池袋といえば「モンパルナス」と連想する人は少数派だろう。「池袋モンパルナスに夜が来た/学生、無頼漢、芸術家が街に/出る/彼女のために、神経をつかへ/あまり太くもなく、細くもない/ありあはせの神経を――。/…………」得体の知れない高揚感が凝縮されたこの詩を書いたのは詩人で画家の小熊秀雄。モンパルナスといえば、1910〜30年代に、モディリアニ、シャガール、日本人では藤田嗣治(つぐはる)といったエコール・ド・パリ(パリ派)と呼ばれる外国人芸術家たちがアトリエを構えた芸術の街だ。この詩が『サンデー毎日』に掲載された昭和13年(1938)ごろ、池袋駅の西側、現在の豊島区長崎と千早あたりにまだ何者でもない若い芸術家たちが蠢(うごめ)き、創作し、酒とコーヒーを飲み、議論し、恋をし、時に喧嘩(けんか) もした。そのカオスな空間を小熊は「池袋モンパルナス」と呼んだのだ。渦中にいた画家でのちの武蔵野美術大学名誉教授の麻生三郎はこう評している。「こんな純粋で燃えた時期があったろうか」。池袋モンパルナスとはなんだったのか。どんな時代で、何が起こり、誰が何をして、どこへ消えたのか?

アトリエ村は戦後、戻ってきた芸術家や新しい芸術家によってにぎわいを取り戻したというが、今ではその面影はほとんどわからない。かろうじて残っている池袋モンパルナスの周辺の芸術家たちゆかりの場所を訪ねてみた。

まずは、千早2丁目の『豊島区立熊谷守一美術館』へ。ここは熊谷守一の自邸の跡に建てられた美術館。熊谷は、池袋モンパルナスの芸術家たちにとっては先生のような存在で、相談ごとにも乗っていた。館内のカフェの本棚には池袋モンパルナス関係の画集や書籍も置いてあった。

住所:東京都豊島区千早2-27-6/営業時間:10:30~17:00最終入館/定休日:月・展示替え時/アクセス:地下鉄有楽町線・副都心線要町駅から徒歩9分

次に訪ねたのは、池袋モンパルナスの先輩世代の画家として彼らに影響を与えた洋画家、中村彝(つね)(1887〜1924)と佐伯祐三(1898〜1928)のアトリエ記念館。二つのアトリエは新宿区の下落合にあり、徒歩10分程度の距離。このエリアは目白文化村と呼ばれた宅地用分譲地にも近かった。目白文化村は会社員、文士、学者や軍人などのインテリ層に向けて、大正11年(1922)から販売が始まった。中村彝は、それに先んじて大正5年(1916)にアトリエ兼住宅を建て、佐伯も大正10年(1921)にアトリエ兼住宅を建てた。二人のアトリエから長崎のアトリエ村までは歩いて30分ほどで、当時の人は歩いて行き来していたと思われる。

住所:東京都新宿区下落合3-5-7/営業時間:03-5906-5671/定休日:月(祝の場合は翌火)/アクセス:JR山手線目白駅から徒歩10分
illust_2.svg
住所:東京都新宿区中落合2-4-21/営業時間:10:00~16:30(10~4月は~16:00)/定休日:月(祝の場合は翌火)/アクセス:西武新宿線下落合駅から徒歩10分

それにしても、池袋モンパルナスに近しい人の声が聞こえてこない。アトリエ付き住居の跡も見当たらない。しかしあきらめかけたところで、『NishiikeMart』を立ち上げたシーナタウンの日神山晃一さんから、当時を知るお店の貴重な情報を聞くことができた。