宮治淳一(みやじじゅんいち)

1955年、茅ケ崎市生まれ。音楽評論家、DJ、音楽プロモーター。『宮治淳一のラジオ名盤アワー』(ラジオ日本)、『宮治淳一のアワ・ヒット・パレード』(FM湘南マジックウエイブ)に出演中。著書に『茅ヶ崎音楽物語』(ポプラ社)など。

加山雄三と桑田佳祐を筆頭に、数多くのミュージシャンを生み出し、「湘南サウンド」の核となってきた茅ケ崎。『茅ヶ崎音楽物語』の著書があり、桑田佳祐さんの同級生でサザンの名付け親でもある音楽評論家の宮治淳一さんに、「茅ケ崎と音楽の関係」について話を聞いた。茅ケ崎に関わりの深いミュージシャンの作品はページの下で確認を!

illust_11.svg
──宮治さんが生まれた頃の茅ケ崎はどんな街でしたか?
宮治

僕が生まれたのは市制施行(1947年)から8年目で、人口は今の4分の1の6万人くらい。当時は海岸から2㎞離れた僕の家からも防砂林が見えるほど、街に家も少なかったです。

現在は「サザン通り」も「雄三通り」も正式名称となり看板も随所にあり。駅南側にサザンと加山雄三の関連スポットが多いので、ビーチへの散歩がてら立ち寄るのがオススメ。
──当時から俳優の上原謙さんは茅ケ崎に住んでいて、駅南側の自宅前の通りは「上原謙通り」と呼ばれていたと聞きました。
宮治

上原さんは当時の超ビッグネームなので、その頃の茅ケ崎市民にとっては、今の雄三通りは「上原謙通り」なんです。雄三通りと呼ばれはじめたのは、息子の加山さんが若い世代に人気になってからですね。

加山雄三の垂れ幕が連なる雄三通り。AI技術で合成した加山さんの声も街で流れている。
──宮治さんは上原さんの自宅の横で、生まれて初めてエレキギターの音を聞いたそうですね。
宮治

ちょうど小学校への通学路にその家があったんです。たぶん加山さんが近所の親戚の喜多嶋兄弟と、ザ・ランチャーズ【1】の練習をしていたんでしょうね。

サザンも歌にしたパシフィックホテル

──加山さん一族はサザンオールスターズやブレッド&バターも歌にした 「パシフィックパーク茅ケ崎【2】」(パシフィックホテル)のオーナーでもありました。
宮治

あの施設は加山さんの叔父の岩倉具憲(とものり)さん(岩倉具視〈ともみ〉の子孫)が中心となり、「世界に負けないリゾートを」と茅ケ崎の砂山の上に建てたものでした。観葉植物が並び、温水プールからボウリング、ビリヤードまで様々な遊びがある場所で、建物最上階のバーは茅ケ崎市民は入れない上流階級の空間でした。実際に東京の人ばかりが来ていたようですし、周辺の都市計画も追いつかない浮世離れした空間で、加山さん一族の経営は5年で終わってしまいました。

──茅ケ崎関係のグループだと、ワイルド・ワンズも名付け親が加山さんですし、ブレッド&バターのお二人が中心に運営していたカフェ【3】も、 加山さんの親族の邸宅だったと聞きました
宮治

その家が岩倉具憲さんの屋敷で、庭には25mプールがあったんですよ。その駐車場を改造して作られたカフェも、まあ茅ケ崎のノリとはまったく違う空間で入りづらかったですね。

──そこでは南佳孝さんがライブをしたり、荒井(松任谷)由実さんが来たりしてたんですよね。
宮治

南佳孝さんは茅ケ崎に住んでもいましたからね。やはり東京の人からすると、茅ケ崎のあたりは60分で来れる一番近くのリゾートで、東京のプレッシャーから開放されてボーッと過ごせる場所だったんでしょう。

