十勝 DINING 豚っく

肉もワインも十勝産にこだわる

かつおベースとジンギスカン風の2種のタレで味わうしゃぶしゃぶ三種盛り3000円。十勝ワイン「トカッ プ」グラス550円~。

北海道十勝出身のオーナーが自信を持って提供するのが、現地から直送される十勝豚。脂身が多く、赤身肉が柔らかいのが特徴。この肉の味を満喫できるのがバラ肉のしゃぶしゃぶ1600円。脂身の甘さが際立ち、肉は口の中で溶けてしまう。味の変化を求めるなら、豚肉、エゾシカ肉、ラム肉の三種盛り(写真)がおすすめだ。北海道産の日本酒や焼酎もあるが、スッキリした飲み口の十勝ワイン「トカップ」がしゃぶしゃぶと相性がよい。

1階カウンター席も賑わう。

『十勝 DINING 豚っく』店舗詳細

住所:東京都台東区上野3-18-4 蓬莱ビル1F/営業時間:平日16:30~22:45LO(土は11:30~14:00LO・16:30~22:45LO、日祝は11:30~14:00・17:30~21:00LO)/定休日:月/アクセス:JR山手線御徒町駅から徒歩4分

鴨一ワイン酒場 SUN

日本でも数少ない鴨肉料理専門店

スタッフは若く、活気がある。
あいち鴨ロースの炭火焼き3300円、鴨寿司12貫セット3000円。

愛知県豊橋市で生産される「あいち鴨」は、通常の3倍以上という広々とした飼育場で平飼いしているので、くせがなく、旨味が濃厚になるという。レバーやハツなどの内臓が食べられるのも生産者直送ならではのこと。前菜、寿司、炭火焼き、パスタなどバリエーションも豊富で、鴨肉のおいしさを再認識させられる。野菜は渥美半島から直送された有機野菜。

ワインは赤5種、白5種、泡2種が定番。グラス680円~。
前菜3種盛り合わせが980円。

『鴨一ワイン酒場 SUN』店舗詳細

住所:東京都台東区東上野1-18-4 ピースビル1F/営業時間:11:00~13:30LO・17:30~23:00LO(土は夜のみ)/定休日:日/アクセス:地下鉄日比谷線仲御徒町駅から徒歩3分

あおもり湯島

料理も酒も青森ずくめ。地酒に自信あり!

コースで出される八戸せんべい汁、八戸船凍サバ・お造り、スルメイカのガッパリ焼。地酒「稲生 夏純・華吹雪60」(正1合)864円ほか。

旬の食材はもとより、地酒、ビール、焼酎、ソフトドリンクも徹底して青森産にこだわる。店主の故郷である八戸の名物料理・せんべい汁をはじめ、特産の八戸船凍(せんとう)サバやスルメイカなどを使った料理は、単品でも注文できるが、八寸、お造り、旬の一品、強肴(しいざかな=酒肴として出される一品料理)、せんべい汁が付く「基本のおまかせ」3780円か「季節のおまかせ」4320円で味わいたい。ランチの「下北まぐろとねぶた漬けのネバトロ丼」「八戸前沖さば炙り刺し丼」各1000円は1日計20食限定。料理も酒も青森ずくめ。地酒に自信あり!

『あおもり湯島』店舗詳細

住所:東京都文京区湯島3-37-3/営業時間:17:00~22:00/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄千代田線湯島駅から徒歩5 分

上野 れんこん

変幻自在のレンコン料理

左上から時計回りに、れんこんとえびのはさみ揚げ880円、フライドレンコン700円、れんこんまんじゅう750円。

店名は、上野公園の不忍池に咲くハスの花にちなんだもの。前菜からデザートまで20種類以上そろうレンコン料理が名物で、れんこんづくしコース6000円(飲み放題付き、4名以上で要予約)もある。日本酒680円~は「寫楽」「黒龍」「獺祭」など各地の銘酒がそろう。レンコン茶560円や、れんこん焼酎「荷葉のしずく」580円でレンコンずくめというのもいい。

古材を多用した趣のある店内。

『上野 れんこん』店舗詳細

構成=フラップネクスト 取材・文=塙 広明(アド・グリーン) 撮影=金井塚太郎、丸毛 透