益子秋の陶器市

春秋あわせて約60万人! 大にぎわいのイベント

膨大な数の器から、手にとってお気に入りの品をじっくり選びたい。

1966年から続く、春と秋の年2回開催される益子最大のイベント。全国から多くの陶芸ファンが足を運びにぎわいをみせる。約50店舗のほか約500のテントが立ち、皿などの日用品から伝統的な益子焼、美術品までさまざまな器が並ぶ。よい作品から売れるので、人気作家の作品を狙うなら早い者勝ち。
●城内坂・道祖土地区を中心に各所で。 (問)0285-70-1120(益子町観光協会)

テントでは新進の作家や窯元の職人と直接会話して買う楽しみも。
益子観光のメーンストリートである城内坂通りを中心に開催される。

陶庫

モダンな作品が並ぶ大谷石蔵のギャラリー

伝統釉のマグカップ2000円前後。益子焼は柿釉など6色が伝統色。

個性的かつ現代的で、質の高い器が充実したギャラリー。益子とその周辺地域で活動する個人の陶芸作家と、益子の土と伝統の釉薬(ゆうやく)を使ったオリジナルブランド「道祖土和田窯」の作品を扱う。元々は肥料商で、かつて米を貯蔵した大谷石蔵を改装した店内は和モダンな雰囲気。落ち着いた空間で器を選べる。

大谷石を組んだ囲炉裏風の台やステンドグラスなど遊び心が楽しい。
住所:栃木県益子町城内坂2/営業時間:10:00~18:00/定休日:無

もえぎ本店

緑のなかで作品を鑑賞しティーブレイクを

ミルクジンジャーティー600円。焼き菓子は6・7種類ある。

工房をイメージした『Space flap』、吹き抜けが特徴的な『MOREギャラリー』の2棟からなり、作家本人とその背景に共鳴した作品を紹介。

2つのギャラリーの間にカフェスペースを併設する『Space flap』
「買い物ができる美術館」をテーマにした『MOREギャラリー』
住所:栃木県益子町上大羽2356/営業時間:10:30~17:00/定休日:水

あげあげはにわKid's

小さなはにわで、大きな癒やしを

愛らしいはにわ。季節モノを入れ替えながら常時約20種類を揃える。

益子の土を使って丁寧に焼きあげた、さまざまなポーズが楽しい手づくりのはにわ。「tsuchi no megumi」の屋号で活動する作家の鈴木恵深(めぐみ)さんが2018年10月から制作を始めた作品で、『道の駅ましこ』に置かれたガチャガチャで買える。毎週土曜13時に200個補充するが、翌日には売り切れることが多いとか。1個400円。

鈴木さんは東京出身でIターンで、道の駅の移住相談スタッフも兼任。

道の駅ましこ

田園地帯に佇む、益子の情報発信拠点

年4回変わる「ましこのごはん定食」1480円(写真は2019年秋)

クルマの場合立ち寄り必須。レストランや地元産品のショップのほか、「ましこのコンシェルジュ」では観光案内やレンタサイクル受け付け、移住・定住相談と幅広くサポート。作家棚で気に入った作品を見つけたら、工房や店の案内もしてくれる。「山と土」をモチーフにした大屋根の建物も特徴的。

地元の八溝杉を大胆に使った建物は日本建築大賞で最高賞を受賞
住所:栃木県益子町長堤2271/営業時間:9:00~18:00/定休日:第2火

川尻製陶所

薪窯でしか出せない色の、自然環境にやさしい器

塩の壺2000円~、スプーン400円~。内側に釉薬を塗った砂糖壺もある。

益子の土だけを使い、薪の窯で焼かれた器は、やさしい丸みを持ったホッとする形のものが多い。薪は廃材100%なので自然環境にもやさしい。ここで焼いた塩とスプーンがセットの「塩つぼ」3300円は『道の駅ましこ』で買える。登り窯を改造したゲストハウスは現在改装中。再開が待たれる。

年6回火が入る登り窯。作品はすべてこの登り窯で焼成されている。
住所:栃木県益子町益子4327/営業時間:10:00~18:00/定休日:日ほか

添谷書店

益子焼を究めるには、まず書籍から

難しそうな陶芸の専門書も。ちょっと立ち寄って知識を仕入れたい。

明治34年(1901)創業、益子の歴史とともに歩んできた、町なかの老舗書店。「つくるひと・みるひとに役立てれば」と、焼き物に関する書籍や図録を豊富に揃えている。筆や和紙、陶の文具、益子のポストカード、子供向けのオモチャなども。通りに面した『addギャラリー』には陶器作品も展示。

濱田庄司の写真とともに、70'sなLPジャケットも多数ディスプレイ
住所:栃木県益子町益子1688/営業時間:10:00~19:00/定休日:日・祝

日下田藍染工房

伝統的な草木染の手法を守り伝えて200年

築200年を超える茅葺屋根の母屋は、住居を兼ねた藍染めの作業場

創業した寛政年間(1789~1800)からの染場で藍を染める工房。藍染めに関わりの深い木綿の伝統も守るため、種から育てた綿を紡いで手織りする作業にも取り組む。明治中頃まで庶民の衣類の8割に用いられた藍染めには、丈夫で色褪せせず虫除け効果も。そんな藍染の木綿やコースターをみやげに。

