ワクワクするビール初体験はこの酒屋で『北沢小西』[下北沢]

太一さん(左)と常連客たち。惚れる銘柄で盛り上がる。近くのたこ焼き屋『TACOYACoCo』から、焼きたてをデリバリーしてもらうことも可能。ドラフトは1種を用意。
太一さん(左)と常連客たち。惚れる銘柄で盛り上がる。近くのたこ焼き屋『TACOYACoCo』から、焼きたてをデリバリーしてもらうことも可能。ドラフトは1種を用意。

アメリカと日本のクラフトビールに特化し、約160種類を扱う。創業85年の酒屋をリニューアルしたのは、2012年11月のこと。店を営む、倉嶋太一さん、恵美さん夫妻は、勉強するごとにクラフトビールの世界に惚(ほ)れ込み、大手銘柄を置く棚さえもクラフトビールに充てる、という振り切った品揃えになった。試飲をはじめたのは、「飲んだことのないビールをたくさん飲んでほしい」から。迷う方には、「ピザ屋が本気で作ったビール」(PONTO S.I.P.A.)や、「国産のユズと山椒を使ったベルギー産のビール」(KAGUA ブラン)など、ユニークなリコメンドをしてくれる。店内には、ご主人の愛するスターウォーズフィギュアが。いくつになっても、こんな趣味空間に癒やされるのだ。(現在は販売のみで、有料試飲は休止中)

 

好きなものがちりばめられる空間に、ワクワクする。
好きなものがちりばめられる空間に、ワクワクする。
創業90周年を機に看板もリニューアル。
創業90周年を機に看板もリニューアル。
店長おすすめの一本は、シアトルサイダーのシトラス。ビールと共に力を入れる、アメリカでブームを巻き起こしているという、ハードサイダー。炭酸入りのリンゴの酒。473㎖ 845円。
店長おすすめの一本は、シアトルサイダーのシトラス。ビールと共に力を入れる、アメリカでブームを巻き起こしているという、ハードサイダー。炭酸入りのリンゴの酒。473㎖ 845円。

『北沢小西』店舗詳細

住所:東京都世田谷区代沢5-28-16/営業時間:14:00~22:00(土は11:00~、日・祝は11:00~21:00)/定休日:火・不定/アクセス:京王電鉄井の頭線・小田急電鉄小田急線下北沢駅から徒歩6分

ご近所さんじゃなくてもよっといで『京成小岩クラフト酒店』[京成小岩]

大きな窓からは楽しそうな店内が。期待が高まる。
大きな窓からは楽しそうな店内が。期待が高まる。

2015年6月に開店。店があるのは、店主・池田大輔さんが、「追い詰められた犯人が迷い込みそう」と例える、レトロな路地の突き当り。昭和風情漂う看板が連なる先に、思いのほか、アットホームな酒屋の明かりが灯っている。なにせ“女子がスウェットで来られる店”が、コンセプト。つまみに近隣の精肉店のハムや食材を盛り込むのは、「ご近所さんに楽しんでほしい」と考えると同時に、「地元が盛り上がれば」という思いから。1階で買ったクラフトビールを2階で飲めるという仕組みで、英会話×ビール、あるいはランニング×ビールを組み合わせた会も催している。ビールがおいしくて、スウェットで通える酒屋なんて、各駅にほしくなる。

ドラフトは4種。本日は志賀高原ビール インディアンサマーセゾン750円をチョイス。自家製ポテサラ280円。有機切干のかんずり炒め350円。
ドラフトは4種。本日は志賀高原ビール インディアンサマーセゾン750円をチョイス。自家製ポテサラ280円。有機切干のかんずり炒め350円。
店主の池田さん。思い入れあるベアードビールを片手に。
店主の池田さん。思い入れあるベアードビールを片手に。
店長おすすめの一本は、ブレイクサイドブルワリーのワンダーラスト インディア・ペールエール。5種のホップを使うIPAなのにスルスル飲めて、店の一番人気に! フレッシュなシトラス感。473㎖920円。
店長おすすめの一本は、ブレイクサイドブルワリーのワンダーラスト インディア・ペールエール。5種のホップを使うIPAなのにスルスル飲めて、店の一番人気に! フレッシュなシトラス感。473㎖920円。

『京成小岩クラフト酒店』店舗詳細

住所:東京都江戸川区北小岩6-15-8/営業時間:18:00~0:00(土・日・祝は14:00~)/定休日:月/アクセス:京成電鉄本線京成小岩駅から徒歩1分

世界のビールと共に歩むパイオニア『BEER HOUSE KEN』[府中]

大室建一さんと、息子の和也さん。お気に入りビールを持って。
大室建一さんと、息子の和也さん。お気に入りビールを持って。

「両親が試行錯誤してきたものを、定着させたい」。と、2代目の和也さんが言うように、開店当時から、海外産のビールを中心に扱ってきた。希少な銘柄を求め、都外からやってくる客も多数。ときには、“エールの交換”のごとく、地方の同業者が訪ねてくることも。そして今、ブルワリーが増え続けるなか、しっかりした造りのビールを厳選する。それでも棚には、世界各国のビールが350種以上。毎月10本ほどは、新しい銘柄がお目見えするという。365日、端から1本ずつ飲んでいったとしても、毎晩初めての一杯に出合える。専用のグラスを販売。宅飲みが盛り上がる。

ハワイのビールは、スルッと喉を流れる軽やかさ。
ハワイのビールは、スルッと喉を流れる軽やかさ。
店長おすすめの一本は、ポぺリンフスのホメル フレッシュ ハーベスト。お持たせで喜ばれそうな750㎖瓶のベルギービール。キュッとしまったレモンのような酸味と、バナナのごときフルボディ感。1800円。
店長おすすめの一本は、ポぺリンフスのホメル フレッシュ ハーベスト。お持たせで喜ばれそうな750㎖瓶のベルギービール。キュッとしまったレモンのような酸味と、バナナのごときフルボディ感。1800円。

『BEER HOUSE KEN』店舗詳細

住所:東京都府中市宮町2-3-8/営業時間:11:00~21:00/定休日:水/アクセス:京王電鉄京王線府中駅から徒歩4分

取材・文=沼由美子 撮影=丸毛透