ミスター黒猫
“日本一パンケーキを食べる男” ミスター黒猫
朝は喫茶店のモーニング・昼はカフェでランチ・おやつはパンケーキ・スイーツを食べ歩くのが日課。雑誌FLASHでは【日本一パンケーキを食べる男】として紹介される。カフェ・純喫茶・パンケーキ・スイーツなどを年間約1000店以上訪問。Instagramでも約6万人のフォロワーに毎日2回スイーツ情報を発信し、テレビ・ラジオ・webメディアなどでも活躍中。
illust_4.svg

1人か2人専用。静寂を楽しむカフェ

地下鉄人形町駅からだと徒歩10分。小伝馬町駅だと駅を出てすぐの『イルマン堂』。
地下鉄人形町駅からだと徒歩10分。小伝馬町駅だと駅を出てすぐの『イルマン堂』。

オフィス街のビルの谷間で生き残っていた古い一軒家のカメラ店『イルマン堂』を、今の店主がフルリノベーションし2019年4月にオープンした珈琲店。

店頭の暖簾に小さく店名が書いてあるだけの、知らないと気がつきにくいお店。店頭の電球が灯っていると空席あり消えていると満席です。

異空間の中で静寂さを楽しむカフェ。今まで数多くのカフェを巡ってきた黒猫ですが、初入店時にこんな衝撃を受けたお店は他には無いです。

店内は1Fと2Fがあり、暗めの照明で異空間な雰囲気。客席は、1人用か向かい合わせの2人用の席のみで6卓しかありません。

そうこのお店は、3名以上のグループは入店不可です。

またテーブルごとに照明のスイッチがあるので、ひとり瞑想に浸りたければ真っ暗に、読書したければ明るめにと自由に調整できます。

各席には窓はないのですが、小さな丸い蓋を外すと外との接点の小窓が登場! 蓋を外さなければ異空間の世界を彷徨ったまま(笑)。

しかもこの丸い小窓は、上下逆転のカメラのピンホールレンズなのです。そう実は外との接点の小窓を開いても異空間がつづきます。

この発想はすごいですよね。

黒猫おすすめはオグラトースト

オグラトースト600円。
オグラトースト600円。

黒猫おすすめは、包まれて登場するいわゆる餡バタートーストサンド。登場の姿もお店の雰囲気にぴったりで、黒猫テンションMAXひゃっほー!

上にのせられたバターが、余熱でパンと餡に染み渡り、味わえばジュワーっと美味しさが広がります。餡とバターの間違いない組み合わせに悶絶にゃー♪

バタートースト500円。
バタートースト500円。

トーストは他にも、トップにバターが乗りサイドに季節のフルーツのジャムが添えられるバタートースト。

この季節により変わる自家製ジャムが、果肉たっぷりで絶品。このジャムだけ販売していたら絶対買うのになあ。でも他のメニューも含めて全て自家製だから間に合わないですよね。

チーズトースト700円
チーズトースト700円

たっぷりチーズが嬉しいチーズトースト。メープルシロップか蜂蜜の好きな方が付きます。メープルシロップや蜂蜜とチーズの相性はバッチリで、禁断のあま塩っぱい美味しさで何個でも食べられそうにゃー♪

ドリンク人気No.1のアイスカフェオレ

アイスカフェオレ800円。
アイスカフェオレ800円。

そして店主さん自ら1杯1杯泡立てる2層のビジュアルが美しいアイスカフェオレは1番人気メニュー。ドリンクひとつにも、他とは違う世界に仕上げたい店主さんの気持ちが伝わる1杯です。一見無機質だけど、温かみのある店内。何か店主さんに通じるものがあるのかも知れません。

静寂を楽しむ異空間を多くの人に楽しんでもらうためにお店のルールがあります。
・写真撮影はカメラのシャッター音が出ないもので
・1人か2人専用のお店のため、3人以上での入店は不可(黒猫的には1人でこの世界を味わって欲しい)
・ワンドリンク制(フードのみの注文不可)
・おしゃべりは極力小声で

静寂な雰囲気の中で居心地よく過ごすためのお店のルールに協力して、『イルマン堂』の空間を楽しんでくださいね。

『イルマン堂』店舗詳細

イルマン堂
住所:東京都中央区日本橋小伝馬町11-9/営業時間:11:00~19:00(売り切れ次第終了)
※行列が多い時は、17:00前に並んでいる方で受付終了の場合あり
/定休日:月・木・金(お店SNSで毎月告知)/アクセス:地下鉄日比谷線小伝馬町駅すぐ

取材・文・撮影=ミスター黒猫