赤錆びたリベットと溶接の鉄道橋は威風堂々の風格

専用線が瑞穂橋に差し掛かるところ。右側は線路が敷かれた痕跡があるような無いような、はっきりと分からなかった。敷設していたとしたら、等間隔に並ぶ枕木の跡が縦桁に残っている場合がある。

道路橋の歩道からじっくりとその威容を拝観できます。立入禁止の看板が掲示され緊張感ある空間ですが、瑞穂橋を含む土地の一部は2009年3月31日に返還されており、とくに警備員に咎められることもなく歩けます(というより、ゲートの奥の方に守衛室があるようだ)。米軍のゲートは橋を渡った先。さすがにそちらへレンズを向けるのは気が引けますね……。

瑞穂橋のプレートガーダー部分。主桁は水平ではなく曲弦トラスへ向かってせり上がっている。レールはまだ敷かれたままである。背後は米軍基地。

橋梁はプレートガーダーと曲弦トラスの複合構造で、両端はプレートガーダーとなっています。

プレートガーダーは、板状の「主桁(しゅげた)」を組み合わせた構造で単純ゆえに、鉄道橋では明治初期から使用されてきました。種類も豊富で、瑞穂橋のものは下路(かろ)タイプです。下路プレートガーダーは桁下の空間(高さ)を確保する場合に用いられ、車両を包み込むようにして両サイドに板状の「主桁」が立ちます。通常の主桁は真っ直ぐな直線です。

橋端部。主桁は端部から緩やかな斜め角度がついている。蔦が絡まってきているものの溶接構造なのがわかる。

瑞穂橋の主桁は、中心部のトラスと一体となったデザインで、橋端部より斜めにせり上がる形状となって、トラスへと繋がっています。滑らかな線を描いているデザインが秀逸であり、赤錆び色であっても美しい橋梁の形状が損なわれていません。

プレートガーダーの上部がなだらかな曲線を描いてトラスへと続いている。一体感あるデザインが美しい。溶接構造とリベット構造がミックスされている部分。

このプレートガーダー部分はアーク溶接によって建造されました。溶接は見慣れているから日本初と知らなければ「ふーん」で終わってしまうのですけれども、知っていたから細部まで目を見開いて見ちゃいますね。

床組(ゆかぐみ)もはっきりと観察できる。手前は主桁(左)とトラスの上弦材と呼ぶ部分の接合箇所。
プレートガーダーとトラスはピタッと隙間なく接合している。

そしてトラス部分との接合部は、主桁がキュッと曲線を描いてせり上がり、滑らかな溶接プレートガーダーから重厚感溢れるリベット打ちの曲弦トラスへと引き継がれます。その境目の構造が美しいのです。鉄骨の美しさですね。むしろ赤錆びている姿の方が、より鉄の造形の生々しさを表しているようです。

リベット打ちのトラス部分も溶接が見受けられる

トラス部分をみる。上弦材はリベットがずらっと整列している。後ろの門形の対傾構(たいけいこう)は溶接構造である。
手前は斜材といわれるもので、トラス橋を構成する斜めの部材である。上弦材との接合部分。

曲弦トラスを見ましょう。トラス橋は棒状の材料を三角形に組んで支える構造で、これもまた多くの種類があります。棒状の材料は鋼材で、ホッチキスの針の形をした「みぞ形鋼」などを組み合わせます。戦前期ではシングル(またはダブル)レーシングと呼ぶ、網目のような構造で材料を組み合わせました。そのためこの曲弦トラスを構成する部材も、シングルレーシングが使用されています。

斜材はシングルレーシングで組まれている。細長い板材をジグザグに繋げているのが特徴。ダブルレーシングだと靴紐のように板材を交差させている。
トラス中心部の対傾構と斜材。
上弦材越しにシングルレーシングの斜材と溶接の床組をみる。

トラス中心部は門形の対傾構(たいけいこう)が接合されています。この対傾構が左右の歪みや変形を防止する役目をしているのですね。リベット打ちの中にあって対傾構は溶接であるためにツルンとしています。

対傾構は溶接。錆びてみにくいが表面はリベットもなくツルッとしている。

上部の「横構(よここう)」と呼ぶ斜めに入った補強材も溶接ですが、一瞬ひん曲がっているように見えました。どうやら一部が曲線を描いているようです。デザインなのか構造的な理由か判明しませんでしたが、直線ばかりの橋梁に曲線が混ざっているとちょっとお洒落というか、遊び心を感じました。もっとも、全く別の理由かもしれませんが……。

見上げると横構が確認できる。一瞬目の錯覚かと思ったがたしかに歪んでいるような曲面部分がある。
対傾構(たいけいこう)の拡大。溶接構造がわかる。

複線分の構造は片方が線路の敷かれた状態のままですが、もう片方は線路がありません。そのため溶接で組まれた床組(ゆかぐみ)もよく確認できます。レールの土台となる縦桁と橋の左右を繋ぐ横桁部分はたしかに溶接で組まれていました。

橋を渡って振り向くと瑞穂橋を構成する部材の種類が凝縮して見えた。
先ほどの端部は草で覆われていたが主桁の端部は丸く加工が施されている。

瑞穂橋をじぃぃっと観察しながら渡り終えます。橋端部のプレートガーダー主桁も曲線で仕上げられていました。

瑞穂橋と基地ゲートに挟まれて踏切跡があり勾配標も草に埋もれつつあった。

渡るとすぐに米軍基地のゲートがあります。その手前には大きな踏切の跡が残っていました。遮断機はすでになく、警報機だけがポツンと立っています。背後にそびえる高島町の高層マンション群との対比がなんとも言えず、横浜港の向こう側が別世界に思えました。ここはまだ時代に取り残されている。そんな空気です。

踏切跡から望む高島町の高層マンション群。向こう側は別の世界だ。

もし訪れるならば、曇りの日が良いかもしれません。橋梁部分が影にならず、構造をつぶさに観察できるからです。すぐ隣は米軍基地なので留意して。

返還された線路設備の扱いが決まったら、瑞穂橋と線路敷きは一気に撤去されるかもしれません。日本初の溶接鉄道橋の去就が気になります。

取材・文・撮影=吉永陽一

人々がにぎわう横浜みなとみらい地区。そこから横浜港を挟んだ瑞穂埠頭には在日米軍基地があり、基地へは在日米軍専用線の線路が残っています。2回に分けてこの在日米軍専用線を追います。瑞穂埠頭の大部分は在日米軍基地「横浜ノース・ドック」となっており、東海道本線支線の高島貨物線から分岐し、基地へと伸びる在日米軍専用線があります。在日米軍専用線は国鉄が編纂した専用線一覧表によると、東高島貨物駅が接続駅、距離は5.0kmとなっています。もともとは米軍専用線ではなく、戦前の瑞穂埠頭は貿易港で、線路は輸出入品を輸送する貨物線でした。戦後に米軍が接収し、長らく基地間輸送に使用していたのです。
碓氷峠。その名を耳にするとき、JR信越本線横川〜軽井沢間を登り下りするEF63形電気機関車と特急あさま号、おぎのやの駅弁「峠の釜めし」を思い出します。おそらく読者の皆さんのなかにも、碓氷峠のEF63を追いかけたという方がいらっしゃるでしょう。そこで“廃なるもの”碓氷峠編は、じっくりと紹介したく、3回に分けて語ります。来月までかかりますが、しばらくお付き合いください(笑)