札幌の住所はまぎらわしい? その理由は……

チャレンジの前に、札幌の住所覚えにくい問題についてひとこと言わせてください(絶対ひとことじゃ済まないけど)。

前回の記事で“地理人”こと今和泉隆行さんにお会いしたのですが、インタビュー後の雑談で、「札幌中心部は碁盤の目状だからわかりやすいけど、住所は覚えにくいですよね~」という話が出ました。

わかる~!

多くの札幌市民は「なんで? 東西南北の数字で場所がわかるから便利でしょ」と言います。私の両親もそう言っていました。

たしかに、わかりやすいんです。たとえば現在地が「南1西4」で、目的地が「南2西6」の場合、「南に1区画、西に2区画行けばいいんだな」とわかります。

だけど、今和泉さんも著書『どんなに方向オンチでも地図が読めるようになる本』で指摘していましたが、東西南北と数字の組み合わせって、字面が無機質で覚えにくいんです。

たとえば「小川町」や「駿河台」なら漢字のイメージで覚えられるけど、「南1西4」って言われて覚えられます? 私は無理です。

でも、多くの札幌民はこれで覚えているので、地元の友だちと話していると、
「パフェが美味しいお店見つけたんだ」
「どこどこ?」
「南3西4のあたりなんだけどさ~」
みたいな会話が当たり前に成立しています。

私はトータルで24年ほど札幌に住んでいますが、南3西4がどのあたりかわかっていません。でも今さら「それってどのへん?」とも聞けず、わかった風な顔で頷いています(なので意外と方向音痴がバレてません)。

あと、方角と数字の住所ってとても間違えやすいんですよね。しかも、1区画がそこそこ広いから、場合によっては間違えたときのダメージがでかい。

たとえば「南16西5」に行きたいのに、「南5西16」に行ってしまったら、戻るのには徒歩40分かかります。

ほらね、そう考えると札幌の住所って、簡単だけどトラップだらけじゃないですか?

友だちからLINEでお題を出してもらう

さて、いよいよ本題です。

今回のチャレンジは、住所だけで目的地にたどり着けるかどうか。目的地は私が知らない場所であることが大前提なので、お店をよく知っている幼なじみのTちゃんに、こんなLINEを送ってみました。

モザイク部分は吉玉の本名。『duo2』は商業施設の名前で、私は逆方向に向かったことがあるようです。そういうことは数えきれないほどあるので覚えていません。

自分で送っておいて言うのもなんですが、いきなり「喫茶店の店名と住所を送れ」って言われるの、ふつうは戸惑いますよね。

戸惑うことなくすぐに応えてくれるTちゃん。

お、南2西8ならすぐ行けちゃうかも!?

というのも、私が札幌で唯一わかるのが西4丁目なんです。なぜなら『4プラ(4丁目プラザ)』というビルがあるから。この企画も、お題がどこであれ4プラからスタートする予定でした。西8丁目なら、4プラから4区画だからすぐ行けそう。

そこで、こんな返信をしました。

「余裕で行けちゃうかも!」って、今見るとすごい調子乗ってますね。偏見かもしれませんが、方向音痴の人ってたまに、根拠のない自信に満ち溢れる瞬間ありません? 私だけ?

ともあれ、もう一問出してもらえました。

Tちゃん、いろんなお店知ってるなぁ。

さて、この住所だけでカフェとケーキ屋さんに行けるのでしょうか?

地図を見ずにカフェへ行けるか

最初の目的地は南2西8の『FABcafe』。

予告通り、4プラからのスタートです。

私、4プラが「西4丁目」であることしかわからないんですよね。南北は知らない。手がかりを探すべく信号を見ると……

南1西4だ!

なるほど、ここは南1条だったか。これを読んでる札幌市民に「知らなかったの!?」と呆れられそうで怖いです。

目的地は南2西8だから、南に1コマ、西に4コマ進めばいいんだな。

札幌市民は区画や通りを「コマ」と呼びます……というのは嘘で、私が今適当に言ってるだけなのですが、なんだか「コマ」って表現がしっくりくるんですよね。すごろく感覚。

さて、碁盤の目なので目的地までのルートはたくさんあるのですが、私は下記の順序で行くことにしました。

 ①現在地から西に4コマ進み、南1西8に出る
 ②南に1コマ進み、南2西8へ

まずは、今いる通りを西にまっすぐ進みたい。ですが案の定、西がどっちかわかりません。

地図は見ちゃいけないルールなので、信号のプレートを見ます。目の前の信号は西4、道路をはさんで右側の信号は西3。ということは、左に行けば行くほど、西5、6、7……と数字が大きくなっていくはず!

