まずは旧町名探しで肩慣らし

5月某日、終電がなくなるころ、JR中央線沿いの住宅地に二人は立っていた。

町田
 今日はだいたい二人の家の間をとって集合してみましたが、なんてことない住宅地ですよ。
渡邉 中野純さんに教えてもらった「ご近所闇」を楽しみたいけど、このご時世でも都会の深夜はそれなりに明るいねぇ。
町田 早くナイトスキップ」しましょうよ。
渡邉 それはもうすこし周囲の闇感が増すのを待とう。まずは、6月号から問題です。「中野区の南側」に多いものは?
町田 「旧町名」ですね。6月号で「旧町名を守る会」の102soさんが教えてくれました。
渡邉 なかなかの記憶力だ。まず、それは本当なのかちょっと探してみよう。

歩きはじめたのは、現在の住所でいえば中野区東中野、高台の住宅地だ。

町田 あっ、これじゃないですか?
渡邉 早いな。
町田 掲示板に「上ノ原町会」ってあります。
渡邉 昔の町名は、町会の名前によく残っているよね。

1966年まで中野区上ノ原町。

町田 あ、あそこの幼稚園にも。いかにも高台って名前ですね。
渡邉 この表札にもあった!
町田 すごいすごい、探せばあるものですねえ。

上ノ原町、たくさんありました。

渡邉 このあたりは古くて立派な家が多いね。さて、今日は忙しいよ。いろいろ探したいものがあるから。
町田 「夜行性植物」「照明現象」なんかはみつけたいですね。
渡邉 そうこう言ってるうちに、あれは……。
町田 これ、あれじゃないですか。『千と千〇の神隠し』の!
渡邉 お〇らさま……!
町田 ほら、ここに立ったら完全に千になれますよ。

ほらほら。ほんとは左側だけど。

渡邉 あれ、線路の向こうに見える建物は顔みたいじゃない?
町田 あれ、ぜったいチョッ〇ーですよ!
渡邉 えっ、チョッ〇ーって、麦わらの一味の……?(画像を検索)うーん、確かに?
町田 幸先いいですね。どんどんいきましょう。

チョッ〇ー?

高台から川へ下って見つけたものは……

高台の住宅地をぬけて、山手通りを東中野駅側に渡ると急に下り坂だ。

町田 これは水の予感がしますね。
渡邉 いい勘だ。ここを下りきると神田川に出るよ。その先は新宿区。
町田 あ、この階段気になります。下りてみましょう。
渡邉 おお。いきなり暗渠らしい暗渠が。
町田 この表札も旧町名ですね。「川添町」とあります。
渡邉 名は体を表すね……。
町田 近くには6月号で髙村英男さんと吉村生さんが教えてくれた“暗渠サイン”の一つ、コインランドリーもあります。
渡邉 商店街のすぐ裏にこんな道があるってすごいね。
町田 あ、電柱にも「川添」ありました!
渡邉 6月号では電線愛好家の石山蓮華さんが電線の魅力をたっぷり教えてくれたけど、電柱も見逃せないね。

電線だけでなく電柱にも注目だ!

町田 電線は暗いところだとちょっとわかりにくいですね。“南国”とか見つけたかったのに。
渡邉 今日は月も出てないしね。電線と月のセット観賞がマイブームなんだ。たとえばこんなの。

あやとり月。
ゴムとび月。

町田 なるほど。月は闇遊びで大活躍ですね。

渡邉 あれ、これは「無言板」では?
町田 えっ?違いませんか?
渡邉 いや、これは6月号で楠見清さんが書いていた「ストリート山水画」のような、何かの看板の跡じゃない? というか顔に見える。中野純さんの言葉を借りれば、暗渠の見張り「いつもご苦労さまです」という感じ。

いつもご苦労さまです。

町田 うーん、どうかなぁ。
渡邉 いまひとつご納得いただけないか? あ、公園の名前も「川添」。

いろいろな流れに沿っている旧川添町。

町田 この公園に「夜行性植物」か「珍樹」はいないかな。
渡邉 あれ、何かっぽくない?
町田 何かって、何ですか?
渡邉 ……緑のアルパカ? 顔がモコモコしたのに包まれてる感じが。
町田 トナカイじゃないですか?
渡邉 トナカイ好きだね。
町田 撮影しておきましょう。珍樹ハンターの小山直彦さんは「あやしいと思ったら、ひとまず撮影」と。後から画像を眺めるうちに気づくことも多いと言ってましたから。
渡邉 そうしよう。

(パシャリ)

渡邉 うん、写真になると、もはやアルパカにしかみえないよ。
町田 トナカイですってば。

もうただの木には見えない。

住宅地に飽きてきたので、人けのない商店街を歩いてみる。

渡邉 商店街はそれなりに明るいね。
町田 これなら電線も観察しやすいかも。
渡邉 お店がいっぱいあるから、松村大輔さんが教えてくれた「よきかな」「ヨキカナ」も探したいね。
町田 やることが多いですね。あっ、あの「の」は「よきかな」では。しかも下がちょっと「無言板」ぽくないですか。
渡邉 いや、思いっきり読めるから「無言」ではないだろう。ささやき、くらいじゃないか……?
町田 残念、「ささやき板」でしたか……。
渡邉 もう少し適切な名前ないかな。「つぶやき板」とか。
町田 いや、ささやいてます。

ささやいてます。

町田 赤信号ですね。
渡邉 あっ、この子は「夜行性植物」では。信号待ちするポメラニアンの一種ですよ。
町田 ……そうですか?
渡邉 ほらほら、後ろ姿だよ。ひとりでえらいねえ。

信号も守ってえらいねえ。

町田 お、あれは今度こそ「無言板」では?
渡邉 確かに……? でも、何かを注意はしている。こういう看板はこの前、オギリマサホさんが連載で書いていたよね。
町田 せっかくなのでみんなで記念写真を撮りましょう。

記念写真を。

渡邉 あれ、またハンガーがかかってる。
町田 ハンガー、ですか?
渡邉 さっきの暗渠でもフェンスにひっかけてあるハンガー見たんだけど……これってどことなく、片手袋的じゃない?
町田 片手袋って……6月号では都市観察者の内海慶一さんとの対談で登場してくれた石井公二さんが研究している、あの?
渡邉 台本があるかのような紹介だ。そうそう。これはおそらく、物干し竿にかかったままだったものが風で飛んだり、洗濯を干しているときに誰かが落としたりしたハンガーなんだろうけど、落ちっぱなしじゃなくて誰かが拾ってそれらしいところに引っかける。その行動、優しさなのか習性なのか、そこに何かがある気がしない?
町田 先輩、行きますよ。

このハンガー現象、見逃せない。