昭和4年創業の老舗。『改正湯』

老舗らしい、風情ある暖簾(のれん)。

昭和4年(1929)創業の老舗。黒湯のほか、水風呂に炭酸泉をブレンドしたオリジナル風呂の3種類が楽しめる。壁面の大水槽や珍しい毛染めスペースなど、随所に工夫を凝らした人気店だ。泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉。

『改正湯』スポット詳細

住所:東京都大田区西蒲田5-10-5 改正ビル1F/営業時間:15:00~24:30/定休日:金/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩7分

最新設備と大正ロマンの折衷。『はすぬま温泉』

2017年にリニューアルオープン。

2017年にリニューアルオープン。最新設備とネオ大正ロマンあふれる美しい銭湯。全浴槽が温泉で、ステンドグラスや浴室内のデザインもどこか郷愁を感じる。ロビーの床のサイネージにレアキャラも登場? 泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。サウナ300円。

『はすぬま温泉』スポット詳細

住所:東京都大田区西蒲田6-16-11/営業時間:15:00~翌1:00/定休日:火/アクセス:JR京浜東北線蒲田駅から徒歩10分

1日楽しめる温泉ランド『NU-LANDさがみゆ』

地下駐車場があるのも嬉しい。

広々とした浴場内には露天を含む8種類の浴槽、大宴会場に卓球台にゲーセンと、至れり尽くせりの温泉ランド。入浴のみの利用の場合は駐車場1時間無料。泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉。風呂+サウナ利用は800円。

『NU-LANDさがみゆ』スポット詳細

住所:東京都大田区仲六郷2-7-5/営業時間:10:00~23:00/定休日:不定/アクセス:京浜急行本線雑色駅から徒歩3分

曜日を変えれば2度楽しめる『天神湯』

大きな看板が特徴的だ。

利用者専用の広い駐車場がある戸建て銭湯という贅沢な造り。露天風呂もある広い浴室は、日替わりで男女入れ替えをするので、曜日を変えればどちらも楽しめる。軽食コーナーは週末のみ営業(ドリンクは毎日OK)。サウナ200円。

『天神湯』スポット詳細

住所:東京都大田区南蒲田1-7-23/営業時間:14:00~24:00(土・祝は12:00~、日は9:00~)/定休日:木/アクセス:京浜急行本線京急蒲田駅から徒歩5分

いつでも通える地元民に愛される銭湯『蒲田温泉』

路地裏に面している。

無休で連日10時開店という画期的な営業を続ける地元民に優しい銭湯。大宴会場の人気メニューは温泉釜飯と東京大田汐焼きそばと、もはや健康ランドに近い。そして熱湯! 泉質:ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉。サウナ無料。

『蒲田温泉』スポット詳細

住所:東京都大田区蒲田本町2-23-2/営業時間:10:00~翌1:00(2階大広間は12:00~21:00)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩13分

中央に位置する円形浴槽。『寿湯』

看板にもあるように電気風呂も用意

都内では珍しい、浴室の中央に直径4mの円形浴槽があるスタイルが新鮮。壁面のない湯船は、どこからでも入りやすい。仕切られた浴槽は、高温風呂や電気、ジェット噴出の座風呂などに分かれている。サウナ無料。毎月22日にアヒル風呂を実施。

『寿湯』スポット詳細

住所:東京都大田区蒲田3-8-6/営業時間:15:30~23:45/定休日:月/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩10分

開放感ある広々とした浴室『隆の湯』

このマンション内にある見た目からは想像できない開放感だ。

マンション併設とは思えない広々とした浴室は、天井も高く開放感にあふれている。湯船も大きめでゆったり入れる。サウナも水風呂も通常の銭湯よりは大きく造られ、追加料金なしというのがうれしい。草津温泉の湯の花が投入される薬湯が人気。サウナ無料。

『隆の湯』スポット詳細

住所:東京都大田区仲六郷2-27-12/営業時間:15:00~24:00/定休日:土/アクセス:京浜急行本線雑色駅から徒歩2分

バラエティ豊かな湯が楽しめる。『照の湯』

南国のような雰囲気の入り口

南国風な入り口を入ると遊園地のようなポップな絵が壁一面に広がる。黒湯露天風呂や古代檜風呂などバラエティ豊かな浴槽を設置。かわいい絵の煙突にも注目。泉質:ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉。サウナ無料。

『照の湯』スポット詳細

住所:東京都大田区仲六郷3-23-6/営業時間:15:00~23:30(土・日・祝は10:00~)/定休日:木/アクセス:京浜急行本線雑色駅から徒歩5分

都内炭酸泉の先駆者。『第一相模湯』

天然の黒湯と炭酸泉で日々の疲れを癒やしてくれる。

都内でいち早く高濃度炭酸泉を導入。体に負担をかけないぬる湯設定が血行促進や疲労回復に効果があると黒湯風呂にも劣らぬ人気に。湯船の壁にある日光の竜頭ノ滝のタイル画は、40年変わらぬ迫力で出迎えてくれる。泉質:ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉。

『第一相模湯』スポット詳細

住所:東京都大田区西六郷2-29-2/営業時間:14:30~23:00/定休日:月/アクセス:京浜急行本線雑色駅から徒歩10分

ピザも楽しめる新しい銭湯。『蒲田福の湯』

建物もおしゃれでイメージが覆る

おしゃれな建物と内装、コンパクトだけど明るい浴室は、銭湯の概念を変えるインパクト。さらに土・日・祝の17~24時は手作りの本格派ピザ(店内Sサイズ500円、Lサイズ1000円、テイクアウトも可)をロビーで提供するというニューウェーブ。

『蒲田福の湯』スポット詳細

住所:東京都大田区蒲田1-12-5/営業時間:14:00~24:30/定休日:木/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩12分

スーパー銭湯に負けぬ施設!『ゆ~シティ蒲田』

黒湯の露天風呂など8種類の風呂に、飲食もできるホールや本格的な指圧も受けられるマッサージルームまで備えた、スーパー銭湯に負けぬ充実ぶり。泉質:ナトリウム- 炭酸水素塩泉。風呂+サウナ、レンタルタオル付きは730円。

『ゆ~シティ蒲田』スポット詳細

住所:東京都大田区蒲田1-26-16/営業時間:11:00~24:00/定休日:火/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩5分

ボイラー湯沸かしの古典的銭湯『大正湯』

古典的銭湯だが外観は今風

外観は今風だが、薪を使ったボイラーでお湯を作る古典的銭湯。脱衣場のマッサージチェアや中庭も小ぢんまりしているが風情を醸し出す。珍しいショルダーマッサージを備え、男湯ではなく女湯だけ露天風呂があるのが面白い。スチームサウナ無料。

『大正湯』スポット詳細

住所:東京都大田区東蒲田1-21-6/営業時間:16:00~24:00/定休日:金/アクセス:京浜急行本線京急蒲田駅から徒歩5分

構成=フラップネクスト 取材・文=高野ひろし 撮影=小野広幸

蒲田は、城南を代表する繁華街である。と書くと、それは品川では? いや大井町や中目黒じゃないの? という声が上がるかもしれない。しかし、城南に生まれ育った人間なら知っている。蒲田こそが城南を代表する繁華街であり、城南文化、つまり渋谷や目黒、品川あたりから吹いてくる城南の風の吹き溜まりの街であることを。