益子秋の陶器市

春秋あわせて約60万人! 大にぎわいのイベント

膨大な数の器から、手にとってお気に入りの品をじっくり選びたい。

1966年から続く、春と秋の年2回開催される益子最大のイベント。全国から多くの陶芸ファンが足を運びにぎわいをみせる。約50店舗のほか約500のテントが立ち、皿などの日用品から伝統的な益子焼、美術品までさまざまな器が並ぶ。よい作品から売れるので、人気作家の作品を狙うなら早い者勝ち。
●城内坂・道祖土地区を中心に各所で。 (問)0285-70-1120(益子町観光協会)

テントでは新進の作家や窯元の職人と直接会話して買う楽しみも。
益子観光のメーンストリートである城内坂通りを中心に開催される。

陶庫

モダンな作品が並ぶ大谷石蔵のギャラリー

伝統釉のマグカップ2000円前後。益子焼は柿釉など6色が伝統色。

個性的かつ現代的で、質の高い器が充実したギャラリー。益子とその周辺地域で活動する個人の陶芸作家と、益子の土と伝統の釉薬(ゆうやく)を使ったオリジナルブランド「道祖土和田窯」の作品を扱う。元々は肥料商で、かつて米を貯蔵した大谷石蔵を改装した店内は和モダンな雰囲気。落ち着いた空間で器を選べる。

大谷石を組んだ囲炉裏風の台やステンドグラスなど遊び心が楽しい。
住所:栃木県益子町城内坂2/営業時間:10:00~18:00/定休日:無

もえぎ本店

緑のなかで作品を鑑賞しティーブレイクを

ミルクジンジャーティー600円。焼き菓子は6・7種類ある。

工房をイメージした『Space flap』、吹き抜けが特徴的な『MOREギャラリー』の2棟からなり、作家本人とその背景に共鳴した作品を紹介。

2つのギャラリーの間にカフェスペースを併設する『Space flap』
「買い物ができる美術館」をテーマにした『MOREギャラリー』
住所:栃木県益子町上大羽2356/営業時間:10:30~17:00/定休日:水

あげあげはにわKid's

小さなはにわで、大きな癒やしを

愛らしいはにわ。季節モノを入れ替えながら常時約20種類を揃える。

益子の土を使って丁寧に焼きあげた、さまざまなポーズが楽しい手づくりのはにわ。「tsuchi no megumi」の屋号で活動する作家の鈴木恵深(めぐみ)さんが2018年10月から制作を始めた作品で、『道の駅ましこ』に置かれたガチャガチャで買える。毎週土曜13時に200個補充するが、翌日には売り切れることが多いとか。1個400円。

鈴木さんは東京出身でIターンで、道の駅の移住相談スタッフも兼任。

道の駅ましこ

田園地帯に佇む、益子の情報発信拠点

年4回変わる「ましこのごはん定食」1480円(写真は2019年秋)

クルマの場合立ち寄り必須。レストランや地元産品のショップのほか、「ましこのコンシェルジュ」では観光案内やレンタサイクル受け付け、移住・定住相談と幅広くサポート。作家棚で気に入った作品を見つけたら、工房や店の案内もしてくれる。「山と土」をモチーフにした大屋根の建物も特徴的。

地元の八溝杉を大胆に使った建物は日本建築大賞で最高賞を受賞
住所:栃木県益子町長堤2271/営業時間:9:00~18:00/定休日:第2火

川尻製陶所

薪窯でしか出せない色の、自然環境にやさしい器

塩の壺2000円~、スプーン400円~。内側に釉薬を塗った砂糖壺もある。

益子の土だけを使い、薪の窯で焼かれた器は、やさしい丸みを持ったホッとする形のものが多い。薪は廃材100%なので自然環境にもやさしい。ここで焼いた塩とスプーンがセットの「塩つぼ」3300円は『道の駅ましこ』で買える。登り窯を改造したゲストハウスは現在改装中。再開が待たれる。

年6回火が入る登り窯。作品はすべてこの登り窯で焼成されている。
住所:栃木県益子町益子4327/営業時間:10:00~18:00/定休日:日ほか