特別ゲストともに、ラーメン屋『好日』で腹ごしらえ

12月上旬、前日が真冬の寒さだったため、身を震わせながらの散歩になるかも……と少し危惧していたが、幸いにも冷たい雨も上がり、歩きやすい陽気に変わった。

さんたつ編集部が今回まず訪れたのは、東中野駅。JR総武線で中野駅から1駅隣、線路沿いにお店が点在し、「東中野銀座通り」を含め、魅力を宿した街だ。

駅西口のターミナル整備や駅ビルの建設と共に進められてきた、近年の東中野の再開発。今もなお開発は続いているが、ムーンロードはその流れに抗うかのように、ささやかに、しかし力強く夜を照らしている。

さんサポ考案の散歩コースを実踏する本企画、第3弾にして、特別ゲストをお招きしている。

特別ゲスト、散歩コースの考案者・味論さん(中央)が駆けつけてくれた!
特別ゲスト、散歩コースの考案者・味論さん(中央)が駆けつけてくれた!

今回の散歩コースの考案者、味論さんが、貴重な時間を割いて来てくれた。味論さんは『めちゃいいぜ賞』(2021.10)、『いいぜ賞』(2022.6、2022.9)、年間アワード『めちゃいいぜ大賞』(2021年)受賞……と、さんたつサポーターのトップランナーの1人。
今回の街歩きは味論さんも一緒で、楽しくなりそうだ!

『好日』。
『好日』。

挨拶もそこそこに、お昼時だったのでまずは腹ごしらえと行こう。東中野駅からほど近く、ラーメン屋『好日』に向かった。
実はラーメン激戦区の東中野。新しいラーメン屋がどんどん入ってきているが、その中の人気店『好日』は飛び抜けてうまい、と味論さんが太鼓判を押す。

住宅地の中にあり、落ち着いた雰囲気。ふらりと立ち寄ってみたくなる。
住宅地の中にあり、落ち着いた雰囲気。ふらりと立ち寄ってみたくなる。

店内に入り、ラーメンを注文する。チャーハンかもやしの小鉢がサービスで付くとのことで、筆者は煮卵ラーメンにチャーハンの小鉢を選んだ。

注文した品が運ばれてくるのを待つ間、味論さんと言葉を交わす。「出会って10分の人といきなりラーメン一緒に食べるの、人生初ですよ」と笑う味論さん。なんとも、愉快な状況だ。

煮卵ラーメンにチャーハンの小鉢。
煮卵ラーメンにチャーハンの小鉢。

やがてラーメンが運ばれてきた。見た目は昔ながらのザ・ラーメン。これはおいしそうだ……!

太めの麺はコシがある。
太めの麺はコシがある。

あっさりシンプルな醤油スープと、コシがありツルツルといける麺がベストマッチ。黄金色のチャーハンもおいしくて、箸が進む。

あっという間にお腹に収めた。ごちそうさまでした!

「東京ラーメン」 とは何なのだろうか。その起源は諸説あるが、明治43年(1910)に創業した、今はなき浅草 「来々軒」 で出されていた醤油ラーメンともいわれている。その後、各店舗で改良を重ね、戦後には、豚骨や鶏ガラに加え、魚介から出汁を取ったスープに中細縮れ麺を合わせた醤油ラーメンが普及することになる。具はチャーシュー、メンマ、海苔、刻みネギ、ナルト、店によってはホウレン草や煮玉子などがのる。誰もがノスタルジーを感じる醤油ラーメンこそ、「東京ラーメン」といえよう。そんな 「東京ラーメン」の進化形とも いえる醤油ラーメンが人気を博している。スープは、動物系にはブランド豚や鶏など、魚介系には高級料理店でしか使われなかったような煮干しや宗田節、羅臼昆布といった素材を使用し、コクと旨味を出している。タレには昔ながらの製法を守った厳選醤油などで広がりのある香りと風味を生み出している。作り方も日本料理の技法だけでなく、フレンチやイタリアンなどの技法を取り入れて日々新しい味わい を追い求めている。昔の東京ラーメンとは異なる技法や素材の旨味を生かしたラーメン。それでも変わらぬ醤油ベースで「ホッ」とできるのが、今の「東京ラーメン」なのかもしれない。そんな「東京ラーメン」の”今”を味わえる、編集部おすすめの3軒がこれだ。

