群馬の水郷 揚舟 谷田川めぐり

揚舟に揺られて 癒やしの水文化体験

船頭が竹竿一本で揚舟を操り、新緑が映える谷田川をゆっくりと進む。

町内に残る揚舟(あげぶね)を活用、2002年から体験型の観光として開催。利根川に並行して流れる谷田川で、毎年春(5〜6月)と秋(9〜10月)に谷田川ヤナギ山周遊コースが運航される。
● 1000 円(小学生以下は無料)。1 日7 便10・11・12・13・14・15・16 時発(各15分前までに要手続き)、所要約1時間、例年土・日・祝運航。
群馬県板倉市岩田2941-3(群馬の水郷公園) ☎0276-82-1111(土・日・祝は8:30〜17:00・町役場)/☎0180-99-2400(当日運航状況確認)

水塚と揚舟

板倉の水郷文化を象徴する風景

土盛りをして主屋より3〜5m高い場所に建てられた水塚。

1947年のカスリーン台風後に治水事業が完了するまで、板倉町は数年おきに水害に見舞われた。水塚(みつか)と揚舟は、水害対策から生まれた町の文化的景観。水害のとき人や家財、食料、家畜などを守るために作られた建物が水塚。揚舟は家の軒下や納屋の梁(はり)に吊り下げられ、水害に備えた稲刈りや、水が出た際に人や家畜、農作物などを水塚や近くの高台へ運び、飲料水の調達に活躍した。
●見学無料(板倉町文化財資料館に申し込み)

屋上部分に約100名が避難できる高さ6mの鉄骨製洪水避難タワーは「現代版水塚」。
水塚は1階が食料の貯蔵場所、2階が居住空間になっている。
揚舟。本来は下ろしてすぐ使えるよう逆向きに吊るされる。

板倉町文化財資料館

最初に訪ねたい 板倉さんぽの強い味方

わかりやすい水塚の模型。手作り感のある丁寧な展示は好感度大。

三等三角点が立つ高台にあり、貝塚地層の剝ぎ取りから遺跡の出土品、模型などで歴史や重要文化的景観を紹介。糸紡ぎや機織りが体験できる「織姫の部屋」、書籍が充実した資料室も利用価値が高い。「利根川・渡良瀬川合流域の水場景観」のうち、水塚や揚舟など個人宅のものは職員が案内してくれる(要予約)。

住所:群馬県板倉町海老瀬5955/営業時間:9:00〜16:30/定休日:月(祝の場合は翌休)

沈下橋

増水時は川に沈む 水郷の原風景

大水時以外流れない昔の本流に架かる北坪東橋。横の道は沈下道?

海老瀬地区と下五箇地区を結ぶため、谷田川の中州に架かる2本の木橋は沈下橋(ちんかばし)。増水時に抵抗を減らすため欄干がなく「潜り橋」とも呼ばれる。昭和30年代まで谷田川流域に多く見られたが、現在は通り前橋(P.106写真)と北坪東橋の2橋のみとなった。西側には河床が低い大箇野排水路から谷田川へ流す「大箇野サイフォン」がある。
●渡橋禁止。海老瀬天神悪途1099-2地先ほか