外出自粛中に生まれた「全てをハイにする」遊びとは

ご存知ない方がほとんどかと思うのでご説明しておくと、「全てをハイにする」は、焼酎に合うものを探して、ひたすら”〇〇ハイ”にして飲んでみる遊びだ。外出自粛中の怠惰な日々の中、ちょっとした買い出しも楽しみたいという考えから生まれた。どっちかというと意識の低い方向へ視点を変えたといえるが、仕方ない。飲んべえは液体なので、ほおっておくと高いところから低い方に流れていく。

基本ルールは以下である。
ルール①焼酎に入れたら美味しそうなもので割って飲んでみる
ルール②食べ物を粗末にしない
前回の記事で、この遊びを思いついたとき、スーパーのソフトドリンクコーナーが宝の山に見えたと書いたが、その輝きはまだ色褪せない。なぜなら店員様が季節に合わせた新商品を仕入れ、棚を入れ替えてくれているからである。そんな素晴らしい人々が私をお客様と呼ぶならば、店員様と呼ばざるを得ない。

100円のグレープフルーツがご褒美ハイに!「シャリシャリグレフルハイ」

最近リピートしているのは、グレープフルーツと焼酎を凍らせた「シャリシャリグレフルハイ」。居酒屋で焼酎を凍らせたのをよく見かけるが、それの応用版だ。

作り方は簡単。グレープフルーツの身をほぐして、焼酎をダクダク注いで冷凍庫へ。フォークでほぐせばシャーベットの完成である。

そのまま食べても美味しいがすごく酔っ払うので、そっとソーダを注いで飲むのがおすすめ。いい感じに溶けて、フロートみたいだ。

お酢ドリンクは鉄板!飲みやすさダントツの「フルーティスハイ」

夏の売り場は、さっぱり系、酸っぱい系の食材や商品が充実しているので、ハイにしても飲みやすくゴクゴク進むものが多い。Twitterで情報をいただいたお酢ドリンクも、これから時期にぴったりだ。(情報元:エリコさん@kmrakt)

ざくろラズベリーとピーチライチを購入。4倍濃縮タイプは売ってなかった。シャルドネも気になっていたので残念だ。

この春発売で最近スーパーで見かける「フルーティス」はりんご酢をベースに果汁を加えたビネガードリンク。今回購入したのはストレートで飲むタイプだが、4倍濃縮タイプも発売されており、炭酸水や紅茶と組み合わせたドリンクも作れる。

黄緑のふたのぽん酢ハイも美味しいし、お酢系のハイは夏の鉄板と言えそう。と思っていたら、「フルーティス」を発売したのもミツカンさんだった。ミツカンさん、焼酎に合う商品をありがとう。

ざくろラズベリーはフルーティーさがありながら甘すぎず、後味がスッキリしている。食中酒としても飲めそうなくらい。

ピーチライチはライチが華やかに香って、ざくろラズベリーよりも少し甘め。焼酎の酒っぽさが消えて、もはやジュース。焼酎の入れすぎには十分注意したい。

情報をくださった方も言っていたけど、お酢と言われると健康に良さそうな感じがする。「酒を飲む?いや、お酢ドリンクですからね。」と言い訳がきくので、脳内で天使と悪魔が戦わずに済む。
どちらのフレーバーもお酢のツンとした感じがなく、やさしい味わいなので、お酢が苦手な人もチャレンジしてみてほしい。

道民気分を味わうローカルドリンク「ソフトカツゲンハイ」

やさしい乳白色で美味しい予感しかしない

Twitterで情報をいただいた「ソフトカツゲンハイ」もなかなかイケる。(情報元:ぴぃさん@3mini3)「ソフトカツゲン」は北海道で半世紀以上愛される乳酸菌飲料で、北海道に住んでいなくても、アンテナショップに行けば大体手に入る。

ピルクルやマミーよりも甘くなく後味がスッキリしていて、焼酎を入れると意外と酒っぽさが出る。乳酸菌飲料あるあるだが、初めて飲んだのに懐かしさが沁みる味わい。

見た目は完全に北海道民の3時のおやつ。(道民の皆さん、違ったらすみません)

北海道のアンテナショップへ赴いたので、ついでに北海道名物オランダせんべいを購入し、それをつまみに酒を飲む。この組み合わせで「つまみを追いかけるように酒を飲む」をやると、せんべいに「ソフトカツゲンハイ」が浸みて、おやつっぽさが増す。

また、姉妹品でライチ風味の「ライチカツゲン」なるものがあるらしく、全ハイ(全てをハイにするの略)案件なのでなんとか入手したい。

ハイを探求するものに扉は開く

全てをハイにする中で、気づいたことがある。新しいハイに挑戦すると、自然と次にチャレンジしたいドリンクが見えてくるのだ。まるで、ゲームステージをクリアしたら新しい扉が出現するかのように。今回開いた扉は3つ。

<楽しく〇〇ハイを作る扉>
①とにかく夏はフルーツを凍らせて飲め!
②お酢系ドリンク焼酎に合うぞ!どんどんいけ
③ローカルドリンクハイはご当地おつまみと合わせてみよう
(外国のドリンクとおつまみも良さそう)

ますます沼にはまっていく。長々と書いてしまったが、皆さんも美味しい〇〇ハイを知っていたら教えてほしい。

緊急事態宣言が発令されて、多くの仕事が中止や延期になった。大好きな居酒屋へも行けず気分も落ち込む中、暇を持て余して生まれたのが「全てをハイにする」遊びだ。ルールは極めてシンプルで、焼酎を入れたら美味そうな食べもの、飲みものを探して”〇〇ハイ”に仕立てる。たったこれだけのことだが、飲んべえなら何に焼酎を入れるかを考えるだけで、落ち込んだ気分もハイになってくるはずだ。おうちで、スーパーで、コンビニで、〇〇ハイのことばかりを考えて過ごした。そんな私の自由研究を発表する。

写真・文=福井晶

そろそろ旅行に行きたくなってきた今日この頃。相変わらず、あらゆるものに焼酎を入れ“〇〇ハイ”に仕立てる遊びを「全てをハイにする」と名付け、ご近所を徘徊している。今回は、第2弾でも好評だった「ご当地ドリンク」にフォーカスし、アンテナショップへ行ってきた。アンテナショップは良いぞ。ちょっぴり旅行気分が味わえ、見たことのないドリンクの山がある、〇〇ハイの宝庫なのだ。それに、私の研究によるとご当地ドリンクは〇〇ハイにした時のポテンシャルが異常に高い。とにかく、うまい。
今日も今日とて、新しいチューハイを探す旅はつづく……。外出自粛期間中の買い出しを楽しむために生まれた、あらゆるものに焼酎を入れて〇〇ハイにする遊び、その名も「全てをハイにする」。今回は、日本の発酵文化よありがとうと叫びたくなる「漬けものハイ」を紹介。チューハイ一つでつまみと酒が楽しめる一石二鳥ドリンクだ。