Kies

駄菓子屋感覚でクッキー1枚50円

西荻の近くで生まれ育った堀さん。

骨董通りを歩くと、ガラス越しに瓶詰めされたクッキーやビスケット、ケーキの並ぶ姿が見え、思わず立ち止まる。店主の堀さん曰く「駄菓子屋さんのように気軽に」、客が好きなクッキーを1枚から選んで買う。焼き菓子の種類によって素焚糖やブラウンシュガーなどの砂糖を使い分け、味や食感がさまざまに。お酒に合う、塩が効いたカレーやクミンのクラッカーは〝大人〞も満足だ。

イートイン8席。イギリス紅茶や国分寺『どりっぷ』のコーヒーを。
時季によりさまざまな果物を使ったケーキが楽しめる。
左上/抹茶&ココナッツビスケット70円。右上/全粒粉ビスケット70円。左下/THANKSクッキー50円。右下/かぼちゃビスケット80円。

『Kies』店舗情報

住所:杉並区西荻北4-35-5/営業時間:12:00~ 19:00/定休日:火・水(不定あり)。/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩10分。

Mondo Gelato

飲んだ後に寄りたい夜型ジェラート店

食材は国産オーガニックが中心。

本場・イタリアを何度も訪れるうちにジェラート熱が高まり、脱サラして開業した店主の角田智美さん。この地を選んだ理由は「『西荻で買い物したい』という地元愛が強い人が多いと感じたから」。定番のミルクとチョコソルベ、季節の果物の他に、霧島産のほうじ茶や玄米茶を使った風味豊かなお茶のジェラートが人気。平日・土曜は22時まで開いているので飲んだ後の締めにもいい。

男性も気軽に入りやすいシックな外観。
シングルコーン530円よりお得なダブルコーン580円。人気のほうじ茶とチョコミント。

『Mondo Gelato』店舗情報

住所:杉並区西荻北3-18-10 /営業時間:14:00~ 22:00(土は12:00~、日は12:00~20:00)/定休日:月(祝の場合は火・不定あり)。/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩3分

LA CRÊPERIE

フランスの正統派クレープの屋台!?

恵比寿のビストロ『ABBESSES』を営む矢作三郎さんが「お金がなかったフランスでの修業時代に、気軽に買っていたクレープスタンドを目指し」昨年開店。グラニュー糖とバターやシナモンが生地の風味を引き立てるシュガー系、ハム・チーズ・卵を生地と一緒に焼き込んだ甘じょっぱい食事系といったフランスの正統派クレープが中心。「屋台風」という飾らない店構えながら、味は豊か。

バター・シュガー350円(右)とハム・チーズ・卵600円。
高架沿いの長屋の一軒
生地にバターや卵、砂糖をふんだんに使用。香ばしい香りが充満!

『LA CRÊPERIE』店舗情報

住所:杉並区西荻南3-17-7/営業時間:13:00~売り切れ次第終了/定休日:土・日・祝/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩2分

Sing

からだにやさしいホッとする焼き菓子

「『Khanam』のオーナーの応援が心強い」と安楽さん。

西荻で10年続く焼き菓子店『Khanam』が営んでいた喫茶「trim」が今年4月に閉店。内装はそのままに『Sing』として開店したのは、元「trim」店員の安楽真由さんだ。接客から菓子作りまでを一人でこなすも、「お客様がどれにしようか迷っているのがうれしくてメニューは減らせない」と笑う。植物性食材のみを使い、「ホッとできるような味の」マフィンやプリン、タルトを販売。

左上/さつまいもと黒ごまのお豆腐キッシュ450円。右上/ほうじ茶あずきのソイプリン320円(要予約)。下/マフィン360円。

『Sing』店舗情報

住所:杉並区西荻南1-19-20/営業時間:11:30~ 17:30LO/定休日:木・金/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩7分

こけし屋

70年の歴史が詰まった皆に喜ばれる洋菓子

「お客様からのいただきもの」を含むこけしが壁に並ぶ。

作家や画家などの文化人から地元の人に愛され、70周年を迎えた『こけし屋』。「創業者の教えを守り、チェーン展開をせずやってきました。朝、本館6階で作ったケーキは、ここと荻窪タウンセブン店でその日のうちに売ります」と支配人の河野義広さん。ケーキや焼き菓子は並ぶとすぐに売れていく。1000円でケーキを3個買い、鈴木信太郎の包装紙に包んでもらえる幸せが今もある。

定番人気のサバラン259円から新作のデラックスショートケーキ518円までケーキは約20種類。
中央/こけし屋サブレ135円。右下/チョコをサンドしたサブレ162円。右上/もっちりとした食感が人気のレーズンパイ145 円。左/クッキー小缶2430円は正方形から長方形にリニューアル。

『こけし屋』店舗情報

住所:杉並区西荻南3-14-6/営業時間:本館1F(洋菓子販売)9:00~ 21:00、レストラン・別館11:00~ 20:00LO/定休日:火/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩1分

取材・文=川端美穂(きいろ舎) 撮影=オカダタカオ

『散歩の達人』2019年11月号より

JR西荻窪駅を中心として北は善福寺川、南は五日市街道あたりまで広がるこの街。「西荻窪」という地名は1970年に廃止され現存しないが、“西荻(ニシオギ)”という街の存在感はむしろ年々増している。吉祥寺駅と荻窪駅の間に位置し、「松庵」など高級住宅地を擁するせいで、中央線の中では比較的上品なイメージで語られることも多い。しかし、ひとたびこのエリアを歩けば、上品などころかかなり個性的な地だということが分かるだろう。店主がそれぞれの哲学を貫く店と、それらを愛してやまない住民が集まる、けっこう熱くてヘンな街なのだ。