秋山郷

独特な生活様式や文化が息づく秘境

「日本農村景観100 選」の石垣田。明治の開墾だが古代遺跡のよう。

平家の落人伝説が残る秋山郷は、信濃川の支流である中津川上流に点在する新潟県津南町7集落と長野県栄村5集落の総称。「日本の秘境100 選」の一つで、苗場山(なえばさん)と鳥甲山(とりかぶとやま)に挟まれた山間(やまあい)にある。交通の便が悪い豪雪地帯で独特の生活習慣が育まれた。厳しい自然とともに生きてきた人々の暮らしの知恵と豊かな人情、温泉が大きな魅力。新潟側の観光は結東(けっとう)集落が中心で、片道1~2時間の手軽なトレッキングコースが4つある。

木の吊り橋、見倉橋はNHKドラマ「精霊の守り人」のロケ地。

秋山郷結東温泉かたくりの宿

学び舎を改築した郷愁の秘境宿

通年営業で、雪深い自然と独特な文化に触れられる体験交流施設。

津南の廃校は小・中学校計30校ほど。多くが忘れられていくなか、1992年に108年の歴史を閉じた翌年、宿として再生した結東小学校は幸せ者。教室は7つの和室に、校長室は浴室に活用されている。新潟秋山郷で中心的な集落にあり秋山郷歩きのベースに最適。大地の芸術祭(次回は2021 年)では拠点の一つになる。プール跡に立つ「Melting Wall」(本間純作)は2003 年の芸術祭参加作品。

絵画を展示する食堂で、山菜など地の食材を使った手作りの料理を。
秋山郷や登山などの書籍が並ぶ本棚。学校で使われていたと思われる振り鐘も残る。
住所: 新潟県津南町大字結東子392

山の展望台(前倉トド展望台)

標高1000mから眺める名山と秋山郷の家々

前倉の丘陵線にある。右端が苗場山だが、あいにく雲に隠れていた。

かつて秋山郷と町場の人々が物々交換をした場所に2015年にできた展望台。鯨の背のような山容の苗場山とⅤ字形の深い中津川渓谷、そこに抱かれる集落が一望でき、晴れていれば遠く八海山もみることができる。自家用車でしか行けず、しかも通行止め区間があり(2019年8 月上旬現在)前倉地区から直接アクセスできないため時間がかかる。
●見学自由。前倉

小松原湿原

尾瀬もかくや、の池塘トレッキング

この地に居住したという平家重臣の名字から名付けられたそう。

標高1350 ~ 1600 mの間で3 段に分かれた地形に、たくさんの池塘(ちとう)が点在する。この湿原の成長過程は、高層湿原に分類されるという。ワタスゲなど高山湿原植物の宝庫で、木道が設置され秋はベニサラサドウダンの花が咲く。苗場山にアプローチするマイナーコースの中間点でもある。
●大田新田ルート所要約3 時間40 分、見倉ルート約5 時間

苗場山麓ジオパーク

火山と川がつくった自然と文化を体感

町内穴藤地区で発見された古型マンモスにちなんだオブジェ。

日本有数の河岸段丘や柱状節理など台地の躍動を体感できるジオパーク。津南町・長野県栄村全域にジオサイトが点在する。ジオパークの拠点の一つが『農と縄文の体験実習館 なじょもん』。縄文遺跡が多い津南町ならではの施設で、豊かな湧水や動植物の恩恵を受け段丘に暮らしてきた縄文時代の人々の生活が体感できる。

無料で縄文衣装を着たり、出土した本物の火焔型土器を手に持って記念撮影をすることができる。
住所:新潟県津南町大字下船渡丁乙835/営業時間:9:00~17:00/定休日:月(祝の場合は翌火)

石落し

東京タワーとほぼ同じ高さの柱状節理の岩壁

秋山郷の入り口に荒々しくそびえる岩壁。公園は1周15分ほど。

中津川左岸を覆う柱状節理の発達した岩屏風。約30 万年前に噴出した苗場山の溶岩で、中津川に浸食されて現在の峡谷になった。雪どけの頃、雪崩とともに岩が音を立てて落ちるため「石落し」の名があるとか。「日本のグランドキャニオン」ともいわれる絶景は、ジオパーク認定にあわせて5年前にできた対岸の公園から一望できる。
●見学自由。津南見玉公園

雪国‼

秋山郷が秘郷なのも豪雪地帯だからこそ

コンクリートの頑丈な雪囲いが守る消火栓。冬はさらに板で覆う。

苗場山麓ジオパークを特徴づける要因の一つが、日本有数の豪雪地帯であること。無雪期の観光でもそれは実感できる。道路の消雪パイプや道端のポール、ヒレ付き電線。家をみれば二重扉の玄関、保温材を巻いた水道管、スノーダンプやスコップ。関東人には想像のつかない雪国の苦労を垣間見る。ちなみにJR の日本最高積雪地点は隣の栄村にある。

雪を滑りやすくした三角屋根の祠(ほこら)。かなりの急傾斜。

川の展望台(河岸段丘と信濃川の展望台)

数十万年かけてつくられた日本最大級の河岸段丘

段丘崖の高さや広がり、段数の多さから「日本一の河岸段丘」とも。

ジオパークを観察できる4つの展望台の一つ。新旧9 〜12段の河岸段丘が一望でき階段状の地形がよくわかる。河岸段丘は地球規模の気候変動を背景に、大地の隆起と中津川や信濃川のはたらきでつくられた。段丘面には、河原の砂や礫(れき)の層と、その上に飛来した火山灰が降り積もっている。ここでいちばん古い段丘は40 数万年前の形成とされ、この年代の段丘が今も残っているのは日本では貴重とか。
●見学自由。上郷上田

山伏山の風穴

冷気が噴き出す釣鐘状の山

夏場住みたくなる冷感空間。7月中旬でもわずかに残雪があった。

約220 万年前から150 万年前の火山活動で造られた山伏山は、柱状節理が見られる安山岩の山。裾野に風穴(ふうけつ)が点在し、かつて冷気を利用した養蚕卵保管所が設けられた。その遺構の石組みの隙間からは今も冷気が噴き出している。風穴近くまで車で行けるが、麓のキャンプ場から歩いても標高903 mの山頂まで30 分たらず。
●見学自由。大字上郷寺石

今井城跡

状態良好!河岸段丘を活用したジオな城

まず現れるのは二の丸への橋台。往時のままと思うほど状態がよい。

中津川左岸、信濃川を一望する標高450 mの段丘面の突端に築かれた立派な山城の跡。平安末期、木曽義仲に仕えた今井四郎兼平が最初に築いたといわれるが定かではない。現在見られる遺構は戦国末期、16 世紀中頃のもので、堀、本丸(主郭)、二の丸(副郭)の跡がはっきり残る。よく視認できないが畝形阻塞(そさい)も特徴的。
●見学自由。大字上郷大井平字城

高さ4mの土塁から三角形の本丸を望む。畝形阻塞は写真後方。

とんかつ つまり

「妻有ポーク」のサクサクとんかつ

いちばん人気のとんかつ定食1160円。タレかつ丼1050 円は卵なし系。

地元の有名ブランド豚「妻有ポーク」や新鮮な野菜、魚沼産コシヒカリなど地の食材にこだわる。厚めの衣はサクサクで、しっとりときめの細かい食感。ロースを120g使うとんかつ定食は、熟成肉のおいしさを引き出した絶品。

住所: 新潟県中魚沼郡津南町芦ケ崎乙203/営業時間:11:00~17:00(水は~15:00)/定休日:無