐採を免れた側面もある。

ヤクスギや多様な原生林が見られる2 つの自然休養林は縄文杉と並ぶ定番観光スポット。倒木更新や切株更新、近世の伐採跡もじっくり観察できる。ヤクスギの基準は樹齢1000 年超えでそれ以下は「小スギ」らしいが、樹齢3000 年の弥生杉を前にすると納得してしまう。白谷雲水峡は映画「もののけ姫」のモデルといわれる「苔の森」でも有名。

清流が織りなす景観は庭園のよう。雨上がりがいい。
ヤクスギと照葉樹林の混生。足元をめずらしいシダやコケが覆う。
着生したスギを枯らして成長するヤマグルマは屋久島特有の景色。
「しなやかな線が女体のよう」と公募で2013年に名付けられた女神杉。
住所:鹿児島県屋久島町宮之浦/営業時間:管理棟8:30 ~16:30/定休日:無

千尋滝

アニメキャラの名前にもなった名瀑

由来になった右岸に迫る圧巻の一枚岩は250 × 300 mの花崗岩。

尋、千人が手を結べるほど大きい岩盤から名付けられた。落差約60 mの滝自体は遠目なので迫力はそこそこだが、この大岩盤は大川の滝に負けない絶景。標高270 mの展望所からの眺望もよい。駐車場に登山口がある本富岳の読み「モッチョム」は方言で女性器の意味とか。陰陽に見える山容が理由だが、地元住民は赤面せずに言えるのだろうか。

住所:鹿児島県屋久島町安房 千尋滝

一湊珈琲焙煎所

焙煎道を究める港町のコーヒーショップ

コーヒー豆は180g1200円~。

東京で書籍編集をしていた女性が夫とともにUターン、島の伝統的な古民家を改装して焙煎所を営む。「豆から語りかけられる」と忠幸さん。井上製作所の焙煎器で豆本来の甘みを最大限に引き出し、その時々で最良と思える高品質でストーリーのあるコーヒーを販売。編集室を併設し島の情報発信にも意欲的。

オーナーの高田忠幸さん・みかこさんは散達創刊号からの愛読者。
屋久島の海の玄関口、宮之浦港のフェリー待合所にある。
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1208-1
県営フェリー待合所 2F/営業時間: 13:00~18:00/定休日:火・水

民宿 晴耕雨読

ディープな島の話が聞ける?リピーターの多い宿

オーナーの長井三郎さん。フリースペースにぎっしりと本が並ぶ。

『屋久島発、晴耕雨読』(野草社)を著したり、シンガーソングライターの顔を持つなど多才なオーナーはUターンの島出身者。島の季刊誌『生命の島』編集者時代に成り行きで民宿を始め20 年以上になる。本棚とキッチンのあるフリースペースに、夜ごと初対面の旅人が集まり酒を飲み語らう。

住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦136-1

喫茶 樹林

島の自然を守りたい思いが伝わる森のカフェ

辛さが選べるオーロラカレー860 円は、店を引き継いだ眞臣さんの自信作。

現店主・日吉眞臣さんの父・眞夫さんが発行人だった雑誌『生命の島』の情報談話室が前身。ほとんどがスギ材の建物、ヤクスギのテーブル、子供が自由に遊べる庭など。屋久島関連本の閲覧や購入もできる。屋久島産の有機無農薬の紅茶、自家製の屋久島産フルーツジュース430 円~。

荒地再生から変遷するべく自然のあふれる店。空港の徒歩圏内にある。
23年続き、平成21年冬号をもって終刊となった「生命の島」84 号全巻を店内で閲覧できる。
住所:鹿児島県屋久島町小瀬田826-31/営業時間:10 :00~15:30 LO/定休日:日