上野恩賜公園『蓮の花』で夏のおわりを感じる(ななせゆうさん)

早起きして蓮を愛でる朝

明治6年の開園から長らく愛され続けている『上野恩賜公園(上野公園)』。 上野といえば、上野動物園や美術館!でも、もっとふらっと、気軽に立ち寄ってみたい… そんな風に思っていたところ、”不忍池”という場所で蓮(はす)の花が見れるという情報を知り、早速行ってみることに。 蓮の花の見頃は7月中旬から8月終わりごろとのこと。 わたしが上野公園を訪れようとしていたのは、8月31日。 まだ咲いてるかな?とドキドキしながらのお散歩、スタートです。
ななせゆう

8月末に蓮の花を見に行った話を投稿してくださったのは、ななせゆうさん。「夏……逝ってしまったか……」と悲しくなるほど涼しい日が続いた週でしたが、上野公園の蓮はまだ咲いていた! 青々とした蓮の葉のなか、空に向かって開く花は健気ながらも凛々しくてきれいですね。今年はもう終わりだけど、夏の朝にちょっぴり早起きをして蓮の花を見に行くお散歩、ぜひともやってみたいものです。

違う世界へトリップしたような。「カフェ・デ・プリマベーラ」神保町(さんサポ3634さん)

コーヒーを、バナナとともに

神保町は喫茶店の激戦区ですが、ここもとても素敵な喫茶店です。 ご年配のご夫婦がいらして、時間自体もゆっくり回っているような不思議な空間です。 薄暗さがとても遠くへ来たかのような錯覚。器は源右衛門、とても貴重な器だと思われます。 なぜかついてくるのがバナナ。でもなんだか嬉しいサービスです。 ご夫婦のたわいもない日常会話が素敵に感じられました。 ひっそりと、そして静かな空間を楽しめるお店です。
さんサポ3634

素敵な喫茶の記事を多数投稿してくださっているさんサポ3634さん、今回は神保町『プリマベーラ』! ここは編集部のある駿河台からも近く、本当に別世界に入り込んだような感じがします。そして、さんサポ3634さんも書いている「なぜかついてくるバナナ」。甘いシロップがちょろりとかかっていて、これがまたコーヒーと相性抜群なんですよね。じっくりと考え事をしたいときや、逆に何も考えずぼんやりコーヒーを啜りたいとき、トリップしてみてほしい喫茶です。

銀座「ささもと」セレブの街の庶民の味(味論さん)

庶民のあなたに教えたい、銀座の大衆酒場

セレブの街、銀座。 昔、この辺でちょっと休憩をしようと入った喫茶店のアイスコーヒーが〝800円〟だったのが思い出される。毎年のように、一坪が何千万円になっただのというニュースを見るが、庶民にとっては〝おとぎ話〟のような場所だ。だって、夢の宝くじが当たったところで、四畳半の家が買えるかどうかの金銭感覚なのでしょう? そんなところに庶民が気軽に行ける場所……ましてや、大衆酒場なんてあるわけがない。 ──と、思いの庶民のアナタ。
味論

庶民にとっては“おとぎ話”のような場所と味論さんが称するのは、銀座。勝手知ったる下町なら初めての店でもひょいと飛び込んでみたりできるけど……さすがにこの街では、懐に余裕がなきゃ難しい? いえいえ、味論さんは知っていました。縄のれんに提灯、柔らかそうな串煮込み、くたくたのキャベツ煮込み……こ、これは、まさに我々が望む大衆酒場! 1軒見つけると、ほかにもこういう店があったりして……と、街歩きがますます楽しくなりそうですね。この店で黒ビール、飲みたい!

浅草で最高の1日の始まりを@トゥモロー友路有(ブンさん)

朝の喫茶店、モリモリプレートモーニング

朝昼夜いつ寄っても落ち着く喫茶店。とりわけ空気が澄んでる朝の喫茶店が好きです。トーストひと切れだけじゃなくてモリモリプレートになってるモーニングにワクワクします。新聞片手に美味しいモーニングはいかがですか? (ちなみに定番のトーストだけじゃなくお魚やおにぎりモーニングもありました!)
ブン

浅草の街の一角、喫茶店で新聞を読みながらモーニングプレートのトーストにパクつき、コーヒーを飲む……なんて理想的な朝なんでしょう! 「散歩と珈琲とパン好き」だというブンさんが紹介してくださったのは、浅草『友路有(トゥモロー)』。バターのしみたトーストは最高だけど、おにぎりモーニングもあるというからパンよりご飯派にもうれしいですね。涼しくなってきて朝の空気もキリっと澄んでくる季節、“浅草モーニング”は最適な過ごし方かもしれません。

それが理由で選んだ訳ではない紅茶専門店。(佐久屋さん)

プレゼント用の紅茶缶がかわいい!

妹 オーストリアの紅茶専門店なんてよく調べたな。 私 ザッハトルテが食べたかったから(๑•̀ㅁ•́๑)✧ 妹 ここ、『相棒』で出てた紅茶屋さんだよ。 私 ザッハトルテが食べたかっただけだ。 たまたま以前から行こうとしていた紅茶専門店が、『相棒』の聖地だった件。 家にテレビがないので最後に『相棒』みたのいつだろう(笑)。。。
佐久屋

タイトルを見て、なになに何のこと……? と思ったさんサポさん、多いんじゃないでしょうか。それとはつまり、ドラマ『相棒』のことでした! テレビ出演記念のおみやげも売っているというこのお店は、オーストリアの紅茶専門店なんだとか。お恥ずかしながらザッハトルテはドイツのお菓子というイメージでしたが、オーストリアはウィーンの発祥なんですね。「私の芸風とは真反対の可愛らしいデザインと装飾」と書いている佐久屋さん。あなたの“芸風”も気になります……!

