タピオカミルクティー発祥のお店

表参道の横道を入り、少し歩いたビルの1Fにある『春水堂(チュンスイタン) 表参道店』。

創業1983年、台湾で50店舗以上を展開するお茶専門カフェ『春水堂』。台湾での創業時の店名は、『陽羨茶行(ヨウケン茶屋)』。

ホットが当たり前のお茶の業界で、アイススイートティーを独自に開発し、さらに1987年に濃厚なミルクティーにタピオカを入れた「タピオカミルクティー」を発明。一気に人気店になりました。そして2013年に代官山に日本1号店が登場して、現在は日本国内でも約20店舗近く展開する人気店になっています。

台湾の雰囲気漂うシックで落ち着いた店内。

おひとり様でも、ゆったりと過ごすことが出来ます。

愛玉鉄観音レモンティー 600円。タピオカミルクティー 600円。

お店でお客様に提供するドリンクを作れるのは、茶葉に対する専門知識を習得の上、テストに合格して「お茶マイスター」の資格を取った社員のみとのこと。

その社員が毎日気候や茶葉に合わせたお茶の仕込みを行い、オープン前にテストドリンクを作成して試飲し、お茶の品質を日々細かく調整しているそうです。

空前のタピオカブームも落ち着いてきた感じがありますが、『春水堂』がブームに関係なく今も変わらず人気なのは、やはりタピオカミルクティー発祥のお店で茶葉にこだわった本物を提供しているからですね。

台湾のヘルシー豆乳スイーツ“豆花”

豆花(トッピング4種のせ)750円。

台湾スイーツの定番、豆花(トウファ)。

豆乳をにがりなどで固めてシロップなどをかけて味わうスイーツです。

春水堂では、ベースの豆花 (550円)に好きなトッピングを選んで乗せることが出来ます。

トッピングは、1トッピング50円で6種類(タピオカ、マンゴー、いちご、小豆、愛玉、ピーナッツ)があります。

今回黒猫は、マンゴー、いちご、小豆、ピーナッツの4種類をチョイスしたにゃー♪

ふるふると優しい甘さの豆花に、フルーツやピーナッツなどが良いアクセントになってウマウマMAXひゃっほー!

スイーツなのに、あまり罪悪感なく味わえて最高ですよ。

台湾フードメニューも充実

鹹豆漿 700円。

台湾の伝統的な朝ごはんとして人気の豆乳スープ、鹹豆漿(シェントウジャン)。

蒸し鶏、パクチー、たまごの3種のトッピング付きです。

トッピングを乗せて、黒猫初の鹹豆漿。

お酢で固まった豆乳が“おぼろ豆腐”のようで、身体に優しく染み渡る美味しさ。

あー! これはまさに朝食にぴったりで大満足にゃー♪

魯肉飯 850円。

台湾屋台の定番メニュー、魯肉飯(ルーローハン)。

最近では、日本でも専門店も出来始めて人気になって来ています。

黒猫も大好きな台湾フードメニューのひとつです。

八角などの香辛料と一緒に甘く煮込んだとろとろの角煮が、ごはんにぴったり。

トッピングの煮卵で、さらにテンションMAX!

この魯肉飯は、お代わりしたい美味しさで黒猫おすすめです。

 

優しいスイーツ豆花と絶品台湾フードで、今回も大満足の“黒猫スイーツ散歩”だったにゃー♪

取材・文・撮影=ミスター黒猫