──茅ケ崎は戦前から上流階級の別荘地 ・ 療養地【4】でしたが、そうした土地の特性は茅ケ崎の音楽文化と関係があるのでしょうか。
宮治

それはあるでしょうね。裕福な人や都会の人がリゾート的に利用することで、ふつうの田舎よりも多様な文化が流入しやすい状況があったと思います。

茅ケ崎駅周辺で複数店舗を構える『長谷川楽器店』。桑田佳祐もギターを買いにきたという。
──一方で宮治さんの同級生の桑田佳祐さんは茅ケ崎生まれ・茅ケ崎育ちですよね。そして宮治さんと桑田さんは、大学在学中の1975年に「湘南ロックンロールセンター」というサークルを作り、茅ケ崎でコンサートをはじめるようになります。これは宮治さんの発案だったのでしょうか?
宮治

高校3年生のときに僕が学校の文化祭でライブをやって、彼もそこに出演していたので、「こういうライブを大学に入ったらまたやろう」と話して始めたものでした。

加山雄三からサザンへとバトンタッチが行われた

サザン通りと十字に交差する「サザン通り商店街」 。サザンの曲名が書かれたプレートも。
──宮治さんが「サザンオールスターズ」の名前を付けたのも、「湘南ロックンロールセンター」のライブのときなんですよね。
宮治

そうでしたね。当時はまだ彼のバンドに正式な名前がありませんでしたが、『ぴあ』に情報を出すときに何か名前が必要でした。でも桑田からは約束の日まで連絡がなかったので、僕が風呂場で聞いていたファニア・オールスターズと、ニール・ヤングの『サザン・マン』を組み合わせて、「今回はこれでいいや」と付けたものだったんです。まさかそれが40年以上使われるとは思ってなかったですね。

──それが今や商店街やビーチの名前にもなってますからね。サザンの人気が増す中で、茅ケ崎の街での存在感が大きくなっていくのは感じていましたか?
宮治

感じてましたね。以前は茅ケ崎の話をすると「加山雄三さんの街ですよね」と言われていたのが、ある時から「サザンで有名ですよね」 と変わったんです。加山さんからサザンへと、茅ケ崎の音楽が完璧なバトンタッチがなされたんですよね。

外向きで独自の音楽を作りやすい茅ケ崎の土地柄

商店街事務所を改造して生まれたサザン通り商店街の「サザン神社」。今やファンの名所に。
──なぜ茅ケ崎には優れたミュージシャン【5】が次々と生まれたのでしょうか。米軍キャンプがあったことも関係してか、加山さんがハワイアンやエレキをいち早く取り組んだように、海外の文化を取り込みやすい場所だったのでしょうか。
宮治

それもあるかもしれないな。あとは海辺の開放感のせいで、内向きじゃなく外向きの音楽を作りたくなるんでしょうね。実際に茅ケ崎からは私小説的なフォークのミュージシャンとかはあまり生まれていませんから。

──加山さんも「波の音を全身で感じていると気持ちのよいメロディができる」と仰ってましたね。 あと映画『茅ヶ崎物語』【6】では、文化人類学者の中沢新一さんが「海の民の開かれた精神性」にも言及していました。
宮治

科学的に証明できない話ですけど、それは実際にあると僕も感じました。茅ケ崎の東海道線より南側は、もともとただの砂山で、加山さんの家も桑田の家も、有史以来はじめて人が住んだ場所。鎌倉から茅ケ崎に移った知人の音楽家が「鎌倉は空気が重かった」 と言ってましたが、茅ケ崎は真逆です。何せ何もない土地だったし、受け継ぐものも何もないので、オリジナルの文化を作るには最高の場所なんだと思います。

21年4月には雄三通りに加山雄三のデビュー60周年記念モニュメントも誕生している。

【1】ザ・ランチャーズ
加山雄三を中心に結成された後、従弟の喜多嶋瑛、喜多嶋修の兄弟が加入。加山が抜けた後、1967年に「真冬の帰り道」でデビュー。

【2】パシフィックパーク茅ケ崎
1965年竣工。菊竹清訓の設計で本館は11階建てのメタボリズム建築。最先端の高級リゾートだった。廃業と取り壊しを経て、現在は跡地に高級マンションがある。

【3】(ブレッド&バターの)カフェ
若者のコミューンと化していた600坪の邸宅のガレージを改装して1975年に開業。南佳孝や小坂忠らもライブをした。78年に閉業。

【4】別荘地 ・ 療養地
東洋一のサナトリウムと呼ばれた『南湖院』 や小津安二郎も定宿とした『茅ヶ崎館』が明治32年(1899)開業。九代目市川團十郎ら別邸を構えた文化人も多い。

