焙煎機を置くために……。2年かかった物件探し

店内に入ってすぐ目に入るのは、ぎらりと光る大きな焙煎機。自家焙煎であることを強く主張する。

カフェで3年、焙煎士として3年の修業を積んできた店主の前田さん。もちろん狙いは自家焙煎できる喫茶店のオープン、だったのだが……

「焙煎機を置ける場所って、ぜんぜんないんですよ」

まず、焙煎機を置くためには煙突が必要だ。煙突をつけられる物件はかなり限られるうえ、焙煎機から流れる煙も不動産屋には嫌われるらしい。ようやくこの物件が見つかったときには、すでに2年が経っていた。

店のシンボルのように存在感を放つ焙煎機。
荻窪駅の喧騒から離れた静かなエリアにある。

手間もお金もかかるけど、やっぱりネルドリップがおいしい

メインはネルドリップに向いている深煎り。いつでも新鮮な豆を使えるところが自家焙煎のメリットだ。ネルドリップはペーパードリップに比べ1.5倍くらい豆が必要だし、ネルを洗う手間もかかる。「それでもネルドリップがおいしいから、ここにはこだわりたい」と前田さんは話す。

強くいい香りが店内に広がった。深く煎られた豆は重厚で味わい深い。極上のコーヒーだから、コーヒーと向き合うように静かにゆっくりと楽しみたい。

豆がふんわりふくらむのはおいしいコーヒーの証。ぷくぷくと音がしそう。
ノワールブレンド(深煎り)600円。

自分のコーヒーに合うものは自分で作る

評判のチーズケーキも自家製だ。重厚なコーヒーに合わせて、濃厚なチーズと甘みがちょうどいい。このほか、月ごとに変わるスイーツも前田さんが作る。

「店で出すものだから、できるだけ自分で作ろうと思って」。コーヒーもスイーツも前田ワールド全開だ。

コーヒーを楽しんでもらうことに、ものすごく真面目な人だと思った。

自家製チーズケーキ450円。
すべての作業をひとりこなす前田さん。

荻窪の内外で“豆ファン”増加中

『A bientot』の豆は決して安くない。駅から離れていることもあって、はじめはお客さんも少なかったという。それでも、お店の個性である「自家焙煎」と「ネルドリップ」をしっかり守ってきた。時間はかかったが、徐々に地元のお客さんも増え、高くてもおいしい豆がほしいという声から、現在はオンラインでの直送販売も行っている。

「ゆっくりだけど成長を見守ってもらえれば」

この日も常連さんが多く訪れ、前田さんに「またくるね」と声を掛けていた。ゆっくりだけど着実にファンが増えていく店だと思った。

いつでもお客さんが絶えない。
『A bientot』とはフランス語で「またね」の意味。
住所:東京都杉並区荻窪5−10−21 TYビル1F/営業時間:11:00〜21:00/定休日:水、第1・3火/アクセス:JR中央線・地下鉄丸ノ内線荻窪駅から徒歩6分

取材・⽂・撮影=ミヤウチマサコ