「かっこいい中野=中野坂上」にあって、目を引く存在である『稲垣商店』

腹ごしらえできたところで、東中野から中野坂上へ歩き出した。

駅間をつなぐ山手通りは幅の広い歩道がずっと続き、とても歩きやすい。緩やかなアップダウンもあって、ランニングが趣味の筆者は「走りやすそう……!」と心の中で呟いていた。
この日はあいにくの曇り空だったが、天気がいい日はこの通りで富士山が見えるという。
通りがかりに見かけたおでん屋、ラーメン屋など、気になるお店を脳内メモにインプットしながら、さんたつ編集部+味論さんは寒さをものともせず、歩き続けた。

途中、通り沿いの氷川神社に立ち寄ってみることにした。

黄葉が道に広く散っていた。
黄葉が道に広く散っていた。

氷川神社は、東京都神社庁のHPによると、御由緒は「長元三年(1030年)後一条天皇の御宇、源頼信公が平忠常征討の際、武蔵国一宮大宮氷川神社より勧請したもので、旧中野村の総鎮守社である。」とある。

静寂に包まれた境内の落ち葉を踏みしめ、ご挨拶。今日の散歩がよきものになるように祈った。

illust_2.svg

神社を後にし、引き続き中野坂上に向けて歩き出す。

大久保通りとの交差点に差しかかった。味論さん曰く、高円寺の方までもずっと続いている通りで、いい感じの飲食店が点在し、その通りもまた歩くのが楽しい、とのこと。
交差点では、ランドセルを背負った大勢の小学生たちとすれ違った。冷たい空気もなんのその! 元気に駆けていった。

おしゃれな外観の「中野区立中野東図書館」に差しかかったあたりから、街の様相が変わってきた。中野坂上駅周辺に到着だ。

東中野駅の辺りに比べると、山手通りと青梅街道が交差するこの街は、ビル群が視界を占める、「かっこいい中野」だ。

中野坂上駅。駅の雰囲気もまた異なる。ちょうど鳩が止まっていた。
中野坂上駅。駅の雰囲気もまた異なる。ちょうど鳩が止まっていた。

そんな街にあって、昭和が取り残されたような『稲垣商店』は目を引く存在だ。

『稲垣商店』。
『稲垣商店』。
各種バーガーは破格の100円。
各種バーガーは破格の100円。

店先ではバーガーが売られ、自動販売機や喫煙所もある。昔ながらの、いかにも「商店」という趣。
味論さんの勧めに従い、メンチ・コロッケ・ブタカツなどの種類がある激安バーガー(100円)をテイクアウト。手作り感があって、サイズもほどよい。

会計のため店主にバーガーを持っていくと、「はい、100万円ね」と流れるようにジョークを言われ、いいお店だと確信する。編集部はみな「100万円」と告げられる中、味論さんだけ「300万円」と値上がりしていた。

さんたつ編集部であること、街歩きをしていることを簡単に説明すると、帰り際に店主はなぜかバーガーを全員分サービスしてくれた。気持ちはうれしいけど、そんなにバーガーばかりもらっても……。

『稲垣商店』ではたばこ、お弁当なども売られているが、味論さんが以前店主に伺ったところによると、実は乾物屋なのだという。

とても惹かれるお店だった。また足を運びたいものだ。

宝仙寺を経て、古きよきアーケード街・新中野へ

中野坂上駅から青梅街道を西へ進むと、目立つ形で宝仙寺の入り口が現れる。

味論さん「こちらが宝仙寺で~」 筆者「なるほど~」
味論さん「こちらが宝仙寺で~」 筆者「なるほど~」

境内は広々としたとても立派なお寺で、月刊『散歩の達人』2022年11月号でも紹介されていた。
境内で目を引くのは三重塔と、石臼塚。石臼塚は江戸期以来、食を支えた石臼の供養に建立されたという。ハスが茂り、初夏はカエルが遊ぶ。

「中野町役場跡」という石碑もあり、明治から昭和初期にはここに町役場があったことを伝えている。

illust_2.svg
新中野。
新中野。

雅(みやび)な中野を堪能した後で、新中野駅周辺まで歩いてきた。「新」と冠されているが70年以上の歴史がある古きよきアーケード街で、さんたつセンサーがビビビッと反応する。

スナックや純喫茶など、気になるお店が多く、歩いているだけで楽しい街だ。
スナックや純喫茶など、気になるお店が多く、歩いているだけで楽しい街だ。
味論さんが連れてきてくれた素敵な路地。アラカルトメニューが充実しているとんかつ屋さんや、イカした看板の居酒屋に吸い込まれそうになる。
味論さんが連れてきてくれた素敵な路地。アラカルトメニューが充実しているとんかつ屋さんや、イカした看板の居酒屋に吸い込まれそうになる。

