らーめん いっとく[千駄木]

コラーゲンたっぷりの濃厚鶏スープ

麺は3種を使い分け。徳そばは細めの麺をアルデンテで提供。

開店以来の店の顔が徳そば780円。鶏の胴ガラ、丸鶏、モミジに加え、魚介や根菜で出汁をとる奥深い濃厚スープがクセになる。「モミジは足だけじゃなく、コラーゲンの多い膝から下の部分を丸ごと入れてコクを出す」と店主。同じ鶏スープとコーンポタージュで作る鶏白湯も必食。

寡黙だがラーメンについては饒舌な店主(右)。

『らーめん いっとく』店舗詳細

住所:東京都文京区千駄木3-49-10/営業時間:11:00~22:30/定休日:無/アクセス:地下鉄千代田線千駄木駅から徒歩5分

麺やひだまり[千駄木]

飲み干さずにいられないダシの多重奏

和風塩らぁ麺780円。

「無化調で挑戦したくて」という店主入魂の和風塩らぁ麺780円は、大山鶏に枕崎の鰹節、さらに羅臼の昆布など豪勢な出汁を幾重にも重ねたスープ。さらに塩も4種を使い、味に奥行きを加えた。味玉和風塩らぁ麺890円は店自慢のダシなどに漬け込んだ味玉が鎮座。2011年に開店以来、その滋味深い味に丼を空にしていく地元の常連がなお増加中!

女性客も多いきれいな店内。麺は小麦の香り高い全粒粉入りの中太麺を使用。

『麺やひだまり』店舗詳細

住所:東京都文京区千駄木3-43-9/営業時間:平日11:30~20:00LO、土・日・祝11:30~16:00・17:00~19:00LO/定休日:無/アクセス:地下鉄千代田線千駄木駅から徒歩4分

千駄木うどん 汐満[千駄木]

クリーミーで刺激的。魔性のカレーに虜(とりこ)

残ったスープにごはん投入が常連流。肉汁うどん850円も絶品。

味にうるさい谷根千(やねせん)人も8割方頼むのが豚カレー味玉付き940円。地粉100%の生地を3回繰り返し熟成させた麺はコシが強く、ツイストした麺にカレーがよく絡む。ミルクを入れたカレーは最初口当たりがクリーミーながら、後から20種のスパイスが口内をHOTに!

「昔から下町で勝負したかった」という店主・青木良仁さん。

『千駄木うどん 汐満』店舗詳細

住所:東京都文京区千駄木3-37-3/営業時間:11:00~15:00・18:00~22:30LO/定休日:不定/アクセス:地下鉄千代田線千駄木駅から徒歩すぐ

NCカレー(Natural Curry Restaurant)[根津]

医食同源。スパイス香る自然食カレー

NC牛キーマカレー1200円。隠し味に沖縄の発酵ウコンが。

医療関係に従事していたマスターは、スパイスやハーブの効能に目を付け「カレーを食べることで健康になる人を増やそう」と決意。10年間の修業を経て、自分の店を構えた。多種類のホールスパイスを挽いて作るキーマカレーは、口に含むと爽やかな辛味と香りが鼻の奥に抜けていく。さらに、無農薬玄米の香ばしさが入り混じり、絶妙な味わいだ。信州山吹味噌のみそ汁をすすってホッとひと息。元気な午後を過ごせそう。

キッチンとの壁を高くし、お客さんがゆっくりできるような配慮も。中2階にお座敷席がある。

『NCカレー(Natural Curry Restaurant)』店舗詳細

住所:東京都文京区根津2-2-1/営業時間:11:30~14:30・15:30~19:00(水は11:30~15:00)/定休日:日/アクセス:地下鉄千代田線根津駅から徒歩4分

フレンディー[根津]

まるで親戚のうちに遊びに来た気分

和定食は週替わり。副菜3種と山盛りご飯、味噌汁が付く。

常連同士がとりとめのない会話を楽しむそばで、一人客がのんびり噛み締めるようにして食事を味わう。こんなふうに思い思いにくつろげるのは、女将の鈴木浩子さんの人柄があってこそ。「きれいに平らげてくれるとうれしくて、声をかけちゃうの」と顔を綻ばせる。この日築地から仕入れたアジは、京料理の修業を積んだ弟さんがさばき、バター焼きに。魚の塩気とバターが相まって、ふっくら大盛りご飯にマッチ。噛めば噛むほど旨味が増幅し、気付けば完食だ!

常連客にプレゼントしたMY箸。「名前は書いていないけど、どれが誰の箸か全部覚えているんですよ」と鈴木さん。

『フレンディー』店舗詳細

住所:東京都文京区根津2-18-12 鈴木ビル2F/営業時間:11:40~ 13:40・18:00~21:30(土・祝は18:00~ 21:00)/定休日:日/アクセス:地下鉄千代田線根津駅から徒歩1分

根津 釜竹[根津]

艶やかな美人うどんに麺食いぞっこん

ネギや揚げ玉などの薬味を順次ツユに入れて味わう釜揚げ850円。

明治築の蔵を改装した店内で堪能する釜揚げが最高。塩分が抜けやすく小麦の味が残る軟水で造った麺は、エッジが立ち、艶やかに光を放つ。切りたて茹でたてゆえ、ほどよいコシと伸びがあり、噛むとパンのような甘い香りがすっと立ち上がる。

瀟洒な店内から中庭を一望。お座敷席も。

『根津 釜竹』店舗詳細

住所:東京都文京区根津2-14-18/営業時間:11:30~14:00・17:30~21:00(日は11:30~14:00)/定休日:月/アクセス:地下鉄千代田線根津駅から徒歩5分

構成=ハセガワアヤ 取材・文=鈴木健太、高橋健太・信藤舞子(teamまめ) 撮影=高野尚人、加藤昌人、井原淳一