陽はまたのぼる

スープの「ライブ感」を楽しんで

煮干しそば850円。ストレート麺が煮干しスープと好相性。低温調理による柔らかいチャーシューも美味。

エグみを抑えつつ、煮干しの風味を最大限に引き出した煮干しそばが自慢。そのスープの仕込みは、開店当初から試行錯誤の連続だった。「今は8種類の煮干しで安定したけれど、素材の状態や自分自身の精神状態で味が変わる」と、店主の大川真弘さんは苦笑い。それでも「納得のいくものしか提供しない」という信念を貫き、2017年度のTRY新人賞にぼし部門で第1位に輝いた実力派。

味付き替え玉=和え玉200円。大盛りの代わりに。
店主の大川さんは「Dragon Ash」のファン。店名も彼らの曲から。

『陽はまたのぼる』店舗詳細

住所:東京都足立区綾瀬2-1-4/営業時間:11:30~14:30・18:30~21:00(売り切れ次第終了)/定休日:水/アクセス:JR常磐線・地下鉄千代田線綾瀬駅から徒歩8分

らーめんしょっぷ中吉

味も店主の人柄もインパクト最強

ホエー豚のアメリカンバーベキューぶっかけ930円+特盛りチーズ200円。ホエー豚は6時間煮込み、とろけるような食感に。バーベキューソースが食欲をそそる。

名物・ホエー豚のアメリカンバーベキューぶっかけには、最低3度驚かされる。ゴロっと豪快に盛られたホエー豚の角煮にまず目を疑う。スープをひと口すすれば、鶏ガラやゲンコツなどをベースにした、濃厚かつ円みのあるマイルドな風味に驚嘆する。さらにケチャップの酸味がアクセントのトロトロ角煮にノックアウト必至! 無愛想な店主の振る舞いは、あくまで味で勝負するという気概の表れだ。

定番の牛すじぶっかけ900円は生卵入り。
店主は一見怖そうだがラーメンとお客への愛は限りなく深い。
独創的&ボリューム満点のメニューがズラリ。

『らーめんしょっぷ中吉』店舗詳細

住所:東京都足立区綾瀬3-9-6 小島ビル/営業時間:18:00~22:50/定休日:火/アクセス:JR常磐線・地下鉄千代田線綾瀬駅から徒歩2分

味安

名物トリオにかぶりつけ!

日替定食の本まぐろ刺身と唐揚、コロッケセット1020円。とり唐揚は2個330円で、単品注文もできる。

「一番の名物はおばちゃんたち」とは、母体「パンダグループ」の社長・今泉義之さん。テキパキ働くおっかさんたちに見とれてしまう。そして料理にも迷う。足立市場仕入れの本マグロは、日によりブツ、中落ち、刺し身に。なかでも、ほくほくコロッケと唐揚げが付く名物そろい踏みの日替わり定食は狙い目。自家製ダレに漬け込んだゲンコツ大の唐揚げは、他の定食に単品をプラスする人が続出するほど。ビールのアテにも最強だ。

三角巾をかぶったおっかさんたちの笑顔と働く姿にも惚れる。揚げ物、刺し身、炒め物は職人さんの出番だ。
注文後に作りはじめる弁当も販売し、客がひっきりなし。電話注文可。

『味安』店舗詳細

住所:東京都足立区東綾瀬2-4-2/営業時間:9:00~24:00(~11:00は朝食営業、平日15:00~16:00は支度中)/定休日:無休/アクセス:JR常磐線・地下鉄千代田線綾瀬駅から徒歩12分

構成=株式会社エスティフ 取材・文=佐藤さゆり、松井一恵(teamまめ)、上原純(Office Ti+) 撮影=オカダタカオ、小野広幸、金井塚太郎