微笑みの街、「鍋屋横丁」。地元の人に愛され続ける商店街だ。

桃園川緑道を過ぎ、紅葉山公園で季節の移ろいを感じる

鍋屋横丁の交差点を曲がり、北上する。新中野から中野へ向かう道だ。立ち飲み屋、スキューバダイビングショップ……この通りにも気になるお店が見受けられた。

桃園川緑道。
桃園川緑道。

しばらく歩いていると、桃園川緑道と交差した。この緑道は中野坂上から阿佐ケ谷まで長々と続いている。空気階段が『散歩の達人』2022年11月号で路上観察した場所だ……!と、テンションが上がる。

味論さんによると桃園川緑道は猫との遭遇率が高いらしく、猫好きにもおすすめの散歩ルートだそうだ。
味論さんによると桃園川緑道は猫との遭遇率が高いらしく、猫好きにもおすすめの散歩ルートだそうだ。
「キングオブコント2021」王者の空気階段。独創的な着眼点が魅力の二人は、何気ない風景をどんな視点で見るのだろう。夜になるとどこか不思議で妖しげな雰囲気を醸し出す桃園川緑道を「路上観察」しながら歩いてみた。
illust_2.svg

桃園川緑道を過ぎ、さらに歩いていくと「なかのZERO」、そして紅葉山公園の姿が大きくなってくる。

紅葉山公園へ。まだ紅や黄に色づく葉が見受けられた。
紅葉山公園へ。まだ紅や黄に色づく葉が見受けられた。

紅葉山公園内に足を踏み入れ、散策。見頃は過ぎていたがいくらか紅葉を目にすることができ、季節の香りが鼻をついた。

園内にはSLが静態保存されていて、その現役時代に思いを馳せることができた。

屋根付きで静態保存されているSL。
屋根付きで静態保存されているSL。

ここでおもむろに、中野坂上の『稲垣商店』で購入したバーガーを取り出す。気のいいおじちゃん(店主)がサービスしてくれたものだから、全員分並べてみると壮観……というより、シュール。

『稲垣商店』のバーガー。
『稲垣商店』のバーガー。

どこか懐かしさを喚起させる味わいのバーガーたちを頬張る。『稲垣商店』はこれからも変わらずにあってほしいお店だと、願うばかりだ。

illust_2.svg
「なかのZERO」の外観。
「なかのZERO」の外観。

隣接する「なかのZERO」内の中野区立中央図書館は、味論さん曰く、広々とした館内の奥はガラス張りになっていて、秋には紅葉山公園の紅葉に心惹かれながら、読書をすることができるそうだ。

施設内の様子を少し窺うと、師走という時節柄もあり、クリスマスツリーの設置準備を進めているところだった。

今日一日、いろいろな中野を探してみて

いよいよゴールの中野駅が近づく。中野のランドマーク、『中野サンプラザ』が目視できるようになってくる。
筆者が初めて中野駅に降り立ち、『中野サンプラザ』を頼もしく見上げたのはおよそ10年ほど前だ。そんな中野の象徴も、閉館に向けたカウントダウンが始まっている。

2023年6月1日に開業50周年を迎える喜ばしいニュースがある一方で、その翌月には残念ながら閉館が決まってしまった『中野サンプラザ』。今もなお異彩を放つ複合施設の殿堂は、いかに生まれ、歩んできたのだろうか。

駅の南口エリアは再開発が進んでおり、この街がまだまだ変化を遂げていくのだと改めて感じる。

今日一日、味論さんとともにいろんな場所を巡りながら、庶民的な中野、かっこいい中野、昭和が残る中野、そして未来に向かう中野を目の当たりにすることができた。
新たな街としての変貌に胸が弾む一方で、変わらずに残っていてほしいものもある。これからの中野に注目していきたい。

同道してくれた味論さん、本当にありがとうございました!
こういった散歩企画を、今後もさんたつサポーターのみなさんと一緒にできたらうれしい。

中野駅前で、味論さんを中央に挟んで記念撮影。お疲れ様でした!
中野駅前で、味論さんを中央に挟んで記念撮影。お疲れ様でした!
illust_3.svg

さて、たくさん歩いて喉が渇いたな……。

今回の散歩コースは、北口の飲み屋街で一杯飲みに行くまでがワンパッケージ。味論さんにそう促されるままに、ふらふらと体は飲み屋街へ引き寄せられていく。

中野駅北口側の飲み屋街。
中野駅北口側の飲み屋街。

これから目の当たりにできるのは、「夜の中野」。宵の口だけど、たまにはそんな日があってもいいよね……!

たくさん歩いたからホッピーも煮込みも最高にうまい。
たくさん歩いたからホッピーも煮込みも最高にうまい。

取材・文・撮影=さんたつ編集部