洋庖丁 板橋店

炒めものが絶品! 街に根付いた洋食店

板橋店限定のナスカレーランチ870円。

1976年創業。全ての料理を注文後に調理するカウンターのみの洋食店。純正ラードでコクを出す炒めものは、ご飯が進む濃いめの味だ。「基本レシピは共通でも、作る人が違うと味も変わる。だから『洋庖丁』のライバルは『洋庖丁』なの」と店主。変わった調味料は使わないが、炒めものに使うニンニクはすり下ろして熟成と、手間隙を惜しまない。コショウの効いた名物・からし焼肉は、店員も「まかないで1年食べ続けてる」というやみつきのうまさ!

からし焼肉&カニクリームコロッケランチ890円。ご飯は普通盛りでも相当多め。豚汁も付く。
厨房に立って30年以上の店主が1人で調理を担当。3口のコンロはフル稼働。
14席の店内は満席多し。
店前に行列ができることも。

『洋庖丁 板橋店』店舗詳細

住所:東京都板橋区板橋1-48-1/営業時間:11:00~14:45・17:00~22:00/定休日:水・第2火/アクセス:地下鉄三田線新板橋駅から徒歩1分

肉小屋 板橋本店

インスタに映える! 国産赤身肉の塊焼き

手前からエゾジカの肩ロース 700 円(ハーフ)、栃木県産和牛・極上ミスジ1300円(ハーフ)など。自家製の塩レモンサワー 480円も旨い。

栃木産黒毛和牛のミスジ、エゾジカの肩ロースなど、時季ごとに産地が変わる国産赤身肉がメインメニュー。遠火で10 ~ 15分かけて焼く塊肉は、驚くほど柔らかでジューシーだ。提供時に添える薬味は、トリュフ・キャビア・自家製韓国調味料やタテギなど、種類も彩りも豊か。生ウニのトッピングは、ほぼ原価の500円だ。常連の女性も「この店はインスタ映えがすごい!」と笑顔で絶賛の、食べても撮っても気分がアガる肉の店だ。

店名通り、店は小屋風。
肉6、7種とおつまみのコース4800円がお得。自分で七輪で焼くメニューもあり。

『肉小屋 板橋本店』

住所:東京都北区滝野川6-86-15/営業時間:17:00~翌2:00LO(日・祝は15:00~24:00)/定休日:無/アクセス:JR埼京線板橋駅から徒歩2分

あぺたいと 本店高島平店

30年をかけ進化した香ばしき両面焼きそば

焼きそば中900円。写真の生卵トッピングは半数以上のお客さんが注文。

パリッと香ばしい麺の食感は、誰もが「え!?」と驚くはず。きつね色に焦げ目がつくまで両面を焼き上げる焼きそばは、店主が大分の専門店で学び、創業から30年をかけて進化させたものだ。加水率の低い中太の麺と、あっさりとした口当たりのソースはいずれも自家製。生卵の黄身を崩して食べるとコクとマイルドさがアップして、また違うおいしさになる。各店ともお酒やつまみを取り揃えているので、飲んだ後のシメに食べるのもよし!

カウンターがメインで座敷席もあり。宴会に利用する地元の常連客も。
家で作れる生麺セットは2食入り750円(税別)、5食入り1500円(税別)で店内で販売。
高島平の本店は創業から30年以上。

『あぺたいと 本店高島平店』店舗詳細

住所:東京都板橋区高島平7-12-8/営業時間:11:00~15:00LO・17:00~23:00LO(土日祝11:00~22:00LO)/定休日:月(祝の場合は火休)/アクセス:三田線新高島平駅から徒歩2分

構成=フラップネクスト 取材・文=古澤誠一郎 撮影=小野広幸