新宿薬王院西(下落合)

【71段】5回曲がった先にどんな風景が?

階段は大小計5つの曲がり角をもつ。この先にどんな風景が待つのか期待できるのも曲がり階段の魅力!

くねくねと曲がる階段を上りきると、高田馬場方面のビルを眺望。石畳と薬王院の木々の緑が織りなす風情は、京都の東山界隈の路地のよう。頂上にはフクロウとウサギのかわいらしい銅像が待つ。なぜここに造られたか、お寺の方に尋ねたが「境内のものではないのでわからない」とのこと。

●東京都新宿区下落合4-3付近

 

頂上の銅像。東側に下落合野鳥の森公園があり、かつて周辺でフクロウやウサギが棲息(せいそく)していたからだろうか。
階段を上ると、中腹右手に朽ちかけた謎の石仏がある。こちらの由縁もお寺の方に尋ねたが、わからなかった。

亀塚公園(泉岳寺)

【136段】都心最長級の階段で汗じわり

晩秋は、段鼻に連なる黄色とイチョウの黄葉の競演が見事。周辺は自然豊かで、四季折々の景観が待つ。

古墳ともいわれる亀塚公園へ続く階段は、23区有数の段数を持つ。階段の頂上に出て、さらに17段上ると亀塚のてっぺんに!  階段の一番下には台地と低地の境目となる崖線から湧く、湧水も見られる。頂上から下って戻る際は、途中の踊り場にある細い脇道を抜け、御田八幡神社を参拝するのがおすすめ。

●東京都港区三田4-16-20

長い階段だけにウッドデッキの踊り場にはスツール、頂上にはベンチが。港区のビル群を眺め、小休止できる。

庚申坂(茗荷谷)

【92段】運がよければ新旧車両の競演も!

御影石のような味のある手すり壁。地元の老人によると「50年前から、この壁はずっと変わらないよ」。

かつて坂下に庚申(こうしん)の碑があったことから、この名が付いた。階段からは東京メトロ小石川車両基地に停まる列車と、走行中の丸ノ内線車両を一望できる。丸ノ内線を越えた先には切支丹坂があり、庚申・切支丹という両坂の対比が面白い。春日通りが近く、自転車を押す人もふくめ、利用者の多い階段。

●東京都文京区小日向1付近

芝丸山古墳(芝公園)

【79段】きれいに見えタワー♪

古墳の上の広場北側からの眺め。

今は後円部が削られてしまっているが、都内最大級の前方後円墳。地下鉄三田線芝公園駅のA4出口を出て、南側から幅の広い階段を上ると、標高約 16mの古墳の上に到達。木々の間からは、東京タワーを仰ぎ見られる。北側の階段を降りる途中も、東京タワーの絶景ポイント。日没後に上れば、美しい夜景も!

●東京都港区芝公園4付近

木々が一部視界を遮るが、落葉する冬はよりきれいに東京タワーが見える。

不動坂(田端)

【51段】あの新海作品の聖地を歩く

高架を走る東北・上越・北陸新幹線が目の前に。東京新幹線車両センターにゆっくりと入線する新幹線の姿も!

田端駅南口を出てすぐ右にある石段の階段。坂の上の標柱には「かつて近くに不動の滝があり、不動明王立像が安置されていたから」という名の由来の説明がある。映画『天気の子』ではヒロインの陽菜が田端駅南口界隈に住んでいたという設定で、不動坂の東側にある坂からは映画そっくりの風景を一望!

●東京都北区田端1-23付近

薬師の泉(志村坂上)

【28段】武蔵野台地の段差を体感

薬師の泉はほぼ枯れているが、庭園の池では水が湧いているとも。

くぐり戸の先に庭園へと下る階段があり、この階段は武蔵野台地の端にある崖の高低差をつなぐもの。崖線に湧く薬師の泉は、かつて中山道を往来する人々の喉を潤した。

●9:00~16: 30。東京都板橋区小豆沢3-7-20

高輪で一番長い階段(品川)

【58段】高級住宅地に極渋階段を発見

上からは、キヤノンやマイクロソフトなど品川の高層ビル群を眺望。細い階段と都市景観の対比がダイナミック。

豪邸が並ぶ先に突如現れる細い階段は、踏み面のゆがみなどが趣深い。朝は、階段の上に暮らす人々が通勤・通学で利用する姿を散見できる。階段を上って北西へ5分ほど歩くと、これもまた趣あるS字階段が。高輪で一番長い階段と合わせて上り下りすれば、高輪が丘陵地であることを実感!

●東京都港区高輪4-4付近

おばけだんだん(千駄木)

【36段】薄気味悪い夕暮れ時がグッとくる

壁にからまるツタや、いびつな石段がおどろおどろしさを増長。

だんだん坂の西側にあり、千駄木ふれあいの杜の沿道にあたる。両側に手が届くほど細く、薄暗い雰囲気から、ついた呼び名はおばけだんだん(文京区弥生のお化け階段は、また別の階段)。

●東京都文京区千駄木1-8付近

階段下から見えるふれあいの杜の巣箱も、妖怪ポストのごとく。

芸者小道(神楽坂)

【22段】この街の美意識がギュッと濃縮

階段へ続く石畳が、照明を優しく照り返す。これぞ神楽坂の趣。

神楽坂通りと小栗横丁を南北につなぐ細い階段。木の塀から枝を出すカエデ、足元を照らす飲食店の暖色照明が風情を加える。階段を下った先には『熱海湯』というレトロ銭湯があり、熱海湯階段の別名も。

●東京都新宿区神楽坂3-10

神田明神男坂・女坂(御茶ノ水)

【男68段・女75段】男坂はかつて月見の名所

直線の男坂。
女性らしいなめらかなカーブを持つ女坂。

天保年間(1830 ~ 44)に神田の町火消四組が神田明神に奉献し、造られたのが男坂。一般的に、女坂は男坂よりゆるやかと言われるが、ここの女坂は傾斜がきつい。

●東京都千代田区外神田2-7-4(男)、外神田2-17(女)

神田明神のご神木、大イチョウの葉の意匠を施した男坂の手すり。

取材・文=鈴木健太 撮影=逢坂 聡
『散歩の達人』2021年2月号より