群馬県は、年間を通して晴れの日が多く、水はけのよい土壌に恵まれているため、米の裏作として小麦の栽培が盛んだ。ちなみに小麦の生産量は全国第4位を誇る。

この小麦を使った料理、つまり粉食は、群馬県民のソウルフードともいえる。うどん、すいとん、もんじゃ焼き、焼きまんじゅう、焼きそばなど、各地に県民たちに愛される粉食料理がある。

なかでもうどんは、土地ごとに特徴がある。幅広の麺が特徴で「ひもかわ」とも呼ばれる桐生うどん、麺を竹ざおにかけて天日で半分乾燥させる館林うどん、水沢観音の参詣者に出したのが始まりという水沢うどん。この3つは群馬三大うどんと呼ばれる。

前橋あたりで食べられるうどんは、上州うどんとも呼ばれ、冷たいうどんを温かいつゆにつけて味わうつけ汁タイプのものが多い。麺は平たくて太く、縮れて白い。かなり弾力があり、モチモチした食感が特徴だ。

今回は、製麺所の直営店、前橋でも数少ない手こねでうどんを作る店、鍋うどんや創作うどんなどオリジナルメニューが充実した店と、タイプの異なる3店をピックアップした。奥深い前橋のうどんを、ぜひ味わってほしい。

温井製麺

ボリューム満点の打ちたてうどん

ぬく盛りうどん400円。セルフで選べる天ぷら1皿100円を添えて味の変化を楽しみたい。

昭和初期から続く製麺工場の一角に店舗がある。「毎朝7時からその日に店で出す分を打ち始めます。機械打ちですが手打ちの食感と味わいがあるのが特徴」とスタッフの後藤絃音さんは胸を張る。おなかいっぱい食べてもらいたいので、一人前は並盛で茹であげ400gとたっぷり。しかも安いとくれば客の8割がリピーターというのも納得。うどんは、もり、肉汁、きのこ汁、カレーの4種に絞っているのも潔い。

カウンター10席とテーブル4卓。昼どきは行列も。
粉は北海道産100%で、コシの強さが魅力だ。

『温井製麺』店舗詳細

住所:群馬県前橋市大渡町1-11- 12/営業時間:11:00~14:30/定休日:日・祝/アクセス:JR上越線群馬総社駅からタクシー9分

奈加禅

ツルシコ食感の絶品手打ちうどん

うどんもりセット1100円。

前橋にはうどん専門店が多いが、ここはどちらかというとそばが中心。しかし、そば打ちで鍛えた技はうどんでも遺憾なく発揮され、手こね、踏みつけの後、一晩寝かして翌日に手打ちする平打ちのうどんは、ツルツルシコシコと喉越し抜群。マイタケや野菜の天ぷらと、炊き込みご飯が付くうどんもりセットが一番人気。本枯れ節で出汁をとった濃厚なつゆとの相性もよい。

「野菜は自家菜園のものが中心です」と話す中村光彦さん・明美さん夫妻。
民芸調の落ち着きのある店内。知人が焼いた器も味わい深い。

『奈加禅(なかぜん)』店舗詳細

住所:群馬県前橋市青柳町594-2/営業時間:11:30~14:30LO・17:00~20:00LO/定休日:火(祝日の場合は営業)/アクセス:JR両毛線前橋駅から関越交通バス「渋川市内循環渋川駅」行き16分、「北前橋」下車8分

お饂飥鍋 馳走てん幻

うどん好きも迷う、多彩な組み合わせ

もりうどん660円。うどんは替え玉無料。

調理法は鍋、つけ、かけ、創作から選ぶことができ、麺は平打ち、中太、太の3種を用意。一番人気は鍋うどんの牛カルビ煮込みだが、肉汁つけうどんやクリーム系の創作うどんにもファンが多い。うどんは前橋市内の2カ所の製麺所から打ちたてを仕入れ、出汁は素材を厳選し店内で手作りする。うどんに添えられる小鉢も丁寧な仕事ぶりで、コスパの良さには自信あり。

牛カルビ煮込み1045円。締めはご飯と玉子で雑炊を。
「安心安全にこだわっています」と店長・岡田さん。

『お饂飥鍋 馳走てん幻』店舗詳細

住所:群馬県前橋市天川大島町49-1 フレッセイ広瀬店別棟/営業時間:11:30~14:30LO・18:00~22:30LO/定休日:月(祝の場合は営業。翌火休)/アクセス:JR両毛線前橋大島駅から徒歩10分

取材・文=塙 広明(アド・グリーン)、阿部奈穂子 撮影=高野尚人、野本浩一郎
『散歩の達人』2020年9月号より