西と信じる方向に歩き出します。

左右で考えず東西南北で考えるべしとの教えを思い出し、「西に進んでるんだ」と自分に言い聞かせながら歩きました。

1コマ進むと……

やっぱりこっちが西だった!

このプレートって、信号の手前側が「南1西5」なんですかね? それとも、ここから先?

この写真、信号のプレートを見てください。右の信号は「南1西6」、左の信号は「南1西7」。

この道路の右側(東側)が西6で、左側(西側)が西7なのはわかります。けど、その境界は? この道路を横断している最中、私は何丁目にいるの?

普段は住所なんか気にせず歩いているくせに、こういうときだけ理屈っぽくなるタイプの方向音痴です。

そのまま西へまっすぐ歩くと、市電の「西8丁目停留所」が。

そうか、南1西8ってこの停留所があるところか……!

高校生のとき市電で通学していたため、この停留所は日常的に目にしていましたが、はじめて映像と住所が一致しました。圧倒的な納得感。水の名がウォーターと気づいたヘレン・ケラーもこんな感じだったのかな。

というわけで、迷わず南1西8に来れました。第一関門はクリアです。

目的地は南2西8なので、次は南に1コマ進みたい。でも、相変わらず南がどっちかわかりません。

目を細めて見つめたところ、進行方向から見て左側の信号に「南2西8」の文字を確認。そこそこ視力がいいので、こういうとき便利です。

「こっちだ!」

このとき、撮影係として同行していた夫に「反対に、南1から北に1コマ進んだら住所はどうなるの?」と尋ねられ、「私にわかるわけないじゃん」と小さく逆ギレしてしまいました(その答えは次回判明します)。

南に1コマ進むと、ほらやっぱり! 南2西8です。あとはこの区画の中で目的の『FABcafe』を探すだけ。

区画をぐるり一周していると、路地を発見。歩いていくと……

あった! こぢんまりした可愛いお店です。お茶したかったけど、残念ながら満席でした。

Tちゃんに「着いたよ~!」とLINEすると「おめでとう!」と返ってきました。へへへ、迷わず着けたもんね。

illust_12.svg

というわけで、Tちゃんから出された一つ目のお題はクリアできました。

このあとは、二つ目のお題であるパティスリーを目指します。しかし、パティスリーの住所にある疑問が……。

後編に続きます!

文=吉玉サキ(@saki_yoshidama

前回に引き続き『どんなに方向オンチでも地図が読めるようになる本』の著者である今和泉隆行さん(通称・地理人)にお話を伺っています。地形や歴史より、街のストーリーに興味があるという今和泉さん。前回は、「なぜ神保町は古本屋とスポーツ用品店が多いのか?」「なぜJR町田駅はホームから遠い場所にも改札があるのか?」など、見落としがちな街のギモンについて聞かせていただきました。さて、今和泉さんといえば「空想地図」。実在しない架空の都市・中村市(なごむるし)の地図がすごすぎると話題になり、多くのメディアで取り上げられています。今回は、空想地図と地理人流・旅の楽しみ方について、たっぷり語っていただきました!
こんにちは、方向音痴克服中のライター・吉玉サキです。私の出身地は、道が碁盤の目で方向音痴に優しいと評判の札幌市。前回は、札幌中心部で「地図を見なくても住所表示だけで目的地にたどり着けるのか?」という実験をしました。幼なじみのTちゃんにお題(お店の名前と住所)を出してもらい、その情報だけで目的地を目指したのです。「碁盤の目」の街・札幌なら、地図を見なくても迷子にならないのか?結果は、見事たどり着くことができました!今回はその続き、第二問目のお題に挑戦します。前編を読んでいなくてもわかる内容なので、このまま読み進めていただければ幸いです!