2012年/はたして龍の公園遊具があるのか?

そのアイデアを思いついたのは2011年。迎える翌年は辰年(たつどし)である。12年がかりのプロジェクトを始めるにしてはキリが悪い気もしたが、私は辰年生まれ、年女でいいじゃないかと自らを納得させた。12年後、公園遊具にまたがり写真を撮る48歳の自分が一瞬頭に浮かんだが、それは極力考えないことにした。

問題は「龍の公園遊具があるのか?」ということだ。現在は便利なインターネット時代、「龍 公園遊具」というキーワードで検索をかけると、いくつかの公園がヒットする。龍という動物(?)の特性上、巨大すべり台などになっているようである。福岡や沖縄の公園にいいデザインの龍の遊具があったが、東京在住の私は、最も行きやすいというただその一点で、昭和記念公園の龍を選んだ。

さっそく撮影アシスタントのHさんを伴って昭和記念公園に出かける。しかし時は11月のよく晴れた日曜日。公園はたくさんの家族連れでごった返している。龍のオブジェがある「ドラゴンの砂山」付近にも子どもたちが群がり、その中でヘルメットにサングラス、革ジャン姿の私はどこから見ても不審者である。Hさんと「これは撮影ですよ、お仕事なんですよ」という風を装い、急いでドラゴンの背によじ上って写真を撮ってもらうが、どうしても子どもたちがフレームインしてしまう。それでも意地になって撮り続けているうちに、子どもたちも異様な空気を察して避けたのか、誰も写り込まない一枚が撮れた。

昭和記念公園の撮影風景(2011年)

その奇跡の一枚をもとに、生まれて初めて印刷屋さんに年賀状を発注した。これほどまで年賀状を出すのにワクワクした年はなかった。年が明けて皆と顔を合わせた時、何と言ってくれるだろうか。

2012年の年賀状

ところが年始に返ってきた反応は「イラストの年賀状が来ると思った、こんな年賀状は期待していなかった」という厳しいもので、私は現実が自らの思い通りにいかないことを思い知ったのである。以降「十二支ライダー」はWeb上で発表するのみとなり、また年賀状デザインに頭を悩ませる生活に逆戻りした。

2013年/ヘビはとぐろを巻いてないほうが良い

翌年は巳年(みどし)。よこはま動物園ズーラシアにヘビの遊具があると聞き、Hさんを伴って出かけた。確かに園内には、とぐろを巻いたリアルなヘビの置物があった。極度のヘビ嫌いのHさんが顔を背けながら撮影してくれた一枚は、「ライダー」というよりまるで「ヘビに締め上げられたカエル」。

ズーラシアにて(2012年撮影)

これでは趣旨に反する。どこかにまたがれるヘビ遊具はいないものか、しかもかわいいのが。

その希望に合致するヘビ遊具はすぐに見つかった。板橋・蓮根川緑道の通称「ヘビ公園」には、とぼけた顔をしたヘビが二匹、向かい合って寝そべっている。巳年の年賀状にぜひお勧めしたいスポットであるが、遊具自体が大きいため、構図には気を付けた方が良いかも知れない。

2013年版

2014年/根岸で馬の遊具に小躍りする

午年(うまどし)にはさして悩むこともなかった。馬の遊具は各地に豊富にあるからだ。その中で私は、横浜の根岸競馬記念公苑を選んだ。ここは日本初の洋式競馬場の跡地であり、園内にはさまざまな種類の馬の遊具がある。私は小躍りしながら各馬にまたがり、写真を撮った。3年目にして私は初めて「十二支ライダーを撮ってきて良かった」と思った。私は一体何と戦っているのだろうか。

2014年版

未年(ひつじどし)を前にしても、私は楽観視していた。かわいいヒツジの遊具には心当たりがあったからだ。ところがここで思いもよらない出来事が発生する。その翌年の申年(さるどし)も合わせ、十二支ライダー撮影にこれほどの苦難が待ち受けていようとは、2014年の私には想像もつかなかったのである。(つづく)

絵・取材・文=オギリマサホ