90%の人は見逃す小さいカエル像がある遊歩道(クワノサローネさん)

10%の“気がつく人”になりたい

烏山川緑道 かつては川で、ここに住む人たちの生活排水を流す場所になり、暗渠と化したところが遊歩道として整備されているのですが、 誰が作ったのか、 遊歩道と普通の小道が交差するところにある縁石に、普通の人だったら見逃す大きさのカエル像があります。 ランニングや散歩しながらこのカエルを見つけると少し秘密を見つけたような得した気分に。
クワノサローネ

「像」と呼ぶのもなんだか似合わないほどかわいらしいカエルの像! 世田谷区を流れていた烏山川を暗渠化した遊歩道である烏山川緑道にあるそうです。カエルやアヒルというセレクトに、水の気配が漂ってきますね。ご近所のみなさんにはおなじみの光景なのかもしれないけれど、それでもこの小さなカエルに気が付くのは、注意深く目を配りながら散歩している証拠。このあたりを散歩する機会があったら、ぜひとも探したい……いや、知らずに歩いて、気づいたときの喜びを感じたい!

真姿の池湧水群に続く階段(シバザキさん)

東京の坂・階段といったら……

東京の坂・階段というと真っ先に思い出すのは国分寺崖線です。 はるか昔、多摩川が武蔵野台地を侵食して生まれた崖地形で、この写真の階段より少し北西にあたる立川から大田区にかけて続きます。この全長約30kmの崖線には、いい坂道、いい階段がたくさんあるんです。 9月半ばに訪れたこの階段は、武蔵国分寺公園の南端から鬱蒼とした雑木林を抜けて「真姿の池湧水群」に続きます。武蔵国分寺(聖武天皇が全国に作らせた、あれです)跡も階段近くにあります。
シバザキ

シバザキさんが「東京の坂・階段」として挙げてくださったのは、国分寺崖線。崖線とはつまるところ崖の連なりなのですが、これは何万年もかけて多摩川が武蔵野台地を削ってできたもの。この段丘やそのまわりは緑豊かな散歩コースが多くて、真姿の池湧水群もまさにそのひとつ。「公園をほっつき歩いてたまたまこの階段を見つけ、どこに出るかわからないまま降りていったので、下りきって視界が開けた時はちょっと感動」したとのこと、なんとも楽しそうなお散歩をしてるじゃないですか! 直売所でお野菜を買って帰るというのも完璧です! うらやましい!

紅葉時期の井の頭公園っていったら、もう!(ちょっと早めですが)(はっちさん)

季節を先取り! 公園といえばやっぱり……

 まわりは住宅地なのに、足を踏み入れればそこは格段に空気がおいしいとっておきの空間のような気持ちになる「井の頭公園」。中心の井の頭池の外周は1.5キロほどらしいですが、池まわりをのんびり歩くと、私のイメージでは5キロぐらいは歩いた気分になれます。のろのろしてるからか、きょろきょろしているからか。  動物公園があったり、ボート遊びができるところがあったりで、楽しみかたは人それぞれ。四季折々の良さがありますが、とりわけ私好みなのは紅葉シーズン(11月後半あたり)です。見慣れない杉みたいな木が紅葉していて、なんだろ不思議〜と調べてみたら、ラクウショウ(落羽松)という種類の木のようでした。 いや〜、ため息のでる色合いですよ。  ぜひっ!
はっち

はっちさんのおすすめは、井の頭公園。それも、色づく葉が美しい紅葉シーズン! 公園というとどうしても青々とした緑が生い茂るイメージになりますが、秋も十分に“公園”の季節。いや、むしろその楽しさは春・夏に勝るとも劣りません。投稿いただいた写真は11月後半ごろ。紅葉すると、普段はあまり注目していなかった樹木が気になって調べたりするので、新しい発見がありますね。葉が落ちるころには幹がよく見えるようにいなるので、「珍樹」ハンティングもおすすめ。

illust_2.svg

今後も引き続き、みなさんの「こりゃいいぜ!」をご紹介してまいります。大好きな一皿や一杯、お気に入りのあの店あの席、散歩の途中で見つけた景色や人……あなたが「こりゃいいぜ!」と思ったこと、ぜひ「さんたつ」に投稿してくださいな。

7月末から始まった、さんサポ(さんたつ公式サポーター)の投稿記事「こりゃいいぜ!」。居酒屋や公園、看板などさまざまなお題で募集中で、すでにたくさんの投稿をいただきました! ここでいくつかご紹介します。
さんサポ(さんたつサポーター)の投稿記事「こりゃいいぜ!」。公園や看板、酒場、喫茶、スイーツなどなど、続々と集まっております! 今回は、8月後半にご投稿いただいた中から素敵な記事をいくつかご紹介します。なお、「こりゃいいぜ!」を投稿するとAmazonギフト券ほか豪華プレゼントがあたるキャンペーンも実施中! 期間は9月30日まで。もちろん、ここでご紹介した投稿もキャンペーンの対象になっております。「えっ、知らなかった!」という方、ぜひぜひご参加を。