早寝早起きを実現するための切り札

明日こそは早起きしよう。日の出とともに行動開始して、涼やかな朝の空気を吸って散歩しよう。毎晩そう誓って目覚まし時計をセットするのに、結局はスヌーズ機能が大活躍、陽が高く登るまで眠りこけてしまう……。
自己嫌悪に苛まれた筆者は、怠惰な生活に終止符を打つべく打開策を考えた。

それは、早朝に完全な“予定”を入れてしまうという技。
「おさんぽしようかな」という生ぬるい意志で終わらせず、“予定”にしてしまう。さらに言えば、“予約”を入れてしまう。二度寝しようものなら、ひと様に迷惑をかける羽目に……とならば、さすがの寝坊助でもきちんと起きられるはずだ。

そこで目をつけたのが、「三井ガーデンホテルズ」のデイユースプラン「ランナー応援! Running TOKYO」。その名の通りランニングする人向けだが、ジョギングでもウォーキングでもツーリングでもテレワーキングでも、用途は自由。デイユース(日帰り)と聞くと日中に利用するイメージだが、このモーニングプランは利用時間が朝6〜10時。朝さんぽに最適じゃないか!

最大4時間使えて一室3300円也。ちょっと贅沢すぎるかしらと思いつつ、翌日の6時チェックインで予約した。睡魔という名の強敵に打ち勝つにはこれくらいやらねばならんのよ。

「神宮外苑の杜プレミア」に向かう

当日は、期待と少しばかりの緊張も相まって、5時に起床することに成功。
今回利用するのは、国立競技場の真ん前に建つ「三井ガーデンホテル 神宮外苑の杜プレミア」だ。

東京に住んでいると、こんな機会でもなきゃ利用する機会もなかなかない。

非日常感の効果か、すでに眠気は微塵と残っていない。チェックインを済ませて、荷物を置きにお部屋へ。ランニングするならここで着替えればよし。ウォーキングやお散歩の場合でも、荷物が軽いに越したことはない。

新宿の高層ビル群を望む部屋だった。

ゴロンと寝転がりたくなる気持ちを抑え、財布と携帯だけお尻のポケットに突っ込んで、本気の散歩スタイルを整える。普段ならできないポイントの1つだ。

ミネラルウォーターは1人1本サービス。

さらに、オリジナルのランニングマップもついてくる。せっかくなので、この神宮外苑と赤坂離宮をぐるりとまわるコースをメインに歩いてみよう。

いざ、朝さんぽ開始!

ホテルを出ると、目の前にどどんと国立競技場。その脇を沿うように南へ下る。

緑豊かでジョギングやウォーキングにうってつけのコースとあって、朝さんぽ仲間もちらほら見かける。この日は予想最高気温が35度を超える猛暑日。屋外を快適に歩ける唯一の時間帯といってもいいかもしれない。

いちょう並木の木陰は一層涼しい。

青山通りを赤坂離宮に沿って歩く。この時間だと中には入れないが、脇をゆっくりと歩くだけでも気持ちがいい。

赤坂離宮の東門付近、紀伊国坂から四谷方面を望む。
JR信濃町駅前の歩道橋から見下ろす外苑東通り。

ちなみに、アコギの音色が似合うコースだなと思い立ち、途中から自前のプレイリスト聴きながら歩いた。

散歩のお供に欠かせないもの。人それぞれ必需品があるだろうけれど、筆者の場合はイヤホンだ。新しいアルバムを手に入れたら、延々と聞きながら2時間も3時間も歩いてしまうくらい、音楽と歩くことは相性がいい。そんなことを考えていたら、編集長が映画『カセットテープ・ダイアリーズ』にかこつけてブルース・スプリングスティーンの散歩用プレイリストを作って記事にしていた。羨ましい。散歩の達人POCKET『東京ビートルズ地図』編集担当の筆者としては、黙っちゃいられない!というわけで、ビートルズ縛りの散歩用プレイリストを作ってみた。全15曲で約42分。各曲You Tubeのリンクと、Spotifyの公開プレイリスト付きだ。これからの季節にぴったりな早朝の散歩を想定して、穏やかで優しい曲を中心に選んである。ビートルズ歴15年の二十代女子による独断と偏見にまみれたセレクトだが、どれも名曲には違いない。伝説のバンドのナンバーで彩る、充実した朝さんぽをどうぞ。

約5km、1時間弱。ぐるりと回って、ホテルが見えてきた。

さすがに陽も昇り切ってすっかり汗だくだが、今回の嬉しいポイント2つめは、速攻シャワーを浴びられること。しかも、「神宮外苑の杜プレミア」には大浴場があり、今回のプランでも利用可能なのだ。これが嬉しいったらありゃしない。

画像=三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

さらにフィットネスルームも利用可能という充実具合。

画像=三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

ゆっくりお湯に浸かった後は、10時のチェックアウトまでしばし部屋でウトウトするもよし、ホテルの朝食(宿泊者2420円、本プラン利用者は10%割引)を利用するもよし。

仕事の日はここから出社してもいいし、休日ならさらなる街歩きへ繰り出すのもありだろう。

また、雨の日はキャンセル料無料となる。晴耕雨読、あいにくのお天気なら潔く家にいましょうという選択肢もあるのがありがたい。

illust_2.svg

久しぶりに早起きしたものだから、当日は20時にはすでにGo Toベッドしたいほどの心地よい疲れ具合。これがきっかけとなって生活リズムが整い、翌日から毎日早起きできる……はず!

 

文・撮影=中村こより(編集部)

三井ガーデンホテル「ランナー応援! Running TOKYO」
予約受付・利用期間は2021年1月31日まで