【5】(茅ケ崎の)ミュージシャン
本文で言及できなかった茅ケ崎在住・茅ケ崎に別邸を構えた音楽関係者には添田唖蝉坊(あぜんぼう)、中村八大(はちだい)、平尾昌晃、MOOMINらがいる。

【6】映画 『茅ヶ崎物語』
2017年公開。茅ケ崎と音楽・芸能の関係性を探る探訪記で、宮治さんや人類学者の中沢新一、桑田佳祐、加山雄三も登場。ドラマ部分には神木隆之介らが出演。

illust_4.svg

〈話を聞いたお店〉『BRANDIN』

1万枚超のレコードが並ぶ、宮治さんのカフェ

宮治さんご夫妻が1999年に開業したミュージック・ライブラリ&カフェ。60~70年代のポップ・ロックを中心とした宮治さん所有のアナログLP約1万枚を自由に聴くことができ、地元の音楽好きの交流場所としても親しまれる。希少なジュークボックスでの再生も可能だ。

住所:神奈川県茅ケ崎市富士見町1-2/営業時間:13:00~18:00
/定休日:水・木/アクセス:JR東海道線・相模線茅ケ崎駅から神奈中バス「辻13辻堂駅南口」行き11分の「平和学園前」下車3分。
illust_11.svg

〈茅ケ崎に関わりの深いミュージシャンの作品〉

加山雄三『恋は紅いバラ ~Exciting Sound Of Yuzo Kayama And The Launchers』

加山雄三が自身のルーツのアメリカン・ポップスを表現した1966年の2枚目のアルバム。全編英語詞で、従兄弟の喜多嶋兄弟らと制作された。

加山雄三「加山雄三通り」

ジャケに烏帽子岩が写る1978年のアルバム。表題曲では「茅ヶ崎駅から俺んち経由海に抜ける道」と歌う。「光進丸」「七里ヶ浜」も収録。

ザ・ワイルドワンズ『ゴールデン☆ベスト ザ・ワイルド・ワンズ』

1966年に『想い出の渚』でデビューした加山命名のグループ。メンバーの加瀬邦彦は茅ケ崎在住の高校時代から加山と親交があった。

ブレッド&バター『バーベキュー』

茅ケ崎育ちの岩沢幸矢&二弓の兄弟デュオの1975年作。ジャケは岩倉具憲の邸宅の庭。同年からはその邸宅の一部でバンド名と同じカフェを開業。  

ブレッド&バター『パシフィック』

1981年作。収録曲で歌った「ホテル・パシフィック」では幸矢さんがアルバイトしていた。なお同曲の作詞は呉田軽穂(松任谷由実の別名義)。

尾崎紀世彦「また逢う日まで」

実は茅ケ崎出身で、茅ケ崎周辺で活動したヒロ・ハワイアンズの元メンバー。1971年発売の本曲でレコ大受賞時には、地元の肉屋の店主もステージに。

荒井由実『14番目の月』

1976年の同作収録の「天気雨」では茅ケ崎のサーフショップ『ゴッデス』や相模線が登場。実際に本人はこのころ湘南でよく遊んでいたという。

サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」

1978年のデビュー曲。歌い出しは「砂まじりの茅ケ崎」。ほかサザンの歌詞や曲名には「ラチエン通り」「烏帽子岩」「ゴッデス」なども登場する。

サザンオールスターズ「HOTEL PACIFIC」

2000年の茅ケ崎ライブのために制作した曲。桑田佳祐はパシフィックパークのボウリング場にはよく行ってたそうで、別の曲のMVにも登場する。

Suchmos『THE BAY』

ボーカルのYONCEが茅ケ崎出身・在住を公言。2015年発売の本作収録曲の「GAGA」の歌詞に茅ケ崎が。ほかの作品のMVでも茅ケ崎がよく登場。

取材・文=古澤誠一郎 撮影=三浦孝明
『散歩の達人』2021年8月号より

『散歩の達人』2021年8月号では茅ケ崎のミュージシャンの話を音楽評論家・宮治さんに伺ったが、「湘南サウンド」と呼ばれる音楽は範囲が曖昧(そもそも湘南の範囲自体が曖昧)。そこには茅ケ崎以外のミュージシャンが含まれることも当然多い。