藍染めの甕場。益子焼の歴史より古いため、72個の藍甕は常滑焼。
住所:栃木県益子町城内坂1/営業時間:8:30~17:00/定休日:月

ハナメガネ商会

「ヲトメゴコロ」をくすぐる個性派古書店

益子本通りから少し奥まった、築100年ほどの小さな古民家の店。

「ヲトメゴコロ」なテイストでレトロに飾った店内に並ぶ女性実用書や絵本、かわいいレトロ雑貨やコケシにほのぼの。奥の間は月替わりのギャラリースペース。

「昭和の奥さんの本棚みたいなもの」をイメージしながらセレクト
住所:栃木県益子町益子1665/営業時間:11:00~17:00/定休日:水、木、第2・第4日ほか

ましこ世間遺産

「世界」でなく 世間」遺産を知って益子ツウに

「関東の駅100選にも選ばれた駅舎が斬新」と認定された益子駅

生活にとけ込んだ身近な存在で、地域で愛され将来にわたって守り伝え育成していきたい風土・風景・風習・食文化などを認定登録、魅力を発信して町を活性化しようというプロジェクト。2年前に始まり、現在認定されているのは46件。2020年度までに55件認定登録することが目標という。観光客にあまり知られていない、地域の隠れた史跡や風習を知るよい取り組みだ。

西明寺

益子氏ゆかりの「笑い閻魔」に会える古刹

高さ約2.5mの大きな閻魔像。豪快に笑っているように見える。

天平9年(737)行基菩薩の草創とされ、宇都宮氏や益子氏に庇護された。閻魔堂のユニークな「笑い閻魔」を描いた御朱印が人気の坂東巡礼第20番札所としても知られる。ここに城を構えた益子氏の祖の一人で「土佐日記」で知られる紀貫之が本堂奥に祀られている。

明応元年(1492)築の楼門と三重塔、本堂厨子の3つが国の重要文化財
「笑いエンマ両面」1000円
休憩所の『獨鈷處(どっこいしょ)』で県内産ソバで打つ二八蕎麦に舌鼓。ざる800円。
住所:栃木県益子町益子4469/定休日:無

城跡めぐり

まちなかと山あいに築かれた益子氏の城跡

11~12世紀に築かれた西明寺城跡。土塁上に高館山の三角点がある。

征夷大将軍だった紀古佐美の後裔、紀貞頼が常陸国信太(霞ケ浦南岸)の郡司となり、その子孫が築いて本拠を構えたのが西明寺城。益子氏を名乗って長く宇都宮氏の重臣だったが、天正17年(1589)主家に背いて滅亡した。後に本城となった益子古城の跡には『益子陶芸美術館 陶芸メッセ・益子』がある。戦国時代には益子古城を平時の居城、西明寺城を詰の城にしていたらしい。
●見学自由。益子3021(益子古城)/益子高館山(西明寺城跡)

遺跡広場として整備されている益子古城本郭跡。奥の建物は美術館。
益子古城東郭跡付近に濱田庄司愛用の登り窯が移築復元されている。

益子の低山ハイキング

秋になれば落ち葉の絨毯でフカフカ!

ベンチや看板完備、もてなされ感満点の芳賀富士山頂は標高272m

雨巻山は大川戸から足尾山、雨巻山、三登谷山をめぐる3~4時間の周回コースが人気。端正な姿の芳賀富士は麓の安善寺から標高差80mとやや物足りない。茂木駅から芳賀富士を経て七井駅まで約14kmの散歩を勧めたい。2座とも「栃木百名山」「ましこ世間遺産」選定・認定で、よく手入れされ歩きやすい。
●栃木県益子町上大羽1236先(雨巻山)/大平(芳賀富士)

雨巻山は益子町最高峰。周回時の 累計標高差約600mと気軽。

綱神社&地蔵院

荘厳な雰囲気のなかで堪能する、中世の文化財群

綱神社摂社大倉神社本殿(手前)と綱神社本殿の素朴にして優美な姿

山あいの上大羽地区は、名族宇都宮氏三代当主朝綱(1122~1204)隠居の地。累代墓所に三十三代が眠る。綱神社と地蔵院は宇都宮氏の菩提寺が起源といわれ、綱神社と大倉神社の本殿、地蔵院本堂の3棟は室町建築で国の重要文化財(旧国宝)。綱神社では例年11月、太々神楽の奉納が行われる。
●境内自由。栃木県益子町上大羽943  (問)0285-72-3101(益子町生涯学習課)

天文11年(1542)築の地蔵院本堂。左手に建つ観音堂も見逃せない。

真岡鐵道

のんびりとSLが走る益子への鉄路

益子駅に停車中の「SLもおか」。普通乗車券とSL整理券が必要。

「SLもおか」で有名な、茨城県の下館駅から栃木県の茂木駅に至る鉄道。益子駅近くに架かる土木遺産認定の小貝川橋梁は我が国最古級の「ポニーワーレントラス」で、幹線から移設されて大正2年(1913)の開通時から使用。イギリス積みの煉瓦橋脚は増水対策で嵩上げされている。
●「SLもおか」は土日祝を中心に運行

明治中期の英国製鋼材を使う小貝川橋梁。公園からアクセスできる。

ましこ悠和館

上皇陛下ゆかりの入母屋造の建物

1973年に日光から現在地へ移築され、3年前に町へ寄贈された。

上皇陛下が皇太子時代、奥日光へ学童疎開した際に滞在された「旧南間ホテル別館」の建物。「終戦の詔書」の玉音放送を聞かれた「御座所」と、平和について学べる「平和のギャラリー」が今年6月から一般公開されている。2019年度中には館内で宿泊できるようになる予定。

illust_2.svg
益子へは、秋葉原駅発、城内坂経由益子駅行きの直行バスが便利。

取材・文・撮影=飯田則夫
『散歩の達人』2019年11月号より