高架線沿いにあるカウンターだけの立ち飲みバー

ドクロの看板が目印。

高架線沿いにある築50年ほどの平屋の建物が、『stand bar AJITO(スタンドバーアジト)』。2003年から営業している。向かいの高架下は駐輪場になっていて、駅からの人通りは多い。夜が更けても高架線沿いの路地を明るく照らす。

つい長居をしてしまうカウンター。

路地からも中の様子がよく見える。店内にはロックがかかり、カウンターのみで椅子はないが、カウンターの高さがもたれかかるのにちょうどよく、滞在時間は平均2、3時間と長めらしい。話し込んでいるうちについつい時間が経ってしまうようだ。取材時も居心地がよく、つい長居をしてしまった。男性客の方が比率は多いが、女性客も入りやすく、カウンターに並ぶお客が全員女性ということも。

バンドやバイク、格闘技。コースターも手作りするマスター

マスター。語り口は穏やか。取材時のビールはブルックリンラガーとハートランド。

『stand bar AJITO』は地元・本八幡出身のマスターがご夫婦で営業している。「夫婦でバンド活動もしているのでずっと一緒ですね」とマスター。市川RAMONESという名前で10年以上のキャリアを持つ。マスターはさらにバイクや格闘技など趣味が多数。バイク誌や音楽雑誌等にもたびたび取り上げられる名物マスターで、全国にいる知り合いが、東京出張などのついでにこの本八幡のお店まで足を運ぶという。

「趣味の時間は早起きして捻出しています」とマスター。材料の仕入れは愛車のハーレーで行く。バンドの練習は主に定休日の日曜日で、ライブも日曜日に開催。お店の営業時間が短縮された時期は、時間が余ってしまって、店のコースターを自分で刺繍していたという。格闘技から手芸まで、手がける趣味が幅広い。

自家製ピザやコテージパイなどフードメニューも

アンチョビ&オリーブ800円。

『stand bar AJITO』ではフードメニューも提供。自家製のピザは生地から作っている。アンチョビ&オリーブのほか、チョリソー&ハラペーニョのメキシカンも。パリッとした薄い生地が食べやすく、お酒のつまみにちょうどいい。

フィッシュ&チップス500円。

フィッシュ&チップスにはケチャップが添えられているが、一緒にモルトビネガーも出してくれる。本場イギリスではこちらが定番。まろやかな酸味がくせになる。

コテージパイ500円。

ひき肉とマッシュポテトのコテージパイにもモルトビネガーをお好みで。なくてもおいしいが、かけると味が完成する。

アルコールを飲めない人、もう飲めないけどもうちょっとお店にいたい、という人のためにカフェメニューも始めた。50年代のビンテージの食器でコーヒーを出してくれる。「オーセンティックなバーだと、最後にコーヒーを飲んで帰ったりしますからね」とマスター。

「本八幡はそんなにすごく個性的な街でもないので、やるなら地元で何かおもしろいお店ができたらなと思っています」。『stand bar AJITO』のような個性的な個人店があることが、街の魅力になっていく。

住所:千葉県市川市南八幡5-2-20/営業時間:18:00〜1:00/定休日:日/アクセス:JR総武本線・地下鉄新宿線本八幡駅から徒歩2分

構成=フリート 取材・文・撮影=藤村恭子