チーム西
中野区野方在住で高円寺によく出没するライター井島、隣駅の阿佐ケ谷在住で高円寺に御用達のお茶屋があるカメラマン井原、東京西側在住のため西チームに駆り出された編集長・土屋。

見た目も味も自信アリ

純情商店街や庚申通りなど、小さな商店街が交差する高円寺北口に絞ってリサーチ開始。路地裏にある総菜店の揚げ物、自家製の焼き小籠包、米にこだわったおにぎりも捨てがたい……と迷っていたとき、「『しげくに屋55ベーカリー』のベーグルでサンドイッチにしたら?」という、土屋編集長の一声でメインが決定。高円寺はエスニックなイメージも根強いので、サイドメニューはベトナム料理に。そして、珍しくて気になったヨーグルトボウルは、中国南部発。気づけば、いろいろな国が集まっていて、ヒッピータウンと呼ばれていた高円寺らしさ全開!

シンプルなのに素材の味がしっかり。
ほんのり甘いチューニャンは新食感!

撮影当日、ベーグルがまさかの売り切れで、急遽変更したフォカッチャは予定外にビッグサイズ。ヨーグルトボウルも小分けにすべきか悩んでいると、「ボリュームも大事!」と、井原氏の手腕で両方そのままねじ込むことに成功。なんだかオシャレになっちゃって結果オーライだな。

フォカッチャは、鶏ハムやポテサラの具とマッチングが予想以上! 「鶏むね肉でヘルシーだし、全体のバランスもいいね」と土屋編集長もご満悦。

これが完成品!

【A】ディル風味さつま揚げ(レモンと野菜付き)

ディルがたっぷり。ヌクマムとベトナムの塩で味付け。2個480円。

【B】真っ赤なドラゴンフルーツボウル(チューニャンヨーグルトに変更)

とろっとろのヨーグルト。ナッツもぎっしりで食べ応えあり。669円。

【C】生春巻き(スイートチリソース付き)

皮はもっちり、中はシャキシャキ。食べやすく1本を3等分。1本320円。

【D】フォカッチャ スモークチーズ

オリーブオイルの風味が豊かでしっとり。スモーク加減も絶妙。1パック465円。

【E】ポテトサラダ

スモークベーコンとポテトがマッチ。カップの約半分を使用。1個300円。

【F】鶏ハム

低温調理でジューシーに。ハーブやニンニクが効いている。1個300円。

illust_2.svg

他のチームのランチボックスを見たら、東は中華で、北はミールス。南の謎サンドも気になる。うちはちょっと高くついたけど、二人でも満足できるから意外とリーズナブルかも。「つまみにもなるね~」と井原氏も言う通り、『酒場ニホレモ』でテイクアウトできるレモンサワーもぴったり。ちょっとおしゃれで個性あふれる高円寺流のサンドイッチランチ、召し上がれ!

砂町銀座商店街の魅力を、1つのお弁当に詰め込んだなら?編集・ライター・カメラマンがチームを組んで、“My商店街ランチボックス”を勝手にプロデュースしてみました。
ミハラ南商店街の魅力を、1つのお弁当に詰め込んだなら?編集・ライター・カメラマンがチームを組んで、“My商店街ランチボックス”を勝手にプロデュースしてみました。
十条銀座商店街の魅力を、1つのお弁当に詰め込んだなら?編集・ライター・カメラマンがチームを組んで、“My商店街ランチボックス”を勝手にプロデュースしてみました。

ここで買いました

【A】【C】チョップスティックス

住所:東京都杉並区高円寺北3-22-8 大一市場内/営業時間:11:30~15:00・17:30~22:30LO/定休日:無

【B】KICHIRAKU

住所:東京都杉並区高円寺北3-33-16 かめやビル1F/営業時間:8:00~20:00(土・日・祝は9:00~)/定休日:無

【D】しげくに屋55ベーカリー

住所:東京都杉並区高円寺北3-22-9/営業時間:10:00~20:00/定休日:火・水(臨時休あり)

【E】【F】酒場ニホレモ

住所:東京都杉並区高円寺北3-20-19/営業時間:11:30~14:30・17:00~24:00(土・日・祝は通し営業)/定休日:無

取材・文=井島加恵 撮影=井原淳一
『散歩の達人』2020年6月号より